ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェ924はVWの依頼によってポルシェが設計し、しかしVWがボツにしたものをポルシェが引き取って発売クルマだった!驚愕の事実がいま明かされる

投稿日:

ポルシェ924はVWの依頼によってポルシェが設計し、しかしVWがボツにしたものをポルシェが引き取って発売クルマだった

| たしかに914の後継にしてはまったくレイアウトが変わっている |

そしてフォルクスワーゲンの依頼だけあって使用するパーツはフォルクスワーゲン製ばかりだった

さて、ポルシェは1970年(もしくは1971年)にデザインオフィスとして設立されており、つまりは自動車メーカーではなくデザイン(設計)事務所としてのスタートを切っていますが、当時は様々な分野において他社から依頼された製品の設計を行うことを生業としています。

そしてポルシェは当初よりフォルクスワーゲンとの関係性が深く、ハガーティによると、1970年代はじめにフォルクスワーゲンがポルシェへと「安価でエキサイティングなクルマ」の設計を発注したことがある、とのこと。

ポルシェ本社には「10万以上の」設計図が保管されている!「カレラ」エンブレムの設計図も

| ポルシェ本社には膨大な設計図が整然と保管されている | ポルシェが自動車メーカーとしての認可を受け、初めての市販車を世に送り出したのは1948年6月8日ですが、そのルーツは1931年に設立された「 ...

続きを見る

これこそがポルシェ924のスタート

そしてこのスポーツカーにはコスト的な制約があり、よってポルシェは既存のパーツを流用することを第一に考え、そのためフォルクスワーゲンのカーゴバンに搭載されていたモーター、アウディ100のエンジンとギアボックス、さらにはビートルやゴルフ、マイクロバスなどに使用されていたパーツを使用して「フロントエンジン・後輪駆動」レイアウトを持つスポーツカーの設計を完了させます。

ただし、いざ生産を行うという段階になると当時発生した金融危機、そして経営陣の刷新によって状況が一変することになり、EA425というコードネームで呼ばれていたこのプロジェクトが引き上げられることに。

なお、このちょっと前には、EA266と呼ばれていた「ミドシップマウントのコンパクトカー」プロジェクトがVWの社長に就任したばかりのルドルフ・ライディングの判断によって「中止」されていますが、その理由は「横置きFFがコンパクトカーの未来だと同氏が判断したため」。

VW-EA266

そう考えると、当時の新社長であったルドルフ・ライディングが「後輪駆動のスポーツカー」に対してお金を出し渋ったことも理解できますが、ここでポルシェが取った行動が「EA425プロジェクトを買い上げる」というもの。

そしてこの「EA425」は「ポルシェ924」として発売されることになった、と報じられています。

てっきり924はポルシェとフォルクスワーゲンとの共同開発だと考えていたが

なお、ぼくはこれまでポルシェ924について、914と同じくフォルクスワーゲンとの共同開発だと考えていたのですが、実はそうではなく、「フォルクスワーゲンとして発売されるはずだった、しかしボツになったクルマを、ポルシェがサルベージして自社ブランドにて発売した」ということになります。※ポルシェの公式サイトには「フォルクスワーゲンに代わりポルシェが開発し完成させた」とあるので、ハガーティの説明は正しいと考えて良さそう

ただ、フォルクスワーゲンのパーツを使用していたといえどポルシェの設計だけあり、この924は素晴らしいパフォーマンスを発揮することになりますが、反面アメリカ市場では乗り心地に関するクレームを受けることも多く、ポルシェはこの924を抜本的に改良して生きながらえさせると決めることに。

021-07-18 16.52.52

そして924改良の段階において、フォルクスワーゲンが10万台ぶんのエンジン生産とポルシェへの供給を”契約通り”終了させることになったのを機に、ポルシェは「自社製エンジン」の新設計を開始したわけですね。

しかしこのエンジンが完成した当初、新型エンジンが積まれたのは924ではなく「944」。

しかし944は「ポルシェ濃度」が高かったために車両価格も高くなってしまい、よってポルシェは(おそらく販売を維持するため)924に944のエンジンやホイールなどを移植した、しかし944よりはずっと安価な「924S」を発売した、とのこと。

ちなみにポルシェ944は「924の後継」という扱いではあるものの、実際には924と944とは併売されており、924の販売期間は1975年〜1988年、944の販売期間は1983年〜1991年。

2021-07-18 16.52.58

なお、このエンジン(M44)を駆動させるためのバランスシャフトに関しては三菱から技術を購入したとされ、つまり924はフォルクスワーゲンとしてスタートし、しかしポルシェとして生を受け、その進化の過程で三菱の血が入ったわけですね。

ポルシェ自身、924は914の後継だとしていますが、しかしレイアウトがミドシップからフロントエンジンへと変わったのにはこういった理由があったということになり(エントリーモデルという概念では、924は914の後継で間違いない)、これはぼくにとってかなり「意外な事実」でもあって、今更ながらちょっと驚いています。

ポルシェ初のミドシップスポーツ、「914」。VWとの共同開発にて誕生した”ワーゲンポルシェ”はこんなクルマだ

| ポルシェ914はその多くをフォルクスワーゲンからのパーツ供給によってまかなっていた | ポルシェがかつて販売していたスポーツカー、「914」。この914は「ポルシェ初のミドシップスポーツ」という意 ...

続きを見る

ポルシェ924の誕生秘話を語る動画はこちら

合わせて読みたい、ポルシェとフォルクスワーゲン関連投稿

ポルシェが「40年前にワルター・ロールが駆った924カレラGTS」をレストア
ポルシェが「40年前にワルター・ロールが駆った924カレラGTS」をレストアし、同氏の74歳にサプライズプレゼント!「40年前にタイムスリップしたかのようだ」

| ワルター・ロールが最初に買ったクルマは「金欠につき、エンジンがついていない中古のポルシェ356」だった |この記事のもくじ| ワルター・ロールが最初に買ったクルマは「金欠につき、エンジンがついてい ...

続きを見る

ポルシェの「コードネーム」には知られざる秘密があった。「なぜ900番台を使用したか」他

| ポルシェのコードネームには規則性がある | ポルシェの各モデルには「コードネーム」があり、古くは「356」「550」「911(これは現代ではモデル名になっている)」、「914」「924」「928」 ...

続きを見る

ポルシェ創業者とその息子が1939年にビートルをもとに作った高性能車。世界でただ一台だけ存在する「VWの皮を被ったポルシェ」の物語

もともと911は「ビタミン剤を飲みすぎた(元気のいい)ビートル」とも呼ばれた ちょっと特別な「フォルクスワーゲン・タイプⅠ(ビートル)」とその逸話が公開に。もともとフォルクスワーゲン・タイプⅠはポルシ ...

続きを見る

参照:Hagerty

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5