>フォード(FORD)

キッズ用マスタングが発売に。トラクションコントロール、タッチパネルも装備し価格は4万円

投稿日:2016/11/30 更新日:

ford

先日はマクラーレンがキッズ用電動P1のプロモーション動画を公開しましたが、今回はフォードが乗用マスタングのプロモーション動画を公開。
これは「パワー・ホイール・スマート・ドライブ・マスタング」という商品名でピンクとブルーのラインアップ。
つまり女の子向けにもラインアップされているということですが、このあたりアメリカっぽいですね。

走行中は実際のV8サウンドを発することができ、これは速度に合わせて音量も上がる仕組み。
さらにはポータブルオーディオプレーヤーを接続して音楽を流す頃も可能とのこと。

タッチスクリーン式のコントロールパネルを備え、ドライバーのスキルに合わせて最高速度を1.6キロから8キロの間に設定できるのも特徴で、転倒や危険な状況を察知すると電力をカットするセーフティ機能も装備。
更にはトラクションコントロールも持つなど本格的な内容ですが、価格は4万円程度とマクラーレンの「5万円」にくらべるとかなり安価な設定(最高速度もこちらのほうが速い)となっています。

関連投稿

VWがゴルフGTIっぽい本気のベビーカー発売。日本先行で予約受付開始

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gti.jpg です

フォルクスワーゲンが「GTIベビーカー」を発売。
GTIはもはやひとつのブランドと言えるまでに成長していますが、そのGTIのデザインをいかんなく発揮した仕様に。
外観はレッドとブラック、そしてシートに採用されるチェックが採用されています。
動画も公開されており、その内容はドイツ語ですが、なぜかフォルクスワーゲン・ジャパンが予約受付を開始

製造はドイツのベビーカーメーカー「knorr-baby」で、実車同様のGTIホイール(切削加工っぽいデザインも再現)、GTI「クラーク」チェックファブリック、GTIハニカム、GTIの実車のステアリングホイールに採用されるステッチが用いられています。

フレーム重量は9.6キロ、キャリーコットは5.4キロ、スポーツシートは5.35キロ。
折りたたみサイズは90 × 46 〜 104 × 112cmというスペック。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gti4.jpg です

その他の機能としては下記の通り。

・GTIチェック、ハニカム柄デザインのキャリーコット
・快適さを保つメッシュ窓付き
・角度調節可能なハンドル
・角度調節可能なスポーツシート
・フットカバー付き
・安心のロック、ブレーキ機能
・安定性をサポートするサスペンション
・取り外し可能なショルダーバッグ付き

メルセデスが子供用AMG GTを発売。1000台限定、フラットボトムステアリングにLEDライト採用

メルセデス・ベンツがキッズ向けに電動乗用玩具を発売。
AMG GTを模したものですが、メルセデス・ベンツはこういった乗用玩具を20年ほど発売しているそうで、今回のAMG GTで5世代目。

ステアリングコラムは調整式で(ステアリングホイールはちょっとだけフラットボトム)メッシュデザインのホイール装備、シートはクッション入り、LEDヘッドライト装備と本格的で、先日公開されたマクラーレンP1の乗用玩具ほどではありませんが(そちらはダンパー付きのディヘドラル・ドアを備えている)、なかなかの精巧な作り。

なお実際のメルセデスAMG GTにおいて発表時のイメージカラー「サンビーム(イエロー)」は70万円ほどの高価なオプションでしたが、このキッズ用AMG GTにおいてはシルバーとの価格差はないようですね。
なおこのAMG GTは限定販売となり、1000台のみの生産、とのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5