>ポルシェ(Porsche)

ポルシェがマカン・ターボ向けに+40馬力を獲得できるオプション「パフォーマンスパッケージ」設定

投稿日:2016/09/20 更新日:

ポルシェがマカンのトップグレード、「マカン・ターボ」向けにオプションとしてパフォーマンスパッケージを追加。
もともとの440馬力3.6リッターV6ツインターボをさらにパワーアップさせ、480馬力にまで出力を増強することで0-100キロ加速は0.4秒速くなって4.4秒に。
ただしこれは新車注文時でないと選べないようです。

内容としてはエンジンをパワーアップさせるだけではなくブレーキローター径はフロントで30ミリ拡大。
車高は15ミリダウンし、エアサスの場合は10ミリダウン。
スポーツクロノとスポーツエキゾーストも同時提供される模様。

外観と内装では21インチサイズの911ターボホイール、PDLS(ポルシェ・ダイナミック・ライト・システム)プラス、ブレックレザーとアルカンターラ、カーボントリムなどが装備される、とのこと。

今のところは英国のみの販売ですが、そのうち各国へとこのオプションが拡大適用されるかもしれませんね。

関連投稿:ポルシェ・マカン・ターボとBMW M2がサーキットにて対決。その結果やいかに

名称未設定-1

BMW M2とポルシェ・マカン・ターボとがサーキットで対決する動画。
常識で考えるとマカン・ターボはBMW M2に敵いそうにありませんが、タイムを見るとM2が46.1秒、マカン・ターボが46.7秒とけっこう接近した結果に。

なおポルシェはSUVといえどもサーキット走行性能を重視しており、カイエン登場時も「縁石を積極的に踏むなどスポーツモデルとは異なる走り方も出来る」としてカイエンとサーキットとの親和性をアピールしていましたが、マカンも同様になかなかの運動性能を持っていることになります。

両車を比較するとポルシェ・マカン・ターボは3.6リッターV6ツインターボで400馬力を発生し、BMW M2は3リッター敕ターボで370馬力を発生。
もちろん重量差(マカン・ターボは1925キロ、M2は1570キロ)はありますが、マカンは大きなトルクが有効に働いたとも考えられますね。

同じポルシェだと718ボクスターの0-100キロ加速が5.1秒、マカンSの0-100キロ加速は5.4秒。
これがマカン・ターボになると4.8秒(ボクスターSは4.6秒)なので、SUVといえどもいかにマカンの加速性能が優れるかがわかります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5