ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

美しくカスタムされたホンダNSXが米競売に登場!ボルクレーシング、無限、ブリッドという「日本っぽい」カスタムにオーバーフェンダーとエアサス装着

投稿日:2021/05/18 更新日:

美しくカスタムされたホンダNSXが米競売に登場

| 日本っぽいカスタムが施されたNSXがオークションに登場 |

手掛けたのはなかなかのカスタム上級者だと思われる

さて、ホンダNSXはすでに「伝説」となっていますが、伝説にもかかわらずカスタムする例も多数。

ほとんどの人はNSXをカスタムすることについて否定的だとは思われるものの、今回オークション形式で自動車売買サイトに登場したNSXは「なかなかの出来栄え」となっています。

エアロパーツ装着後には再塗装

このホンダNSXにはワイドボディキットが装着されていますが、その装着後には完全にカラーをマッチさせるために車両全体の再塗装を行ったと紹介されています。

たしかに全体のバランスもよく、フロントバンパー内のウインカーやリアフェンダー上のダクトなど、数カ所にはブラックのアクセントが追加される等の「小技」も効いているようですね。

Acura-NSX-Widebody-2

さらにはAPRパフォーマンス製のカーボンリアウイング、リアスカートが装着され、ホイールはボルクレーシング製のTE37(ステッカー類が剥がされてシンプルに)。

Acura-NSX-Widebody-3

ブレーキローターはスリット入りへと変更され、エアサスペンションが装着済みだとされています(バイエアー社製のエアコンプレッサー2台、エアリフト・パフォーマンス社製のコントローラーによってコントロールされている)。

これによって車高はいわゆる「ベタベタ」。

Acura-NSX-Widebody-11

記載はないもののエキゾーストシステムも交換されており、リアバンパーの奥から覗くパイプ類がそのパフォーマンスの高さを物語っているかのようです。※画像ではリアディフューザーが取り外されているが、別途大きなディフューザーがある

Acura-NSX-Widebody-4

なお、オーバーフェンダーを装着しているにもかかわらず前後タイヤ(とくにリアタイヤ)は大きくはみ出しています。

Acura-NSX-Widebody-5

このホンダNSXのインテリアはこうなっている

そしてこちらは今回出品されているNSXのインテリア。

ブリッド製のバケットシートと無限製ステアリングホイールが装着されており、TE37とあわせて日本的な雰囲気も感じさせますね。

このほかリアビューミラーにエクリプス製のカーナビゲーション付きヘッドユニットも取り付けられることに。

Acura-NSX-Widebody-10

エンジンスペックは不明ですが、カーボン製のエアクリーナーボックス、そしてエキゾーストマニホールド、オーバーフロータンク等が装着されているとのこと。

加えて各部もボディカラー同色にペイントされており、カスタム感漂うエンジンルームとなっています。

Acura-NSX-Widebody-12

今回出品されているカスタム済みのホンダNSX関連投稿を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ホンダNSX関連投稿

リバティウォークが貴重な初代NSXをオーバーフェンダー化!いつもの「LBスタイル」ワイドボディキットは132万円

| ただしローダウンサス、タイヤ+ホイール、フィッティングや塗装代が必要 |この記事のもくじ| ただしローダウンサス、タイヤ+ホイール、フィッティングや塗装代が必要 |ホンダNSXは現在その価値を上げ ...

続きを見る

どうしてこんな姿に?原型を留めないほど改造された初代NSX(超ワイドボディ)が格安にて販売中。なおカスタムしたのはエンドレスとのウワサ

| 売り主によると、2台だけエンドレスによってカスタムされたうちの一台らしい | 米自動車売買サイト、Bring A Trailerにて1991年製のホンダ(北米仕様なのでアキュラ)NSXが登場。ただ ...

続きを見る

世界に一台、ホンダNSXをフルオープンへとカスタムしたワンオフ車輌が競売に
世界に一台、ホンダNSXをフルオープンへとカスタムしたワンオフ車輌が競売に!改造車にもかかわらず1000万近くまで値上がり中

| まさかボディ剛性の弱いホンダNSXのルーフをカットするオーナーがいたとは |この記事のもくじ| まさかボディ剛性の弱いホンダNSXのルーフをカットするオーナーがいたとは |ホンダNSXのオープント ...

続きを見る

参照:Bring A Trailer, Mediabybrendan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5