>フォード(FORD)

新型フォードGTのカタログが公開に。あわせてこれまでの抽選~当選過程まとめ

投稿日:2016/10/25 更新日:

jay6eop2oef7odrrdaka

Jalopnikにて、新型フォードGTのカタログが公開に。
これはフォードGTの購入を申し込み、かつ当選した人にフォードから送られてくるもの、とのこと。
カタログというよりはオーダーガイドのようなもので、注文の方法から納車まで(およそ9ヶ月かかる模様)を記載していますね。

なお下記にフォードGTの購入に関する記事をまとめています。

人気DJ、デッドマウス(Deadmou5)氏がフォードGTの購入権を獲得。
フォードから連絡が来たことを自身のツイッターで公開しています。
先日はフォードから来た「落選の通知」が(事前にかなり煽ったことを考えると)ショボものであるを
お伝えしましたが、同時にフォードGT40のオーナーが当選した、ということも。

当選者が有名人や既存VIP顧客ばかりのように見えるのはそういった人々の発信力が高いからだとは思いますが(一般人が発信したところで誰も気づかない)、やはり車好きで知られる有名人の当選確率は高いのかもしれません。
この分だと同じように車好きで有名なアフロジャック氏も(応募していれば)当選しているかもしれませんね。

もちろんフォードとしては発信力のある人に乗ってもらい、納車後も情報を拡散してもらった方がブランディング上有用なわけで、そう考えると著名人を当選させるのも理解できますね。
ただ、デッドマウス氏は今までに乗ってきたフェラーリ458やランボルギーニ・ウラカンを「ニャンキャット仕様」にしたり、それでフェラーリからはクレームがついたりしていますので、フォードにとっても「諸刃の刃」かもしれませんね。

01-2017-ford-gt-white-detroit-1

フォードGTは販売方法が抽選であり、最初の500台に対して13倍もの6,506人もが申し込みを行ったことが話題に。
なおフォードはこの車をコレクションとするのではなく実際に乗って欲しいと考えており、「乗ってくれる」人を優先するとしたことでこれまた多くの人が「いかに自分が優れたドライバーであるか」を動画などでアピールする事態となっています。

ですが、ついにフォードはその応募者の選別を終えたようで、選に漏れた6,006に対して連絡を行った模様。
その「お断り」の文章がネット上に公開されていますが、内容は下記の通り。
ちょっと淡白かとも思いますが、フォードほどの大企業で、かつ6000人を相手にするとこれも仕方がないか、という感じですね。

この度はフォードGTの購入に興味を示していただき、誠にありがとうございます。
お客様が新しいフォードGTのパッションとパフォーマンスに共感していただけることには興奮を覚えています。
お客様のような愛好家からの要望は生産数量を大きく超えており、残念ながら今回はお客様のご要望を満たすことができません。
フォードGTは2年のみの生産であることが決まっており、もし増産が決まるようなことがあればお知らせいたします。
一方、お客様におかれましては今後も私どものウエブサイトにて情報を確認いただけますと幸いです。
再度になりますが、私どもの新しいスーパーカーに対する情熱には御礼申し上げます。
フォードGTチームより

なお、こちらは見事当選した人。
フォードGT40をバックにフォードのTシャツ、というフォード愛溢れる人ですね。
おそらくは応募もこの様子でフォード愛をアピールしたものと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5