>フォード(FORD)

ヘネシーがフォードF-150ラプターを6輪化。”ヴェロキラプトル”の誕生だ

投稿日:2016/10/14 更新日:

世界最高速を誇るヴェノムGTでおなじみのヘネシーがフォードF-150ラプターを6輪化。
「ヴェロキラプトル」と命名されLEDライトバー、20インチサイズのホイール、オーバーフェンダー、リフトアップされたサスペンション、ランプ内臓のフロントバンパーなど大迫力で価格は3000万円を予定している、とのこと。

6輪というとメルセデス・ベンツG63 AMG 6x6が有名ですが、そちらは価格8000万円なのでこのヴェロキラプトルはまだ割安とも言えますね。
なおメルセデス・ベンツG63 AMG 6x6は中東の人にも大人気ですが、6輪=セレブという図式が今後成り立つようになるのかもしれません。

なお先日は中国企業がジープ・ラングラーを6輪化した車両を公開していますね。

関連投稿
イケてるじゃないですか。中国チューナーがジープ・ラングラーを6×6化する

関連投稿:ヘネシーがカマロをハードチューン。Z/Z28は800馬力、ZL1は850馬力に

スクリーンショット 2015-08-22 16.29.41のコピー

ヘネシーがカマロのエンジンにスーパーチャージャーをドッキングさせ、Z/Z28を505馬力から800馬力、ZL1を850馬力へチューン。

なんともアメリカらしい広大な空港を舞台にしての加速競争を行っていますが、ドライバーもいかにもアメリカ的。
欧州とも日本とも異なる大らかさがなんとも面白いと思います。


関連投稿:どうチューンする?ヘネシーがアキュラNSXのカスタムに意欲を見せる

2017-Acura-NSX

アキュラ(ホンダ)NSXが発表となり、そのうちデリバリーが開始されると思われますが、かなり多くのチューナーがカスタムを手がけることが予想されます。
ハイブリッドなので手を出しにくい部分もあり、エンジンのみをパワーアップするとモーターとのバランスが崩れ、どこかに負担がかかりそうなのでとにかくチューンは難しそうですね。

その中でもヘネシーが早速カスタムを行うようですが、内容としてはターボを交換しエキゾーストシステムとインタークーラーもアップグレードする予定、とのこと。

SXのGT3車両はレギュレーションの関係で後輪駆動となりますが、チューナーによってはハイブリッドシステムを取り払い後輪駆動化するところも出てくるかもしれない、と考えたりします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5