>ブガッティ(BUGATTI)

放火された米ラッパーのブガッティ・シロンが競売に登場するようだ!予想落札価格は4000万円、もし修理に1億円かかっても2億5000万円では売れるらしい

投稿日:2021/10/15 更新日:

放火された米ラッパーのブガッティ・シロンが競売に登場するようだ!予想落札価格は4000万円、もし修理に1億円かかっても2億5000万円では売れるらしい

| 車両ステータスは「走行不可、部品取り」となっており、見た目よりはダメージが大きそう |

ブガッティの修理を何台も行ってきた米ショップが買取を検討しているようだ

さて、少し前に「放火」によって一部が燃えてしまったブガッティ・シロンがオークションに掛けられる模様。

このシロンは米ラッパー、エル・アルファの所有だったと伝えられており、今年の夏に火炎瓶にて放火されたと言われる個体で、その後保険会社へと所有権が移っており(つまりエル・アルファは無事保険金を受け取ったということになる)、そして今回の競売という流れになるようですね。

米アーティスト、エル・アルファのブガッティ・シロンが放火される・・・。なぜアメリカのミュージシャンは抗争に巻き込まれるのか
【動画】米アーティスト、エル・アルファのブガッティ・シロンが放火される・・・。なぜアメリカのミュージシャンは抗争に巻き込まれるのか

| 幸い全焼は免れたものの、その修理費用はかなりのものとなりそうだ | どんな理由であれ、自動車を意図的に破壊する行為を見ると心が痛む ドミニカ共和国出身のレコーディング・アーティスト、エル・アルファ ...

続きを見る

修理できるかできないか、そこが焦点に

なお、今回の出品に際しての情報は限られていて、損傷の度合い(詳細)がわからないのがちょっとした問題。

今回動画を公開したのはアメリカはロサンゼルスに拠点を構えるロイヤルティ・エキゾチックスというショップですが、このショップは過去にも大破したブガッティを修理したことがあり、最近だと「水没した」ヴェイロンを購入したことも。

世界でもっとも有名な「保険金を受け取るため湖に落とされた」ブガッティ・ヴェイロン。新しいオーナーのもとで現在修理が進行しており、近日中に復活することになりそうだ
世界でもっとも有名な「保険金を受け取るため湖に落とされた」ブガッティ・ヴェイロン。新しいオーナーのもとで現在修理が進行しており、近日中に復活することになりそうだ

| オーナーは保険金詐欺にて1年間、連邦刑務所に収監されている | 塩湖に落ちただけにぼぼすべてのパーツを交換せねばならない さて、ある意味では世界で最も有名な、そして世界で最も安価だったブガッティ・ ...

続きを見る

参考までに、ショップオーナーが所有するのもブガッティ・ヴェイロンであり、こちらは後輪駆動化されるなど大きな改造が施され、同ショップは「ブガッティのスペシャリスト」といえるレベルの知識を持っている、とも考えられます。

【動画】ヴェイロンのオイル交換を自前で行なったショップが今度はヴェイロンを後輪駆動化!1000馬力のドリフトがこれだ

| クルマを壊す覚悟がないとこれはできない | 以前に「ブガッティの正規ディーラーに頼んだら230万円もかかるオイル交換費用を節約するため、自分達だけでヴェイロンのオイル交換にチャレンジした」ショップ ...

続きを見る

思ったよりもダメージは大きい?

そしてロイヤルティ・エキゾチックスはこのシロンを購入しようと考えており(もちろん修理するため)、まずは保険会社に買取を申し入れたそうですが、そこで提示されたのが「1億4000万円」という価格。

当然ながら同社はこの状態のシロンにそこまでの価値を見いだせず、よってそのまま話は流れたようですね。

ただ、結局のところ保険会社はこの希望価格でシロンを(どこにも)売却できず、そのために今回オークションにかけられることになるわけですが、オークションでの予想落札価格は保険会社の言い値よりもずいぶん安く、最高でも4000万円くらいとされている模様。

そこでロイヤルティ・エキゾチックスは「その価格で入手できる可能性があるのなら」とがぜんやる気を出し、そして今回その調査に乗り出したものの、画像から判断できるよりも「かなり損傷は大きい」と判断。

2

まず、フロントウインドウ越しには「ダッシュボードにまで」延焼が進んでいるように見え、そしてダッシュボード内にはハーネスなどの重要部品が隠されており、仮にこれが損傷していれば「全交換」のために車両あちこちを分解しなくてはなりません。

さらには左フロントのショックタワーもダメージを受けている可能性があるといい、このショックタワーはシロンの車体骨格を構成するカーボンファイバー製シャシーの一部なので、これが損傷を受けていると事態がややこしくなります。

実際のところ、この車両は「走行不可のパーツ取り車」としてオークションへ出品されるとのことなので、ロイヤルティエキゾチックスの見立ては正確なのかもしれません。

それでも修理できれば「安いもの」

ただし、それでもロイヤルティ・エキゾチックスはこのシロンの購入を考えていて、つまりは「最大限のダメージを想定しつつも、修理できる自信がある」ということになりそう。

シロンのパーツは非常に高価で、ヘッドライト一つとっても390万円ほどだといいますが、仮に4000万円くらいで購入でき、1億円かけて修理したとしても、その後に売却すれば「1億円くらい」の利益を得ることができ、修理のノウハウを持つロイヤルティ・エキゾチックスにとっては「いい商売」ということになるのでしょうね。

放火されたブガッティ・シロンの損傷度合いを推測する動画はこちら

あわせて読みたい、ブガッティ関連投稿

【動画】オイル交換1回あたり230万円のブガッティ・ヴェイロン。自分で交換してみたらこうなった

| ブガッティ・ヴェイロンのオイル交換を自分たちでやってみた | ディーラーに依頼すると230万円もかかると言われる、ブガッティ・ヴェイロンのオイル交換の様子を収めた動画が公開に。 これはエキゾチック ...

続きを見る

【動画】ブガッティ・シロンを2年リースで契約すると毎月支払うのは700万円!米ユーチューバーが実際に契約してみた

| しかも保証金は3700万円、走行距離は年間4000キロまでに制限 | さて、ドラッグレース系ユーチューバー、ドラッグタイムスが「ブガッティ・シロン・ピュールスポールをリース契約したら毎月の支払いは ...

続きを見る

ブガッティ・シロン・ピュールスポール
驚愕!ブガッティ・シロン・ピュールスポールを維持するには4年で5200万円、乗らなくても年間1150万円。ホイール(550万)は14ヶ月に一回、ターボは42ヶ月に一回の交換が必要

| ブガッティの維持費が高いとは聞いていたが、まさかこれほどとは思わなかった | ただし車両の資産価値向上を考慮すると、これくらいの出費は全然許容できそう さて、ブガッティのクルマは維持費がとんでもな ...

続きを見る

参照:Royalty Exotic Cars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5