>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

こんなコンセプトカーもあった。レクサスらしくないレクサス「ジウジアーロLandau」

投稿日:2017/01/17 更新日:

レクサスによる1994年のコンセプトカー、「Landau(読みは”ランドー”?)」
これは当時のレクサスGS(トヨタ・アリスト)をベースにイタルデザインがAWDハッチバック化したものということですが、かなり奇妙な外観を持っており、現在のレクサスの印象からすると「レクサスとはパっと見で認識できない」デザインを持っていますね。
※そういえばアリストもイタルデザイン(ジウジアーロ)なので当時はレクサスと密接なつながりがあったと思われる

エンジンはGSそのままの4リッターV8で249馬力を発生。
トランスミッションはATで、駆動方式は上述のとおり4WDとなります。

GSをベースながらも60センチも長さを切り詰めることでCセグメントつまりコンパクトハッチのサイズまで縮小しており(たしかに画像を見てもリアシートの後ろはほぼ空間がない)、しかしルーフを5センチ高くすることで車内は広く使えるというのが最大の特徴。
車体短縮のためにガソリンタンクはリアシート下に移動しているとのことですが、意外に手の込んだコンセプトカー、ということになりますね。

なおコンセプトモデルの名称「Landau」は19世紀に主に使用された馬車の形式で、2馬だての4輪を持つ豪華仕立ての馬車を指す、とのこと。
現在の自動車のボディ形状の多くは馬車に由来しており、クーペ、セダン、コンバーチブル、ロードスターなどは馬車由来ではありますが、このLandauはボディ形状として一般化しなかった、もしくは生き残れなかったということになりますね。

参考までにレクサスには「Landaulet」としてレクサスLS600hの特別仕様車が存在し(製造はベルギーのコーチビルダー)、これは2011年、モナコ皇太子の結婚式に使用されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5