>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがDB4 GTを「新車で」製造。当時70万円→現在1億2000万円

投稿日:2016/12/17 更新日:

ジャガーが「当時、諸事情で予定した台数を生産できなかった」XKSSを現代に入って生産し大きな成功を収めていますが、アストンマーティンも同様にDB4 G.T.の生産を「再開」すると発表。
これによると1959年に75台のみ生産されていたDB4 G.T.に25台を2017年に追加する、とのこと。
当時の新車価格はおよそ70万円ほどですが、当然貨幣価値の異なる現代では1億2000万円のプライスタグを提げることに。

なお製造にあたっては当時の設備がないため「ゼロから」開始するため金型、治具までも新規に生産する必要があるそうです。
エンジンも当然当時のままの6気筒(ウェーバー製ツインチョークキャブレター)を新たに設計し、当時と同じ331馬力を発生する模様。
トランスミッションは4速ギアボックスを採用し、LSDも装備するなど「どこまでも」オリジナルに忠実。
ボディはアルミ製チューブラーフレームにアルミ製のパネルと組み付ける構造で、これも当時と同じ製法だそうです(ただし精度の計測には最新のデジタル機器を使用)
ただ残念ながらこの車は公道では走行できないとのことで、しかし代わりにFIA規格に準拠したロールケージ、シートベルト、消火器などを装備し、ヒストリックカー・レースなどに出場できる、とのこと(さすがにこの車で走るのは相当な勇気が必要になりそうですが)。

ちなみにこの「追加モデル」のシャシーナンバーには当時製造されたDB4 GTから続くナンバーが振られるとのことで、名実ともに当時のDB4GTと同じシリーズと考えることができそうですね。

現在はヴィンテージカー/クラシックカーブームなので、こういったビジネスは今後盛んになってくるのかもしれません。

関連投稿
ジャガーが1954年モデルXKSSを「新車」として製造販売。当時と同じ工法にて9台のみ製造

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5