>フェラーリ(Ferrari)

【動画】フェラーリが296GTBの最新プロモ動画を公開!サーキットを全開で走り、その後はアブダビの市街地を優雅に流す。そのフレキシビリティを見てみよう

投稿日:

【動画】フェラーリが296GTBの最新プロモ動画を公開!サーキットを全開で走り、その後はアブダビの市街地を優雅に流す。そのフレキシビリティを見てみよう

| フェラーリは「ハイブリッド=善」であることを強く市場に認識させることに成功したようだ

いずれは生粋のスポーツカーファンも「ハイブリッドでないと」と思うようになるのかもしれない

さて、フェラーリが296GTBのプロモーション動画を公開。

舞台はヤス・マリーナ・サーキットで、サーキットを存分に走った後にアブダビの街を走る風景を収めており、「オールマイティに使用できる」296GTBの性格をアピールするものとなっています。

なお、フェラーリ296GTBのトピックのひとつは「V6エンジン搭載」ということ。

フェラーリはかつてにV6エンジン搭載車を製造していたことがあり、しかし当時フェラーリ創業者であるエンツォ・フェラーリは「V12エンジン搭載車以外はフェラーリと呼ばない」という信念を持っていたため、V6エンジン搭載車には「ディーノ」という名が与えられることに。

しかしながら、最終的には様々な事情によって「ディーノ」も「フェラーリ」として認知されるようになり、北米市場に在庫されていたディーノのエンブレムがすべてフェラーリへと置き換えられるといった現象も発生していたようです。

フェラーリ”ディーノ”は今年で50年。聖地マラネロに150台のディーノが集まる。でも「ディーノ」って?

| 涙なしには語れない「ディーノ」誕生の物語 | 「ディーノ発売」50周年を記念し、ムゼオ・フェラーリ・マラネロへと150台のディーノが集結。 よく「フェラーリ・ディーノ」とは言われるものの、ディーノ ...

続きを見る

Ferrari-296GTB (10)

ただし296GTBはディーノの再来ではない

上述のとおり、ディーノは「廉価版」としての性質を持っており、よって296GTBの登場前において、296GTB(当時ままだ名称も公開されていなかった)にV6が積まれるという事実が判明するやいなや「ディーノ復活」「V8モデルの下に位置する廉価版の追加」というウワサがまことしやかに囁かれたわけですが、実際に296GTBが発売されると、その出力(830馬力)や価格(3678万円)ともに大きくV8フェラーリを超えており、実際にフェラーリも「296GTBはディーノとはまったく考え方が異なる」と公式にコメントしています。

Ferrari-296GTB (8)

フェラーリ「296GTBは完全にディーノとは異なる性質を持ち、ディーノの名を与えるべく開発されたクルマではない」
フェラーリ「296GTBは完全にディーノとは異なる性質を持ち、ディーノの名を与えるべく開発されたクルマではない」。廉価版として開発された当時のディーノとの関連性を否定

| フェラーリ「ディーノは、車格、性能、価格すべての面において妥協していたが、296GTBは違う |この記事のもくじ| フェラーリ「ディーノは、車格、性能、価格すべての面において妥協していたが、296 ...

続きを見る

おそらくは今後しばらく、(ピュアエレクトリックへと移行するまでの間)V8エンジンは「V6+ハイブリッド」へと置き換えられることになり、その状況において「V6=廉価版」という印象を持たれるのは好ましくないとフェラーリが判断したのだと思われますが、そういったV6=廉価版といった固定概念を完全にひっくり返すために「V8モデルよりも完全に上」なパフォーマンス、そして価格に設定したのでしょうね。

Ferrari-296GTB (9)

フェラーリがV6ハイブリッドモデル「296GTB」発表
【動画】フェラーリがV6ハイブリッドモデル「296GTB」発表!出力は予想を遥かに超える830馬力、F8トリブートを越えるパフォーマンス。日本での価格は3678万円

| 296GTBはエントリーモデルだと言われていたが、どうやら価格は「エントリー」ではなさそうだ |この記事のもくじ| 296GTBはエントリーモデルだと言われていたが、どうやら価格は「エントリー」で ...

続きを見る

296GTBに積まれる新型V6ターボエンジンは654PS(663HP)を発生し、排気量あたりだと218馬力という前代未聞の数字を達成していて、これにエレクトリックモーターを組み合わせたシステム合計出力は818PS/830HP(予想されていた700馬力を遥かに超えている)を誇りますが、このパワーによってフェラーリ296GTBは0−100km/h加速2.9秒(F8トリブートと同じ)、0−200km/h加速7.3秒(F8トリブートより0.5秒速い)というスペックを誇り、最高速は330km/hにも達します(これはF8トリブートよりちょっと低い)。

Ferrari-296GTB (5)

これからは早く走るために「ハイブリッドは不可欠」

そしてもうひとつフェラーリが主張したかったのは「ハイブリッドは余計なものではなく、必要なもの」ということだと思われ、つまりハイブリッドによって今までにないパフォーマンスを獲得した、ということ。

実際に296GTBは、2.9リッターV6というエンジンからは信じられないほどの馬力を(ハイブリッド化によって)獲得しているわけですが、一般にスポーツカーファンにとってハイブリッドは好ましい存在ではなく(重量が重くなるので)、しかしフェラーリとてハイブリッド化せねば生き残ることができないため、「ハイブリッドは悪ではなく善」だということを周知させたかったのだと思われます。

Ferrari-296GTB (6)

そのためにはまず3モーター+4WD化によって圧倒的なパフォーマンスを持つSF90ストラダーレを発売してハイブリッドの優位性を納得させ、その後に296GTBでダメ押しというシナリオを採用したのだと考えていて、そして市場の反応を見る限りではその戦略が奏功したといってよく、このままフェラーリファンもハイブリッドを難なく受け入れることになるんじゃないかとも考えています。

Ferrari-296GTB (4)

なお、動画を見ると、そのエキゾーストサウンドはV8エンジンほど「吠えて」いないようには思われるものの、これは排気量そして様々な規制を考慮するに「仕方のない部分」なのかも。

Ferrari-296GTB (2)

ただし、実際にステアリングホイールを握ると、そんなことは(ハイブリッド含め)どうでもいいと感じるようになるほどの楽しさを与えてくれるクルマであることは間違いなさそうです。

Ferrari-296GTB (7)

フェラーリ296GTBがサーキットを走り、町中を流す動画はこちら

なお、この296GTBの動画の他にも、フェラーリはローマの最新プロモーション動画や・・・。

SF90ストラダーレ(アセットコルサ・パッケージ装着)の動画も公開。

合わせて読みたい、フェラーリ296GTB関連投稿

フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも
フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも

| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |この記事のもくじ| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |アセット・フィオラノ・パッケージ ...

続きを見る

フェラーリ296GTB
【動画】トップギアがフェラーリ296GTBをレビュー!リアセクションは筋肉モリモリ、フロントトランクはけっこう広々

| フェラーリ296GTBはなにからなにまで新世代 |この記事のもくじ| フェラーリ296GTBはなにからなにまで新世代 |そのデザインはフェラーリの過去と未来を結ぶ「架け橋」現時点ではフェラーリのラ ...

続きを見る

参照:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5