>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツがGLC 63/GLC 63クーペ/GLC 63S クーペ発表。63Sの加速はAMG GTと同じ

投稿日:

メルセデス・ベンツがGLCのAMG版、GLC63、そしてそのクーペ版であるGLC63とGLC63Sを発表。
ニューヨーク・モーターショーにて正式発表されるものですが、GLC63/GLC63クーペは469馬力、GLC63Sクーペは503馬力を発生(エンジンはともに4リッターV8)。

高出力なエンジンを得たことによってGLC63/GLC63クーペは0-100キロ加速3.9秒、GLC 63Sクーペの加速は3.7秒に。
なお、この「3.7秒」というタイムはAMG GT、AMG GTCロードスターと同じタイムであり、GLC63/GLC63Sはとんでもない速さを持っていることがわかります。
なおトランスミッションは9AT、駆動方式は最新の4MATIC。

外観だとAMG GT R同様に縦線が特徴的な「パナメリカーナ・グリル」が目を引きますが、これはAMGの他モデルにも幾つか採用されており、最近のAMGでは「このグリル推し」であることもわかります。

そのほかは大きなエアインテークを備えるフロントバンパー(このエアインテーク形状もAMGの最新デザイン)、樹脂製の大きなクラディング(それでもタイヤははみ出んばかりの存在感)、19インチサイズのホイール(GLC63Sクーペは20インチ)、リアでは大きなディフューザーやテールパイプが特徴的(アウディのようにフェイクでないことを願う)。

サスペンションは最新の「3チャンバー式エアサス」とアダプティブダンパーを装備しており、様々な設定や走行条件に対応する、としています。

オプションではフロントスプリッター、サイドシルインサート、ドアミラー、モールやトリム類がハイグロス仕上げとなる「ナイトパッケージ」も用意されている、とのこと。

内装だとフルレザー仕上げに加え、GLC63SではAMGパフォーマンスステアリングが装着。
さらにはレザーの質をナッパレザーにもアップできるとしています。

納車については残念ながら今年は行われず、来年初めから、とのこと。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5