ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >ポルシェ(Porsche) >マクラーレン(McLaren)

【動画】誰が勝ってもおかしくない!ポルシェ911GT2RS、フェラーリF8トリブート、マクラーレン765LTとが加速を競う

投稿日:2021/11/28 更新日:

【動画】誰が勝ってもおかしくない!ポルシェ911GT2RS、フェラーリF8トリブート、マクラーレン765LTとが加速を競う

| この3台が集まる場面自体が珍しい |

ここまで僅差で勝敗が決する例もそうそうない

さて、これまでにも様々なハイパーフォマンスカーのドラッグレース対決を公開してきたCarwowですが、今回はフェラーリF8トリブート、ポルシェ911GT2 RS、マクラーレン765LTといったトップランカーたちのバトルを収録し公開しています。

なお、これらの共通点としては「後輪駆動」そして「ターボエンジン」、「デュアルクラッチトランスミッション」。

相違があるのはエンジン搭載位置で、ポルシェ911GT2RSのみが「リアエンジン(ほかはミッドエンジン)」となっています。

Ferrari-Porsche-Mclaren (9)

今回の顔ぶれはこうなっている

そして今回のドラッグレースに参加する顔ぶれですが、まずはポルシェ911GT2 RS。

2018年から2020年にかけて限定生産され、3.8リッター・フラットシックスをツインターボで加給して700馬力を発生します。

ニュルブルクリンクの市販車ランキングにてトップを獲得したこともあり、かのワルター・ロール氏をして「人間の限界を超えている」と言わしめたパフォーマンスを持つクルマです(ほかのポルシェ911同様、ドラッグレースよりもサーキットで本領を発揮するクルマでもある)。

車体重量は1390キロ、トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

Ferrari-Porsche-Mclaren (5)

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ
【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮この記事のもくじこの2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年から変更それではニュル ...

続きを見る

次はフェラーリF8トリブート。

488GTBの後継モデルとして2019年にデビューしており、3.9リッターV8ツインターボは720馬力を絞り出します。

488ピスタに準ずるメカニズムを持っており、フェラーリいわく「488ピスタのパワーは欲しいが、488ピスタほどの過激さを要しない人向け」のクルマなのだそう。

車体重量は1330kg、トランスミッションは7速デュアルクラッチ、0-60マイル加速は公称値で2.8秒というスペックを誇ります。

Ferrari-Porsche-Mclaren (7)

最後はマクラーレン765LT。

絶対王者たるマクラーレン720Sのハードコアモデルであり、搭載されるエンジンは4リッターV8ツインターボ、最高出力は765馬力、車体重量は1229kg、トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

0-60マイル加速の公称値はなんと2.4秒です。

Ferrari-Porsche-Mclaren (6)

実際に走ってみたらこうなった

そしてここからは実際にドラッグレースを走った結果ですが、このメンバーであれば正直どのクルマが勝ってもおかしくはない、という感じですね。

Ferrari-Porsche-Mclaren (4)

スパっと出たのはポルシェ911GT2 RS、そしてわずかに遅れてマクラーレン765LT、そしてちょっと遅れてフェラーリF8トリブート。

Ferrari-Porsche-Mclaren (2)

そこから伸びたのがマクラーレン765LT、そしてフェラーリF8トリブート。

Ferrari-Porsche-Mclaren (3)

まっさきにゴールしたのはマクラーレン765LTでタイムは10.1秒。

Ferrari-Porsche-Mclaren (12)

次はポルシェ911GT2 RSの10.5秒。

Ferrari-Porsche-Mclaren (11)

そしてフェラーリF8トリブートの10.6秒。

「パワーに優れ、軽量な」マクラーレン765LTが勝利を収めることとなっていますが、それに次ぐポルシェ911GT2 RSは(出だしの良さを見るに)リアエンジンならではのトラクションを生かしたということになりそうです。

Ferrari-Porsche-Mclaren (10)

やはりポルシェのブレーキは宇宙一?

そしてこちらは走行状態から一斉にフルブレーキングを行った状態ですが、もっとも停止距離が短いのは(いちばん車体重量が重いにもかかわらず)ポルシェ911GT2RSで、さすがは「宇宙一よく効く」と言われるブレーキを持つポルシェ、といったところですね。

Ferrari-Porsche-Mclaren (8)

ポルシェ911GT2RS、マクラーレン765LT、フェラーリF8トリブートが加速を競う動画はこちら

参照:carwow

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, >ポルシェ(Porsche), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5