ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■新型車・スパイフォト・ウワサなど 中東の自動車メーカー

【動画】5000馬力、最高速515km/hのハイパーカー、デヴェル・シックスティーンがイタリアにて公道テスト中!まさか本当に発売することになるとは・・・。

投稿日:

【動画】5000馬力、最高速515km/hのハイパーカー、デヴェル・シックスティーンがイタリアにて公道テスト中!まさか本当に発売することになるとは・・・。

| さすがにこのトンデモスペックだと計画倒れになるんじゃないかと考えていたが |

14年かけてここまで来たデヴェルの執念は評価せねばなるまい

さて、2008年に「5000馬力のハイパーカーを発売すること」を目標にかかげ開発がスタートしたデヴェル・シックスティーン。

このクルマを開発しているのはドバイ拠点の企業「Defining Extreme Vehicles Car Industry LLC(この略がデヴェル=Develなのだと思われる)」で、名称が示すとおり「16気筒」エンジンを積んでいることが最大の特徴です。

これまでにもときどきその開発状況等が公開されており、しかし今回、立て続けにサーキットでの走行動画、公道での走行動画が公式にてアップされ、どうやらイタリアにてテストが行われているもよう。

1

なぜイタリア?

なぜドバイの自動車メーカーのクルマがイタリアに?ということについてですが、イタリアにはいくつか小規模カロッツェリアがあり、こういったハイパーカーの開発を請け負うところも多数存在します。

有名ドコロだとマニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT)が存在し、ここはランチア・ストラトス復刻版「ニューストラトス」、そして和製ハイパーカー「アスパーク・アウル」の開発や生産を行うことでも知られていますね。

2

アスパーク・アウル
世界最速、3.6億、車高99cm、2012馬力のハイパーカー、アスパーク・アウルが欧州と北米でも販売開始!大阪にもショールームをオープンさせたようだが

| 一度はアスパーク・アウルの実車を見てみたい |この記事のもくじ| 一度はアスパーク・アウルの実車を見てみたい |アスパーク・アウルはこんなクルマアスパーク・アウルは世界で最も速く、最もパワフルアス ...

続きを見る

はたしてデヴェル・シックスティーンはイタリアの公道を走行しているわけですが、開発中のスーパーカーが走行することが多いイタリアにおいても、さすがにこのクルマは周囲の目を釘付けにするのかもしれません。

3

コクピットはバブル形状を持っていて、真後ろとナナメ後ろは目視だとまったく見えない構造ですね。

4

デヴェル・シックスティーンはサーキットでも走行中

そしてこちらはサーキットでテストを行うデヴェル・シックスティーン。

ちなみにデヴェル・シックスティーンには「3種類」のバリエーションが存在し、ひとつは5007馬力を発生するサーキット走行専用モデル(V16)、そして公道走行が可能な3000馬力のV16モデル、そして1500馬力にデチューン(?)したV8モデル。

それぞれ価格は200万ドル、180万ドル、160万ドルという設定を持っていて、納車開始は開発完了から8ヶ月後だと言われます。

7

なお、このサーキットにてテストを行っているのはV8版とのことですが、どの程度まで馬力が出ているのかは不明です。

8

参考までに、このV8そしてV16エンジンはスティーブ・モリス・エンジンが開発したもので、ベースとなるのはシボレーのLS V8。

V8バージョンだとこれを1基、V16バージョンだとこれを2基連結して使用することになりますが、V16エンジンそのものについてはすでに完成していると言われ、しかし昨年、V16エンジンを積んだ状態でテストを行っていた試作車には(搭載を予定している)クワッドターボが装着されていなかったといい、まだまだ開発には時間がかかるのかもしれません。

9

搭載されるトランスミッションについては、V8とV16のロードカー版にはデュアルクラッチ(この高トルクに耐えることができるトランスミッションが存在するのか・・・)、V16エンジン搭載のサーキット走行専用モデルについてはレース用のトランスミッションが組み合わせられる模様。

そしてこのV16「サーキット走行専用モデル」については、最高速515km/hを達成する、という主張がなされています。

【動画】V8エンジンを2個くっつけてV16!ドバイ産ハイパーカー、デヴェル16の走りを見るがいい

| まさか本当にこのクルマにナンバーが付いて走るとは | 2017年のドバイ・モーターショーでデビューした「デヴェル・シックスティーン(DEVEL SIXTEEN)」。 エンジンはSteve Morr ...

続きを見る

デヴェル・シックスティーンが公道やサーキットにてテストを行う動画はこちら

合わせて読みたい、デヴェル・シックスティーン関連投稿

【動画】V16、5000馬力のデヴェル・シックスティーンが加速を披露。この速さでもスロットル開度は20%

| 出力は5007馬力、価格は2億2000万円 | 昨年のドバイ・モーターショーにて最新プロトタイプが披露されたハイパーカー、「DEVEL16(デヴェル・シックスティーン)」。 もとは2006年に計画 ...

続きを見る

ドバイ発、5000馬力のハイパーカー「デヴェル16」ついに発売!「顧客がクルマを選ぶのではなく、クルマが顧客を選ぶ」。1.8億なるもすでに納車2年待ち

まさか本当に発売するとは思ってなかった ドバイ発のハイパーカーというかなんというか、「5000馬力を超える」トンデモカー、デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)の市販バージョンがカナ ...

続きを見る

V16+4ターボ、5000馬力のデヴェル・シックスティーンは本当に発売されているのか?誰も見たことがないハイパーカーのナゾに迫る
【動画】V16+4ターボ、5000馬力のデヴェル・シックスティーンは本当に発売されているのか?誰も見たことがないハイパーカーのナゾに迫る

| 会社自体は2006年から存続、開発に13年をかけたというが |この記事のもくじ| 会社自体は2006年から存続、開発に13年をかけたというが |2019年に発売開始、納車待ち二年と言われるも、誰も ...

続きを見る

参照:Devel Sixteen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■新型車・スパイフォト・ウワサなど, 中東の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5