ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLFAの「V10」対決!勝敗抜きでその快音に酔いしれようぞ

投稿日:

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLFAの「V10」対決!勝敗抜きでその快音に酔いしれようぞ

| 今や「超希少種」のV10同士のドラッグレース |

以外やレクサスLFAのエンジンほうがレブリミットが高かった

さて、ユーチューバー「スロットルハウス」がランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLFAという「V10対決」動画を公開。

V10エンジンはV8やV12に比較するとあまりメジャーではなく、現行モデルでは「ランボルギーニ・ウラカン」「アウディR8」、そして過去にはこのレクサスLFAのほか、ポルシェ・カレラGT、ダッジ・バイパー、BMW M5(E60)、アウディRS6といったモデルが存在しています。

ただ、V10は排気干渉が少なく、かつ1気筒あたりの排気量が(V8の同排気量に比較して)小さくなるため高回転化しやすく、さらには爆発間隔(パルス)が人の感覚にとって「心地よい」とも言われ、サウンドに優れるエンジンだという評価も得ていますね。

レクサスLFAはこんなクルマ

そこでまずはレクサスLFA。

説明不要の粋に達していると思いますが、搭載されるのは専用に設計された4.8リッターV10(1LR-GUE)、出力は560馬力/8700RPM。

トランスミッションは6速セミAT(ASG)、駆動方式はFR、車体重量は1580kgです。

車体構造やボディパネルにはカーボンファイバーを多用し、各部に妥協のない設計を持つものの、究極のパフォーマンスよりも「扱い安さ」を考慮してフロントエンジンというレイアウトを採用し、0-100km/h加速における公称値は3.6秒。

ちなみにLFAとは「レクサス Fスポーツ・アペックス」の略(コンセプトカー時はレクサス・フューチャー・アドバンス)。

4

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか
レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

| 当時、トヨタが「官能的なクルマを作った」と言っても誰も信じるものはいなかった |この記事のもくじ| 当時、トヨタが「官能的なクルマを作った」と言っても誰も信じるものはいなかった |しかも価格はフェ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTOはこんなクルマ

そして迎え撃つはランボルギーニ・ウラカンSTO。

640馬力(8000RPM時)を発生する5.2リッターV10エンジンをリアミッドに搭載しトランスミッションは7速デュアルクラッチ、後輪のみを駆動し、車体重量(乾燥時)は1339kg、0-100km/h加速は3.0秒というスペックを持っています。

このウラカンSTOは、ランボルギーニが「ウラカンGT3」「ウラカンGTE」といったレーシングカーにてモータースポーツに参戦してきた経験を市販車へと反映させたというコンセプトを持ち、STO=スーパートロフェオ・オモロガータ(ウラカンのレーシングバージョンであるスーパートロフェオの公道ホモロゲーション取得マシン)という名の通り、公道を走るレーシングカーだという位置づけを持つモデルでもあります。

3

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニ ウラカンSTO正式発表!文字通り公道を走行できるレーシングカー、ボディパネルの75%がカーボン製。お値段は4125万円

| 思ったよりもずいぶん過激な仕様で発表 |この記事のもくじ| 思ったよりもずいぶん過激な仕様で発表 |ランボルギーニ・ウラカンSTOは後輪駆動ウラカンSTOはまさに競技用車両の公道版ランボルギーニ・ ...

続きを見る

実際にドラッグレースを走ってみたらこうなった

そこでレクサスLFAとランボルギーニ・ウラカンSTOとが実際にドラッグレースを走ることになりますが、レクサスLFAは現在非常に高価なクルマとなっており、搭載されるトランスミッション(ASG=オートメーテッド・シーケンシャル・ギアボックス)はクラッチが損耗しやすく、よって今回のレースでは両車とも「ローンチコントロール不使用」にて走ることに。

なお、ASGは「マニュアル・トランスミッションのクラッチを油圧アクチュエーターが自動にて切断・接続する」もので、ロボットクラッチ、シングルクラッチ、セミAT等と表現され、90年代のスーパーカーに多く見られたシステムです。

6

そしてまずは一発目のレースだと、スタートからゴールまでレクサスLFAの圧勝。

どうやらウラカンSTOの変速がうまくゆかず、オートモードで走ったものの、なぜかレッドゾーンのかなり手前でシフトアップしてしまい、パワーを引き出せていないようですね。

1

ただ、2回めのドラックレースではウラカンSTOのトランスミッションが問題なく作動してウラカンの圧倒的勝利。

5

動画では速度やタイムについて言及はなく、しかしこの両者については純粋に「サウンド」「走る姿」を楽しめればそれで満足できると思いますし、そもそもの設計意図からするとレクサスLFAは「過激な加速を楽しむ」モデルでもなく、ストイックに速さや勝敗を追求するのもナンセンスなのでしょうね。

ちなみにですが、レクサスLFAのエンジンのレブリミットは9000回転、そしてウラカンSTOでは8500回転なので、レクサスLFAのほうが「高回転型」ということを意味します(そして、同じV10でも意外と両者のサウンドは異なるようだ)。

2

レクサスLFA、ランボルギーニ・ウラカンSTOという「V10対決」動画はこちら

合わせて読みたい、レクサスLFA/ランボルギーニ・ウラカンSTO関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンSTOで最高速にチャレンジしたユーチューバーあらわる!レブリミットまで500回転を残して公称値を13km/h上回る
【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOで最高速にチャレンジしたユーチューバーあらわる!レブリミットまで500回転を残して公称値を13km/h上回る

| ランボルギーニ・ウラカンSTOは各方面で絶賛中。すでに最高のウラカンだと認められつつあるようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンSTOは各方面で絶賛中。すでに最高のウラカンだと認めら ...

続きを見る

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとアヴェンタドールSVJの「ハードコア対決」!ウラカンSTOはニュル王者にどこまで食い下がれるのか
【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとアヴェンタドールSVJの「ハードコア対決」!ウラカンSTOはニュル王者にどこまで食い下がれるのか

| パワーウエイトレシオが同じくらいなら4WDに利点があるというセオリーがそのまま反映されることに |この記事のもくじ| パワーウエイトレシオが同じくらいなら4WDに利点があるというセオリーがそのまま ...

続きを見る

レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に
レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に

| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージとで大きな差はないようだ |この記事のもくじ| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルク ...

続きを見る

参照:Throttle House

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ランボルギーニ
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5