>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開!低速ギアではあまりに回転上昇が速く、一瞬でレッドゾーンに

投稿日:2021/03/03 更新日:

レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開

| LFAにマニュアル・トランスミッションの設定があったらオーバーレブ→ブローが続出しそう |

モータースポーツマガジンがわずか1分ばかりの短いレクサスLFAの動画を公開。

全開にて加速を行った際のメーター、そしてローアングルから車両を捉えた映像、さらにはサーキットでのドリフト走行が収録されています。

そして何より重要なのは「世界で最も素晴らしいエキゾーストサウンド」とも言われるV10の排気音が収録されていることで、「密度の濃い」1分となっているようですね。

【動画】ジェレミー・クラークソンがインタビューに答える。「今でも、これまで運転した中だとレクサスLFAがもっともいいクルマだと考えている」

| V10サウンドは他のすべてに勝る | これまでジェームズ・メイへのいくつかのインタビューを公開してきたドライブトライブ。今回はジェレミー・クラークソンへのインタビューを動画としてアップしています。 ...

続きを見る

レクサスLFAの魅力は未だ色褪せない

今回の動画は10年前にレクサスLFAがデビューした際に行ったテストの様子を再編集したもので、つまりレクサスLFAはもう登場から10年も経過しているのか、ということに改めて気付かされます。

レクサスLFAが発表された当時、V8ミドシップフェラーリ、V10ランボルギーニを遥かに超える「3750万円」という値付け、そしてライバルに比較して加速性能や最高速が特段優れるわけでもないスペックから”一体誰が買うのか”と言われたものの、発売を開始すると購入希望者が殺到し、一瞬で限定台数の500台が完売してしまうことに。

1

なお、現在も新車価格を大きく超える価格にて取引されているのがレクサスLFAですが、その希少性のみならず(少ないからといって相場が高くなるわけではない)、「数字では表せない、感覚に訴えかけるフィーリング」が高く評価され、レクサスにしかできないクルマづくりを行った結果がコレクターズアイテムとしての価値を高めていると考えて良さそう。

数字だけを追いかけると、後発からすぐに追い越されて存在意義を失うものの、数字では表せない魅力を追求すれば、それはいかなるライバルが登場しようとも色褪せることはない(むしろ時間とともに輝きを増す)、という事象を表しているとも言えますね。

実際にレクサスは、LFAについて「追い求めたのは、鍛え上げられた走行性能と、人を魅了してやまない官能性能」だと表現しており、それが時というフィルターを経て立証されたと考えていいのかもしれません。

2

レクサスLFAの吹け上がりは尋常ではなかった

なお、動画の冒頭ではローンチコントロールを使用してスタートした際のメーターが収められていますが、1速4000回転あたりでクラッチがミートしてスタート、そしてその後に一気に回転が上がるものの、その吹け上がりの速さが尋常ではなく、これが「マニュアル・トランスミッション(実際には存在しない)」であったなら、オーバーレブさせてしまう人が続出しそう。※3速までの回転上昇が以上に速い

3

残念ながら現在のところ具体的な後継モデルの計画は無いようですが、レクサスは「LFA」という名について、固有のクルマを指すものではなく「レクサスの頂点」を指すクルマだと定義しており、つまりは一世代で終わるのではなく、その名が引き継がれた新型LFAが登場する可能性についても(暗に)匂わせています。

ここ最近は世界的な環境が「スポーツカー向き」ではなく、しかし豊田章男社長のことなので、新型LFAについてはなんらかの計画を持っていると信じたいところでもありますね(ただ、ガソリンエンジン時代最後の記念碑的モデルは「GRスーパースポーツとなりそうだ)。

レクサスLFA
レクサスがLFA後継の可能性について「メディアが後押ししてくれれば前に進める」と語る。スープラのように話題が盛り上がれば新型LFA登場も?

| トヨタは新型LFAが”売れ残る”ことを懸念? | 2012年に販売が終了されるも、今なお多くの人を魅了してやまないレクサスLFA。その後継モデルについては具体的な話が見えてこないものの、今回Aut ...

続きを見る

レクサスLFAが全開走行を行う動画はこちら

合わせて読みたい、レクサスLFA関連投稿

【動画】レクサスLFAをパワーチェックにてレッドゾーンまでブン回す!内外から捉えたサウンドを聴いてみよう

この記事のもくじ1 | レッドゾーンまで回したサウンドをここまで近くで捉えた動画はなかったように思う |1.1 レクサスLFAのエンジンは「専用設計」1.2 レクサスLFAはカーガイ、セレブにも大人気 ...

続きを見る

レクサスLFAのメンテナンスはこうする!定期点検は3年に一度、4日を要してアンダーカバーの取り付けだけでも2時間

| レクサスLFAは乗用車よりもレーシングカーに近い | レクサスUKが、自社にて所有する「LFA」のメンテナンスについて公開。 レクサスLFAは2010年に生産が開始され、生産台数は500台(201 ...

続きを見る

【動画】レクサスLFAをカスタムするショップがあらわれた!ホイール交換&ローダウンで雰囲気一新。ほかにもフェラーリ488ピスタ等のカスタムを手掛ける

この記事のもくじ1 | レアカーのカスタムはコストとリスクが高く、手を出すショップは少ない |1.1 ホイール交換&ローダウンでもこれだけ雰囲気が変わる1.2 そのほか、ホイールブティックではこんなカ ...

続きを見る

参照:Motorsport Magazine

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f