>ベントレー(Bentley) ■外国ネタ・旅行など

プライベートジェットはこう使う。搭乗から機内までをドバイのユーチューバーが紹介

投稿日:2017/06/09 更新日:

おなじみドバイのユーチューバー、Mo Vlog氏が友人の所有するプライベートジェットの様子を紹介。
ぼくはプライベートジェットの世界について全く無知ですが、どうやら自分の機を預けておき、パイロットやフライトアテンダントを管理してくれる会社が存在する模様(自分で勝手に飛ぶことはできないので当然といえば当然か。またプライベートジェットは忙しい人が利用するのでフライトに関わる手配を全部代行するサービスがあるのも当然)。

上の画像はその航空会社のプライベートジェットオーナー専用ラウンジ。
アルコールや食べ物など様々なサービスがありますね。

下はそれらサービスを利用する人向けの駐車場。
ベントレーが多く、やはりベントレーオーナーとプライベートジェット、というのはかなり深いつながりがあるようで、ベントレーが「そういった人向け」のサービスを開始するのも理解できます。

関連投稿
まさに驚愕。ブガッティのオーナーは平均して84台の車、3機のジェットを持っているという事実
ベントレーが「カスタマー・オン・デマンド」サービス開始。旅先でもお好きなベントレーに乗車可能

こちらがプライベートジェット。

機内。
明るいウッドとレザーで構成されています。

コクピット。
メーターがアナログではなく、ほとんどが液晶に。

一方こちらは同じくMo Vlog氏の動画ですが、プライベートジェットではなくエミレーツ航空のファーストクラス。
ドバイからロンドンへ向かうようですが、動画では様々なサービス、アメニティを紹介。

フルフラットになるベッド。

個室にはシャワーも。

なお、ぼくがドバイからボローニャまで利用したエミレーツのビジネスクラス、ラウンジなどの様子はこちら。
ビジネスクラスであっても相当にサービスが充実しており到底使いこなすことはできず、となるとファーストクラスは「とんでもないレベル」であることも容易に想像できます。

関連投稿
ボローニャからドバイへ。空港やビジネスクラス(エミレーツ)の様子
ドバイからボローニャへ。エミレーツのビジネスクラスはこんな感じ
乗り継ぎでドバイ空港へ。有名なエミレーツ・ラウンジの様子を紹介
関空からドバイへ。エミレーツ航空のファーストクラス、ビジネスクラスはこんな感じ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley), ■外国ネタ・旅行など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5