>その他アメリカ車

あのヴァイパーが復活したらこうなる!毒蛇の王、「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」が学生によって考案される

投稿日:2021/04/28 更新日:

| 実際に復活するにしても、数年先に「ピュアエレクトリックとして」の可能性しか考えることができない |

さて、ヴァイパーは2017年に生産を終了したままの状態となっていますが、今回カーデザインを学ぶ学生、ギローム・マッツェロール氏が「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」なる作品を公開。

なお、「ヴァイパー(Viper)」とは一般に毒蛇を指しますが、「バジリスク(Basilisk)」は想像上の生物ではあるものの、毒蛇の王を表すので、究極のバイパーの名称としては「ピッタリ」なのかもしれませんね。

ヴァイパー・バジリスク・コンセプトはこんなクルマ

そして今回公開されたヴァイパー・バジリスク・コンセプトですが、パワートレーンはV10+ハイブリッドを想定(出力は不明)。

やはりヴァイパーだけにV10は外せない、ということろなのでしょうね。

Viper-Basilisk (7)

そのデザインは現代を超えて未来風となっており、ヘッドライトは細長いLED。

このCGのボディカラーはアメリカンマッスルっぽい、メタリックグリーンにホワイトのダブルストライプです。

Viper-Basilisk (6)

リアセクション、とくにダックテールスポイラーは「いかにもヴァイパー」。

テールランプには横一文字のLEDライトバーを採用しています。

キャビン上部はほぼグラスにて構成され、後方確認はカメラにて行うようですね。

Viper-Basilisk (5)

もちろんV10エンジンはフロントに搭載されており、その結果としての長大なボンネットも「ヴァイパーそのもの」。

ちなみにヴァイパーはかつてのコルベット同様、ミドシップが検討されたことがあり、しかし上層部がこれに興味を示さなかったため計画は「ボツ」に。

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こんな記事も読まれています気分はニコラス・ケイジ。「60セカンズ」のエレノア(マスタング)が購入可能にリバティ ...

続きを見る

バッテリーはフロアに、そして燃料タンクは座席の後ろに、というレイアウトを持っているそうですが、こういった古典的なロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーも今や少数派となってしまい、そのため今こういった姿を見ると、かなり新鮮に感じます。

Viper-Basilisk (4)

ヴァイパーは復活する?

なお、ヴァイパーは上述の通り2017年に販売が終了していますが、2019年の「ヴァイパー30周年」記念時に復活するという噂があったものの、FCA(当時)はこれを完全否定しており、よって復活は望めない状態。

すでにヴァイパーを生産していた工場もリノベーションされ、FCAグループ全体のための博物館として新しく運用されており、時を同じくしてヴァイパー関連のグッズ等も公式オークションにて処分対象となっていたので、こういった行動を見ても「もうFCAにとってヴァイパーは過去のモノ」ということになるのかもしれません。

Viper-Basilisk (2)

FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」

| フィアット・クライスラーが公式にヴァイパー復活を否定 | 数週間前に「ヴァイパーが発売30週年となり2019年に復活するかも」というニュースがネット上を駆け巡りましたが、今回FCAが開いたプレスカ ...

続きを見る

ちなみにヴァイパーの生産終了直前に、アメリカの正規ディーラーがヴァイパーの在庫をごっそり買い取ったと言われており、その後毎年「ちょっとづつ」新車として販売していることも明らかに。

計算上はまだまだ新車状態のヴァイパーが残っていると思われますが、もう二度と作られることがないアメリカンマッスルの象徴と言えるクルマだけに、プレミアムを支払ってでも新車を手に入れたいと考える人も少なくはないのかもしれません。

Viper-Basilisk (8)

なぜ?2017年に販売終了となったダッジ・ヴァイパーの「新車」がこの3ヶ月で2台も登録される

この記事のもくじ1 | どうやら北米のディーラーが「買い占めていた」新車を小出しにしているようだ |1.1 ヴァイパーは25年間を全力で駆け抜けた1.2 ディーラーが販売終了モデルを買い占めることは珍 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ヴァイパー関連投稿

マクラーレンがカスタムした「ダッジ・ヴァイパー」がこの世に一台だけ存在!3300万円で販売中

| マクラーレンがカスタムしたダッジ・ヴァイパーが販売中 | ダッジ・ヴァイパーの中古車両が販売中。 ただしこれは「普通の」ヴァイパーではなく、なんとマクラーレンがチューン/カスタムしたワンオフモデル ...

続きを見る

まさかの「走行54キロ」、新車状態の初年度ダッジ・ヴァイパーが発見される。空調完備の室内で保管され、「もっともコンディションのいいヴァイパー」として販売に

売りに出てきたのはまさに奇跡 ここ最近、「地下室にずっと保管されていた」「納屋にずっと保管されていた」といったたぐいのクルマがいくつか表に出てきていますが、今回はなんと走行わずか54キロ、つまり新車と ...

続きを見る

参照:Guillaume Mazerolle

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5