>ブガッティ(BUGATTI) ■服や小物、時計、雑貨など

ブガッティがアルマーニとコラボ。最高の素材を用いたバッグやアパレルを展開

投稿日:2016/07/05 更新日:

| 「究極」どうしのコラボレーション |

ブガッティとジョルジオ・アルマーニとがコラボし、バッグやアパレルを発売する模様。
”Giorgio Armani for Bugatti”シリーズと命名され、メンズ向けに(車同様)究極の豪華さを提供するようです。

コレクションは今年の秋冬物からスタートし、カシミアセーター、レザージャケット/ブルゾン、カーフスキンのスニーカー、”ヴェルベットのようにスムーズな”ジーンズなどを発売。

バッグだと旅行用のものからブリーフケースなど様々なサイズを用意するとのことですが、やはり最高の素材を使用し、ブガッティのグリル形状(ホースシュー)を模したものとなるようですね。
ほか、財布やベルトなどの小物類も揃うとのことで、先に展開が発表されたブガッティ・ブティックで購入できるものと思われます。

なおアルマーニと自動車業界とのコラボだと、メルセデス・ベンツとのコラボにて「メルセデス・ベンツCLKデジーノbyジョルジョ・アルマーニ」、べスパとのコラボにて「ベスパ946 エンポリオ アルマーニ」がありますね。

ブガッティ関連投稿

ブガッティがドバイに世界最大級ディーラーをオープン。やはり「スーパーカー通り」での展開

ブガッティがドバイに2,600平方メートルもの敷地を持つ世界最大規模ショールームをオープン。
先日「世界最大」としてオープンしたランボルギーニディーラーの1/10ほどのサイズにはなりますが、ブガッティは現在「1車種しかない」こと、そんなに展示車を用意できないことを考えると当然ともいえるサイズです。

入り口は馬の蹄鉄の形をしており、ショールーム内部の調度品も最高級。
ブガッティはロンドンにも大きなショールームをオープンさせているほか、アルマーニとのコラボによって展開するアパレル(ジャケット1着300万円、など異常な価格)などを扱うライフスタイル系のショップを展開するとしていますが、今回のドバイのショールームには今のところアパレルなどは置いていないようですね。

なおロンドンは「世界で最も」ブガッティを売る地域とされており、しかしそのロンドンの顧客の多くも中東の人だと思われ、中東の人がロンドンの別宅に保管しておくのにブガッティ(ヴェイロン/シロン)を購入するのだと思われます。
今回はドバイに新しくブガッティ・ディーラーがオープンしたことになりますが、それはそれで「ドバイの本宅用に」こちらで別にブガッティを購入するのかもしれません。

このブガッティ・ディーラーがオープンしたのはシェイク・ザイード・ロードで、ここはランボルギーニ、マクラーレン、レクサス、アウディ、ポルシェ、ベントレー、インフィニティなどの正規ディーラーの他、スーパーカー/エキゾチックカーを扱うディーラーが軒を並べる通り。
改めてドバイを訪問する機会があるとは思いますが、その際にまたスーパーカーディーラーなどまとめて行ってきたいと思います。

ブガッティがドイツに4店舗目のショールームをオープン。シルバーのシロンが展示

ブガッティがドイツに4店舗目のショールームをオープン。
これはアパレル や家具を扱う「ライフスタイル・ブティック」としての機能も兼ねたもので、現在のところミュンヘンと東京のみで展開予定。

おしゃれな造りで数々のアパレルが販売されていますが、こういったアパレルはどういった人が購入するのか不明。
オーナーが購入するのか非オーナーが購入するのかということですが、オーナーのみを対象とすると販売できる数量が少なすぎますし、非オーナーだとそもそも店舗には入りづらそうです。

なおドイツはブガッティの市場として10%しかないとのことですが、やはり北米と中東が大半を占めるのかもしれません。

ブガッティが「ライフスタイル・ブティック」をオープン。東京にも開業予定で合計30店舗ほどを計画中

ブガッティが「ライフスタイル・ブティック」をオープン。
ロンドンはナイツブリッジにオープンさせたそうですが、ブガッティではあと30件ほどオープンの予定があるそうです。
2016年には北米、東京、ミラノ、パリ、ドバイ、ドーハにも開業の予定ということですが、ブティック単体でモトが取れるのかは不明で、宣伝を主な意図としているのかもですね。

なお、ストアではブガッティのオーナーのみを対象としたビスポーク製品もあるそうで、かなり高価な品揃えになっていそうです。

Bugatti-Chiron-5

ブガッティがロンドンにシロン専用ショールームをオープン。「世界一ブガッティを売った」セールスも在駐

bugatti-uk-showroom (2)

ブガッティがシロン専用のショールームをロンドンにオープン。
これはメイフェアにある高校球ショッピングゾーンとのことで、2006年からブガッティの正規ディーラーを行っている会社によって運営されているようです。

なお、この会社は世界で最もヴェイロンを売ったディーラーの一つで、65のヴェイロンを売り、シロンについても15台をすでに受注。
ロンドンは「地の利」もあり、中東からのオーナーも多いのかもしれませんね。

このディーラーのセールス、Anita Kriszanさんは世界で最もヴェイロンを売るセールスとして有名で、1年で11台のヴェイロンを販売したことがある、とのこと。
なお欧米のディーラーはコミッションを大きく取る傾向にあるので、おそらく本人も相当な収入を得たものと思われます。

bugatti-uk-showroom (3)

今回オープンしたショールームはブガッティの哲学が遺憾なく発揮されており、カーボンとレザーを多用した家具などシンプルかつ機能的なつくりが見られます。
ブガッティは先日アルマーニとのコラボにてアパレルを発表していますが、画像を見るとまだそれたの展示はないようですね。

香港にもブガッティのショールームがあり入ろうとしたことがあるのですが、イカツイ警備員のような人に一瞥されて萎縮してしまい、結局入れなかったことを思い出します。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■服や小物、時計、雑貨など
-,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5