>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

投稿日:

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている |

さて、アストンマーティンが2021年シーズンを走るF1マシン「AMR21」とともに、F1マシンと同じアストンマーティン・レーシング・グリーンにペイントされたヴァルキリーを公開。

加えて両者の機能的な類似性を強調する動画も公開されていますが、ここでヴァルキリーの詳細を見てみたいと思います。

12

アストンマーティン・ヴァルキリーはこんなクルマ

アストンマーティン・ヴァルキリーは6.5リッターV12エンジンをミドシップマウントするハイパーカーで、「F1に使用されるテクノロジー」を用いたことが一つの特徴。

ただしAMG Oneのように「F1由来の」パワートレーンを使用するのではなく、その構造やエアロダイナミクス方面においてF1を強く意識しています。

加えて、F1では禁じ手となったアクティブサスペンションを採用しているのも独自性が感じられる部分ですね。

つまりは「公道を走るF1のようなクルマを作りたかった」のではなく、究極の速さを追求するためにF1のテクノロジーを使用し、むしろF1を越えようとしたクルマだと捉えるのが正しいのかもしれません。

11

アストンマーティン・ヴァルキリーの細部はこうなっている

まずフロントは「ハイノーズ」。

フロア下に多くの空気を送り込むという考え方はF1同様です。

19

ヘッドライトの重量は「左右合わせても、DB11のヘッドライト1個分よりも軽い」と言われていますね。

9

ワイパーアームまでカーボン製。

ヴァルキリーは徹底して軽量化にこだわっており、エンブレムも「0.4グラムしかない」と発表されています。

8

アストンマーティン・ヴァルキリーのエンブレム流出!厚さ40ミクロン、重量0.4グラム。「ステッカーはふさわしくない」という理由で超高級腕時計と同じ精度で製作される

この記事のもくじ1 | これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 |1.1 ヴァルキリーに「ステッカーはふさわしくない」1.2 「チタン製」エンブレムというオプションも | これが現在の技術で加工で ...

続きを見る

サスペンションはF1マシン同様のダブルウィッシュボーン。

十分なアーム長が取られている模様。

7

ホイールはセンターロック、そして大胆な肉抜きも。

6

後方確認はカメラにて。

5

こういったエアロパーツの形状は「F1からフィードバックを得たんだろうな」と思わせる部分です。

4

リアには大きなディフューザー(ブロウンディフューザーも採用されているものと思われる)。

なお、ヴァルキリーのダウンフォースは「1800kg」と発表されており、おそらくは自動車業界最強だと思われます。

10

メルセデスAMG「プロジェクト・ワンはダウンフォース700kg」→マクラーレン「800kg」→アストン「1800kg」

| すっかり影が薄くなったAMG Project One | メルセデスAMGがそのハイパーカー「プロジェクト・ワンは700キロのダウンフォースを発生」と公開。 あれ?プロジェクト・ワンはもう発表され ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリーのコクピット、エンジンルームはこうなっている

そしてこちらがアストンマーティン・ヴァルキリーのコクピット。

成人の97%程度の体型をカバーするとされていますが、頭上には(ヘルメット着用を考慮して?)けっこうスペースがあるようですね。

2

後方確認はデジタルミラーにて。

まだまだ試作段階なのだと思われます。

1

こちらはエンジンルーム(フードを保持するシャフトまでもカーボン製)。

エンジンそのものはコスワース製で、「自然吸気エンジン史上最高出力」を誇ると言われています。

3

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エン ...

続きを見る

こちらはF1マシン、「AMR21」

F1マシンのほうは「AMR21」と命名されており、これはレーシングポイント時代の「RP20」の発展型ということになります。

なお、ヴァルキリーはアストンマーティンがレッドブルと提携していた時代に(レッドブルとの提携によって)開発された車両であり、このAMR21と直接の関係はなく、それぞれが個別のプロジェクトということになりますね。

AstonMartin-Cognizant-FormulaOne®Team-F1_AMR21_02

メインスポンサーはCognizantなので、チーム名は「Aston Martin Cognizant F1 Team」。

AstonMartin-Cognizant-FormulaOne®Team-F1_AMR21_04

ドライバーはチームオーナーであるローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロール、そして新たに獲得したセバスチャン・ヴェッテル。

AstonMartin-Cognizant-FormulaOne®Team-F1_AMR21_06

ローレンス・ストロールの夢は2つあり、ひとつは「F1チームを所有すること」、もうひとつは「アストンマーティンの大株主になること」で、発表会見においては「今日は、その2つが同時にかなった記念すべき日だ」と述べています。

AstonMartin-Cognizant-FormulaOne®Team-F1_AMR21_10

パワーユニットはメルセデスAMGがら供給を受けるAMG F1 M12 E PERFORMANCE。

AstonMartin-Cognizant-FormulaOne®Team-F1_AMR21_11

アストンマーティンAMR21、ヴァルキリーを紹介する動画はこちら

参照:Aston Martin Cognizant F1 Team, Aston Martin, Top Gear, Mr JWW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f