>ベントレー(Bentley)

【動画】これが1台2.2億、12台限定(完売済)のベントレー・バカラルのエンジン音だ!輸送のためにトラックへ積み込む様子が目撃される

投稿日:

これが1台2.2億、12台限定(完売済)のベントレー・バカラルのエンジン音だ

| ベントレーは今後、「バカラル」のような超限定車をいくつかリリースすると言われるが |

一方、「ブロワー」のようなトンデモ級クラシックカーの復刻も

さて、実はロンドン市内でもさほどベントレーは走っていないそうですが、なんと今回は12台のみの限定ベントレー「バカラル」がロンドンのショールームを出て(トレーラーに積まれるまでのわずかな間に)自走するという動画。

ベントレーは先日、バカラルの納車準備を開始したと発表しているものの、この個体はおそらく顧客へと納車するものではなく、(発表時に使用された)プロトタイプなのだと思われます。

そしてまた、別の展示場所へと運ばれてゆくのかもしれません。

ベントレー・バカラル
ベントレーが「ほぼ100年ぶりの」2シーターとなる”バカラル”を発表!出力659馬力、1台2.2億円の超高級GT

| そして限定台数の12台はすべて買い手がついている | 先日よりティーザーキャンペンが行われていた、12台のみが生産される「超限定」ベントレー、バカラル(BACALAR)。これはベントレーのパーソナ ...

続きを見る

ベントレー・バカラルは画像や動画で見ても特別だった

ベントレー・バカラルは1台2億2000万円と言われる超高額車輌で、予定生産台数の12台はすべて「完売済み」。

そしてベントレーは「2台として同じ仕様のクルマがないよう」慎重にその仕様を決定していると報じられていて、これから(オーナーから許可が取れた)数台はベントレーによって公開されるものと思われ、ぼくらの目を楽しませてくれることになりそうです。

そしてこちらはそのロンドン市内にあるベントレーディーラー。

現在は各自動車メーカーとも、正規ディーラーには「最新CIを」導入するように指示しているものの、いくつかの都市では従来の建物の外観を変えることが許されず、そういった場合は「例外」として扱われるのかもしれません。

021-06-14 15.31.58

そしてこちらはショールーム内に展示されるベントレー・バカラル。

021-06-14 15.31.43

ベースはコンチネンタルGTコンバーチブルとなりますが、ベース車の10倍近い価格差を納得させるだけの特別仕様が盛り込まれているようですね。

021-06-14 15.32.19

サイドシルには「BACALAR(バカラル)」のロゴ。

ちなみにカーペットはウィルトン織りのピュアウール製。

2021-06-14 15.32.34

テールランプはまるで芸術品のよう。

021-06-14 15.32.45

コクピット内にもコンチネンタルGTとの共通パーツが見られ、しかしダッシュボード上のメーター類につき、文字盤や針、その外周等の処理がマットとなるなど、「バカラル専用仕上げ」が施されています。

021-06-14 15.32.23

バカラルは2シーター仕様を採用しており、シート後方には専用デザインのバッグも搭載。

なお、ウール地素材のようにも見えますが、これはおそらく「レザーなど、動物由来の素材を嫌う」欧州の知識層に配慮したためだと思われます。

2021-06-14 15.32.49

参考メルセデス・ベンツは将来的に「内装からレザー全廃」?ヴィーガンのルイス・ハミルトンにメルセデスCEOが「レザーやめようと思う」と相談

| まさか高級車の代名詞=レザー内装がなくなる日が来ようとは | 6回のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンが「メルセデス・ベンツのCEOと、メルセデス・ベンツが販売する車両の内装から ...

続きを見る

その後、バカラルはショールームから搬出されることに

そしてその後、バカラルはトレーラーへと積み込むためにショールームから搬出されることに。

「ちょっと移動」するだけではあるものの、6リッターW12ツインターボエンジンの唸りを聴くことが可能です。

2021-06-14 15.33.18

JUN
こんな狭いところを移動させるのは嫌だろうな・・・

そして無事に搬出終了。

-06-14 15.31.50

ちょっとだけ向きを変えて・・・。

021-06-14 15.33.37

トレーラーへ。

そしてこのトレーラーもかなり「ギリギリ」で、運搬業者も「年々巨大化するクルマ」には手を焼いているのかも。

021-06-14 15.33.43

ホイールはダイヤモンドカットを採用し、スポーク部にはボディカラー同色の塗料が流し込まれているようですね。

ちなみにこのホイール1本を塗装するには「1週間かかる」といい、ダイヤモンドカット部のポリッシュ加工を見ると「うなずける」ところでもあります。

021-06-14 15.33.49

ベントレーが12台限定、2.2億円の「バカラル」納車準備を開始
ベントレーが12台限定、2.2億円の「バカラル」納車準備を開始!ホイールの塗装にかかるのは1本1週間、どうりで価格が高いわけだ・・・

| バカラルの仕上げはほぼ手作業、750個ものパーツが専用に設計・製造される | さて、ベントレーが1台2億2000万円の限定モデル、「バカラル」の納車に先駆け、その試作車を公開。これは「カーゼロ」と ...

続きを見る

そして無事にコンテナに載せ終わり・・・。

-06-14 15.34.27

コンテナを戻して作業終了。

この「車輌輸送用トラック」も、その国や地域によって大きく構造が分かれていて、なかなかに興味深い部分です。

2021-06-14 15.34.13

参考【動画】「ラ・フェラーリ・アペルタは売ってもらえなかったが488ピスタ・スパイダーは売ってもらえた」コレクターにカスタム仕様の488ピスタ納車

| カスタムとコロナウイルスの影響にて1年以上も待ったようだ | 香港出身、そして現在はアメリカにて高級腕時計や宝飾品店を営むデビッド・リー氏。同氏は「実業家」ということになりますが、自分自身では「フ ...

続きを見る

ベントレー・バカラルを輸送のために移動させる動画はこちら

合わせて読みたい、ベントレー関連動画

復刻されたベントレー・ブロワー
いったいいくらするのコレ・・・。ベントレーが1920年代の「ブロワー」を忠実に復刻し12台を販売するための試作車、「カー・ゼロ」が公開される

| カー・ゼロ製作にあたっては1920年台のブロワーを分解し、パーツをひとつひとつ3Dスキャン | さて、ベントレーが1年とちょっと前に「1920年代に製造していた”ブロワー”を12台のみ復刻するとコ ...

続きを見る

パイクスピークを走るコンチネンタルGT3タイムアタック1の詳細が公開
リアウイングは「ベントレーのモータースポーツ史上最大」!パイクスピークを走るコンチネンタルGT3タイムアタック1の詳細が公開

| パイクスピーク用にコンチネンタルGT3のエアロパッケージを強化、セカンダリー冷却システムも | さらにはタフなレースを制するためにドライブシャフトも強化済み さて、ベントレーはかねてよりアメリカの ...

続きを見る

参照:TheTFJJ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5