ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

【動画】はじめて「ホワイト」以外のランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が目撃される!ボディカラーによってずいぶん印象が異なるようだ

投稿日:

【動画】はじめて「ホワイト」以外のランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が目撃される!ボディカラーによってずいぶん印象が異なるようだ

| メタリックカラーはその印影が強く出るため、カウンタックLPI800-4のシャープなラインにはよく似合っている |

当時なかったカラーやペイントスキームを採用する新型カウンタックの登場にも期待したい

さて、おそらくははじめて「ホワイト」以外のボディカラーを持つランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が目撃。

これはスーパーカーストカーと名乗るユーチューバー、Varryx氏がYoutube上にアップしたものですが、そのボディカラーは「シルバー」。

ちなみにこのカウンタックLPI800-4は顧客に納車される車両を路上テストしているものだと思われ、同様に路上テストが行われるカウンタックにつき、これまでホワイトばかりだったのは「カウンタックLPI800-4のイメージカラーがホワイトだったので」そこに注文が集まったためだと思われます。

なお、カウンタックLPI800-4のイメージカラーがホワイトだったのは、ランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ自身が所有していたカウンタックが「ホワイト」であったためで、常々同氏は「カウンタックはやっぱりホワイトが一番」と語っていたようですね。

2022-02-26 23.08.43

【動画】ランボルギーニ創業者が乗っていたカウンタック!「カウンタックはやっぱり白であるべきだ」と語っていた模様

| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |この記事のもくじ| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |カウンタックは「ホワイトであるべき」クラシックカ ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4は112台の限定モデル

このランボルギーニ・カウンタックLPI800−4は、シアンFKP37をベースにした「ハイブリッドスポーツ」で、780馬力を発生するV12ガソリンエンジンと34馬力のエレクトリックモーターとの組み合わせにて4輪を駆動し(前後の駆動力配分は43:57)、車体重量は1,595kg、0−100キロ加速は2.8秒、最高速は355km/hというスペックを誇ります。

2022-02-26 23.07.57

その価格は約3億円という高額なクルマではあるものの、当然ながら限定台数112台がすべて完売済み(112台というのは、初代カウンタックのコードネームがL112だったことにちなんでいる)。

022-02-26 23.08.06

そして発表されたのがカウンタックのプロトタイプが発表された1971年から数えて50年後の2021年であり、そのメカニズムはもちろん、スタイリング的にも50年分の進化が詰まっているわけですね。

2022-02-26 23.08.11

オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった
参考オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった

| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |この記事のもくじ| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |自動車メーカーとしては戦略上「過去の焼き直し」も必要 ...

続きを見る

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4はこれから多彩なボディカラーが目撃されることになりそう

なお、この新型カウンタックLPI800-4を注文した人の大半はすでにカウンタックを所有しているといい、さらにその多くは自身のカウンタックと同じボディカラーを注文する傾向があるとも報じられており、今後は様々なカウンタックLPI800-4の姿を見ることができるのかもしれません。

2022-02-26 23.08.16

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |やはり「持っている人はもっている」  ...

続きを見る

この「シルバー」については、(当時流行っていたのか)25thアニバーサリーあたりに多く見られるカラーだという印象を持っていますが、もしかするとこの個体のオーナーさんはカウンタック25thアニバーサリーを所有しているのかも。

2022-02-26 23.08.58

ちなみにカウンタックLPI800-4に用意されるボディカラーは「(当時のカウンタックに用意されていたボディカラーなどを中心に)基本」で33色が用意されると言われ、しかしもちろんこれら以外のボディカラーを選ぶことも可能であり、シアンFKP37同様に「グラデーション」「塗り分け」を指定する顧客もいそうですね。

2022-02-26 23.09.03

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4に用意されるカラーは最低でも33色!ヘリテージカラーから現代風のカラーまで勢揃い
新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4に用意されるカラーは最低でも33色!ヘリテージカラーから現代風のカラーまで勢揃い

| カウンタックあLPI800-4はどのボディカラーを選んでも間違いはないようだ |この記事のもくじ| カウンタックあLPI800-4はどのボディカラーを選んでも間違いはないようだ |ただしボクなら伝 ...

続きを見る

今回の動画を見るに、シルバーはけっこう陰影がしっかり出ているようで、カウンタックLPI800-4のデザインを引き立てるカラーの一つだともいえそう。

2022-02-26 23.09.10

そう考えると、ダーク系のメタリックカラーもけっこう似合うと考えられ、これから製造される顧客スペックのカウンタック、そしてそのスパイビデオにも期待したいところです。

2022-02-26 23.09.20

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4のテスト風景を捉えた動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=BOesRyFTWfI

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

「新型」ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が「初期型」カウンタックLP400、「最終型」カウンタック25thアニバーサリーと走る!これ以上の光景はないな・・・。
「新型」ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が「初期型」カウンタックLP400、「最終型」カウンタック25thアニバーサリーと走る!これ以上の光景はないな・・・。

| この3台はすなわちランボルギーニの歴史をあわらしている |この記事のもくじ| この3台はすなわちランボルギーニの歴史をあわらしている |こうやって見ても新型カウンタックは「やっぱりカウンタック」ラ ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5