>マツダ(MAZDA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

え?これがマツダ・ロードスター?スペインの「HURTAN」より、ロードスターRFベースのレトロなスポーツカーが登場予定

投稿日:2021/01/16 更新日:

マツダ・ロードスターベースのコンプリートカー、「Hurtan」

| 欧州では「クラシカルなルックスを持つ現代水準のクルマ」の需要がけっこうありそう |

スパイフォトとしてはかなり珍しい部類となりますが、スペインのコーチビルダー、「ハータン(ウルタン/HURTAN)」のニューモデルがテスト中。

このハータンについては説明を要するところで、まずはその歴史から。

ハータンは1991年にスペインのサンタフェにて、ホアン・ウルタド・ゴンザレス(Juan Hurtado Gonzalez)氏によって設立されており、これまでに送り出してきたクルマはいずれも「1950~1960年代風の」レトロなルックスを持っています。

雰囲気としては光岡自動車っぽい

現行モデルとしては、AUTHOR(オーサー) 4P、VINTAGE(ヴィンテージ)の2車種、ビジネス用としてはROUTE(ルート)44を持っていますが、ウエブサイトを見るに、発売予定のクルマとして「GRAND ALBAYCIN」なるモデルが存在します。

すでに発売しているモデルとしては、いずれも既存の(他社の)クルマをベースに独自の架装を施した車両となっており、会社のイメージとしては「光岡自動車」に近いのかも。

光岡自動車が初のSUV「バディ」発表!RAV4ベースなるもアメリカンな雰囲気満点で人気化間違いなし!?

この記事のもくじ1 | ボクだったらRAv4よりもこっちを買う |1.1 バディ=相棒1.2 ミツオカ・バディのボディカラーはこうなっている1.3 あわせて読みたい、関連投稿1.4 こんな記事も読まれ ...

続きを見る

ベースはマツダ・ロードスターRF

そして、今回目撃されたプロトタイプはハータンのサイトに掲載されている「GRAND ALBAYCIN」のシルエットと一致する部分が多く、よってこれがGRAND ALBAYCINだと考えて良さそうです。

hurtan-mazda-roadster (3)

画像を見るに、Aピラー、ルーフ、Cピラーとリアのトンネルバック、そしてドアの上半分といった部分からマツダ・ロードスターRFだと判断することができますが、その他の部分はほぼオリジナルのパーツに置き換えられるか、もともとのパネルが加工されている模様。

なお、マツダから正式にベース車両の供給を受けるのか、それとも注文があれば現地のマツダディーラーからロードスターRFを買ってきて架装するのか等、詳細については不明です。

hurtan-mazda-roadster (4)

フロントのボリュームが大きく増しており、リアオーバーハングは長く、そして全幅も拡大しているように見え、ホイールもオリジナルに(前後トレッドも拡大しているようだ)。

なお、ヘッドライトやテールランプにはLEDが用いられているようで、「クラシックなだけ」のクルマではないこともわかります。

hurtan-mazda-roadster (5)

マフラーエンドが「クロームの左右二本出し」となっていることからエキゾーストシステムが変更されていることがわかり、しかし動力性能が向上しているかどうかは不明です。

hurtan-mazda-roadster (6)

ただし、サイズアップによって車体重量が増加しているであろうこと、内装についても手作業によって豪華な加飾が施されるであろうことを考慮すると、かなり重量が増加することも考えられ、もともと積まれる「自然吸気2リッター」ではちょっと心もとないかもしれませんね(エンジンそのものを載せ替えるのはコストが掛かりすぎるので、スーパーチャージャーもしくはターボあたりが追加されるのかもしれない)。

ついにBBRがマツダNDロードスターの1.5リッター用ターボキット発売。純正比81馬力UP、210馬力に

ロードスターのスペシャリスト、英国BBRがついに1.5リッター向けターボキット発売 マツダ・ロードスターのターボチューンで有名なBBRがついにNDロードスターの「1.5リッターエンジン」向けのターボキ ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5