>フェラーリ(Ferrari)

【動画】フェラーリの謎HV試作車がクラッシュ!現地消防にとって「ハイブリッドカーの事故」は初案件、しかし事故直後の発火も無事に鎮められる

投稿日:

【動画】フェラーリの謎ハイブリッド試作車がクラッシュ!現地消防にとって「ハイブリッドカーの事故」は初案件、しかし事故直後の発火も無事に鎮められる

| とにかく電動化の流れが急速すぎて周囲が追いついてない |

フェラーリがこのSF90ストラダーレの試作車で何をテストしていたのかは謎のまま

さて、フェラーリSF90ストラダーレのプロトタイプがドイツのホッフェンハイム近郊にてクラッシュした、との報道。

画像を見るとクルマは大破しているものの、重傷者や死亡は報じられておらず、よって人的被害は最小だったものと理解しています。

なお、フェラーリSF90ストラダーレはすでに発表・発売がなされ、納車も開始されているため、カモフラージュを施してまで何のテストを行っていたのかは一切不明。

見たところ外観は現行モデルと同じように見えるのでハードコアモデルの開発ではなさそうですが、もしかするとハイブリッドシステムのアップデートや新型バッテリーのテストを行っていたのかもしれませんね。

Ferrari-SF90 (3)

幸いにもすぐに鎮火

現地メディアによると、このフェラーリSF90ストラダーレは最初に道路脇のガードレールに衝突し、その後(おそらくスピンする形で)何度かガードレールにぶつかりながら停止した、とのこと。

そして何らかの理由にてバッテリーパックから出火したそうですが、幸いにもすぐに鎮火できた、と報じられています(たしかに車体が燃えたようには見えない)。

Ferrari-SF90 (7)

ただ、現地消防隊にとっては「ハイブリッドカーの火災は初体験」だったそうで、これについては現在世界中で問題として提起されているとおり、「自動車メーカー主導での訓練」が必要となるのかも。

ハイブリッドカー、そしてEVの火災はガソリンなど可燃物の引火とはまったく異なる性質を持ち、そしてその構造も従来の自動車とは異なるために「予期し得ない危険性」が存在することになりますが、それらについては当然ながら消防にて予め把握することは難しく、よって自動車メーカー側が「想定しうる事例、そして想定し得ないが起こりうる可能性、そもそもの構造や発火の原因と特性」についても講習を行う必要がある、ということですね(消防隊員に被害が出てからでは遅い)。

Ferrari-SF90 (6)

国がEVを推進するのに対して消防署は「EVの事故や火災に対する対処法が不十分」。このままEVが増加すると現場が対応しきれなくなることに

「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務この記事のもくじ「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務実際にEVの火災は少なくはない中国製バッテリーは危険性をはら ...

続きを見る

現在世の中では急速に電動化が進められているものの、まだまだ走行時や充電時のバッテリー制御はもちろん、事故を起こした際の安全確保については「発展途上」であり、そういった事例がないまま、さらに危機管理のノウハウを構築する余裕がないままに「電動車を売るべし売るべし」という各国政府の対応にはちょっと疑問が残ります。

Ferrari-SF90 (4)

ポルシェ・タイカンのメーター
EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ |この記事のもくじ| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車 ...

続きを見る

コクピットには各種計測器も

そして話をフェラーリSF90ストラダーレに戻すと、コクピットの中には各種計測器(のモニター)があり、様々なデータの取得中であったこともわかります。

ちょっと驚いたのはエアバッグが展開していないことで、フロントの破損状況を見るにエアバッグが展開して然るべき事故だとは思いますが、なんらかの理由にてエアバッグが開かなかったのか、もしくはプロトタイプならではの理由にてエアバッグが作動しなかった(だとしたら、試作車のドライバーはけっこう命がけだな・・・)のかもしれません。

Ferrari-SF90 (2)

フェラーリSF90ストラダーレのプロトタイプがクラッシュした現場の動画はこちら

合わせて読みたい、EVの火災関連投稿

EVは燃えだすと手がつけられない!中国にて、駐車中の電動バスが突如発火、次々4台が燃え尽きる
【動画】EVは燃えだすと手がつけられない!中国にて、駐車中の電動バスが突如発火、次々4台が燃え尽きる

| ここまでの勢いで燃えるのはやはり電気自動車ならでは |この記事のもくじ| ここまでの勢いで燃えるのはやはり電気自動車ならでは |さらには炎の勢いが強すぎて隣のゴミ箱まで燃えてしまう最初は何事もなか ...

続きを見る

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |この記事のもくじ| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |ヒュンダイ・コナ・エ ...

続きを見る

シボレー・ボルトの火災
シボレー・ボルトが「燃える」可能性にて全数リコール!シボレー「ガレージに置かないよう」「他の車と15m間隔を開けて駐車して」「充電中は目を離すな」。今後誰も買わなさそうだ・・・

| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を認めたとなると今後の販売はかなり苦しいだろう |この記事のもくじ| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を ...

続きを見る

参照:Einsatz-Report24

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5