>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン「V12スピードスター」はまだ完売していなかった!1959年のル・マン優勝車であるDBR1と同じ仕様を選べるようにして受注を活性化

投稿日:2021/04/29 更新日:

アストンマーティンV12スピードスター

| もう二度と各スーパーカーメーカーが「スピードスター」に手を出すことはないだろう |

さて、アストンマーティンは88台限定にて「V12スピードスター」を発売していますが、今回はそのV12スピードスターに「DBR1仕様」を追加。

これは1959年のル・マン24時間レースにて、キャロル・シェルビーとロイ・サルバドーリがハンドルを握り優勝した車両の仕様を反映させたもので、今からでも注文が可能だとアナウンスされています。

なお、今から限定台数を増やすということはないはずなので、現時点ではまだ受注が予定台数の88台には達しておらず、それをさばくために急遽追加されたのが今回のDBR1仕様ということになりますね。

アストンマーティンが88台限定、1億円超のV12スピードスター発表!700馬力、フロントスクリーンなし、最高速度は300km/h

この記事のもくじ1 | ヘルメットなしには乗ることができない |1.1 「スピードスター」は一つの流行1.2 アストンマーティンV12スピードスターのインテリアはこうなっている1.3 こんな記事も読ま ...

続きを見る

ボディカラーはアストンマーティン・レーシング・グリーン

このV12スピードスターDBR1仕様のボディカラーはアストンマーティン・レーシング・グリーン、そこへクラブスポーツ・ホワイトのラウンデル。

なお、ベーン・グリルのルーバーは「サテンシルバー」、ホイールは21インチのセンターロック式で、サテンブラックに切削加工という仕様です。

aston-martin-v12-speedster-dbr1-specification (3)

インテリアについては画像が公開されておらず、しかしコンカーサドルレザーにビリジアングリーン・テクニカルテキスタイル、そしてグロスフィニッシュ仕上げのカーボンファイバートリム、ブラッシュド・アルミニウム製のスイッチという仕上げがなされる、とアナウンスされています。

このほか、DBR1仕様のみの特典として、ボディカラー(アストンマーティン・レーシンググリーン)同色のドライバーとパッセンジャー用ヘルメットが付属する、とのこと。

aston-martin-v12-speedster-dbr1-specification (4)

アストンマーティンV12スピードスターはこんなクルマ

V12スピードスターは2020年3月に発表された限定モデルで、車体は「ヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラとのミックス」、搭載されるエンジンは5.2リッターV12ツインターボ、トランスミッションは8速AT、出力は690馬力、0−100km/h加速は3.4秒、最高速は320km/hというスペックを持っています。

なお、V12スピードスターが発表された当時は、スピードスターが一つのブームで、ポルシェは「911スピードスター」を、フェラーリは「モンツァSP1/SP2」を、そしてマクラーレンは「エルヴァ」を、ベントレーは「バカラル」を発表していますが、スピードスター市場は思ったよりも大きくはなかったのか、マクラーレンはエルヴァを売るのに苦労し、その限定台数を予定よりも大幅に縮小させています。

aston-martin-v12-speedster-dbr1-specification (2)

どうしてこうなった・・・。マクラーレンがまた限定ハイパーカー「エルヴァ」の生産台数を引き下げ、当初計画の半分以下に

| エルヴァについては様々な要因が重なった「不幸」としかいいようがない | さて、マクラーレンは「もともと399台限定」にて販売を開始したハイパーカー「エルヴァ」の限定台数を249台へと引き下げていま ...

続きを見る

このV12スピードスターの「88台」はさほど多い台数ではないと思われるものの、これがまだ完売しないという理由はちょっと謎。

やはりスピードスターというボディ形状に関するハードルが高かったのか、それとも見た目の特別感があまり高くなかったのか(1億円もするのに見た目がヴァンテージに近い)、もしくはトランスミッションにマニュアルが用意されなかったからなのか、それともまた別の理由なのかは不明です。

aston-martin-v12-speedster-dbr1-specification (5)

アストンマーティンDBR1はこんなクルマ

そしてアストンマーティンDBR1ですが、これは上述の通りアストンマーティンにル・マンでの勝利をもたらした「その歴史上、最も有名な」レーシングカーの一台。

まれにオークションへと登場するものの、「20億円以上」という驚異の高値で落札されることも多いクルマです。

クラシック・アストンマーティンの落札記録塗替えか。1956年製DBR1が競売に登場予定

| アストンマーティンのクラシックカーは非常に価値が高い | ここ最近クラシック・アストンマーティンの価格がうなぎのぼりですが、また「最高落札価格を更新しそうな」ジャガーが登場。今回オークションに登場 ...

続きを見る

なお、2018年にはDBSスーパーレッジェーラに「DBR1へのオマージュ」とも言うべき仕様を与えた限定モデル、「DBS59」も追加されていますね。

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラに早速限定モデル。1959年のル・マン優勝車「DBR1」へのオマージュ

| アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラにさっそく限定モデルが登場 | アストンマーティンが発表したばかりの「DBSスーパーレッジェーラ」に早くも限定モデル、「DBS59」を追加。 これはアス ...

続きを見る

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンに新たな限定「セット」、ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ発表!なんとヴァンテージV12初の「スピードスター」が登場

そして新ブランド「R-Reforged」が誕生 先日、「2台セット」で販売する「センテナリーコレクション」を発表したばかりのアストンマーティン。これはザガート100周年、アストンマーティンとザガートと ...

続きを見る

アストンマーティンが「V12スピードスター」試作車を公開!「1億円のクルマなのにアストンのエントリーモデルと似たルックス」は売り上げにどう響く?

この記事のもくじ1 | V12スピードスターのデザイン時にその懸念が出たかどうかは定かではない |1.1 V12スピードスターは完売できるか1.2 もう少しオリジナリティがあれば1.3 あわせて読みた ...

続きを見る

アストンマーティンV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ
アストンマーティン史上もっとも美しい限定車!「ヴァンテージV12ザガート”クーペ”とヴァンテージV12ザガート”スピードスター」とのセット、ヘリテージ・ツインズが公開

この記事のもくじ1 | ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズは19セットのみ、価格は非公開 |1.1 最初のセットはザガートのプライベートコレクションに2 ヴァンテージV12ザガート・ヘリ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5