>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■そのほか車関連のネタなど

叔父が亡くなり「無価値」なコレクションを受け取ることに。しかし実際は・・・

投稿日:2017/04/04 更新日:

幸運は突然やってくる

redditにて、とんでもない幸運が舞い込んだ男性が話題に。
これによると(男性はおそらく少年)、10年ほど連絡を取っていなかった彼のおじが亡くなり、彼におじの「コレクション」が託されることになった、とのこと。
そして彼の両親はおじのことを「生涯を車を買うことに費やしたバカな独身」といつもいい続け、そのコレクションについても「無価値」と断じているようです。

叔父のコレクションはあまりに価値の高いものだった

なお、その少年がアップした画像が「おじの弁護士から受け取った」遺書ですが、それによるとおじから引き継いだ車とは下記の通り。

1964年 コルベット
1967年 ポルシェ912
1968年 アルピーヌA110
1969年 ジャガーXKE
1971年 ダットサン240Z
1972年 ランボルギーニ・エスパーダ
1973年 マセラティ・ギブリ
1974年 BMW2002
1977年 ポルシェ911ターボ
1980年 フォード・ブロンコ
1985年 ポルシェ928S
1987年 BMW M3
1995年 ポルシェ911カレラ4S
2000年 フェラーリ550

なんとこれだけの車が一気に少年の所有となるわけですが、コンディションは不明であるものの相当な財産であることに間違いはなく、「なんという幸運」という感じですね。
おそらくは裕福な一族と思われ、これらを保管するのに苦労はなさそうですが、これらを「無価値」と考えている彼の両親を納得させるのに一番の労力が掛かりそうです。

この中だと「ブロンコ」だけが特殊ですが、これはそのおじが「足」として乗っていたものかもしれませんね。

関連投稿

スイスの古城から希少価値の高いクラシックカーが大量に発見される。いったいなぜ?

ぼくらを魅了してやまない、「長年放置された車が納屋で発見された」という現象。
実際は納屋であったり小屋であったり山の中であったりしますが、そこには「放置されることになった」背景や、「それを見つけけて蘇らせる」人たちのドラマがあり、そういった「車にまつわるストーリー」がぼくたちの好奇心を掻き立てるのだと思います。

多くの場合は「持ち主が人知れず亡くなった」ケースばかりで、遺品の整理をしていたらクラシックカーが出てきた、というもの。
ほかには「工事を始めたら地下に隠し部屋があって、希少価値の高い車が隠れていた」というものも。

ただし今回のケースは非常に稀な例で、なんと「スイスにある豪華な城の中から程度のいいクラシックカー(ヴィンテージカー)が大量に見つかった」という案件。

1958年製メルセデス・ベンツ300SLロードスター(これは1億円はくだらない)、1921年製ロールスロイス・シルバーゴースト(これもやはり1億円くらい)を筆頭に1934年製ロールスロイス・ファントムⅡ、ランボルギーニ・エスパーダ、マセラティ・ギブリSS、アストンマーティンV8ヴォランテ、メルセデス・ベンツ500SLC、ジャガーE-Typeなど歴史的な名車が勢揃い。

今回は発見された経緯などが報じられていないのが残念ですが、これらはすべてオークションに出品される、とのこと。
おそらくレストアせずに販売されるのだと思われ、しかし画像を見ると素晴らしいコンディションですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連, >フェラーリ(Ferrari), >マセラティ(Maserati), >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5