ミウラ

ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開

| 実際にミウラが蘇る日は来る? | CGデザイナー、Marco van Overbeeke氏の考えた「ランボルギーニ・ミウラ」後継。 オリジナルのミウラにランボルギーニ最新のデザインを盛り込んでおり ...

ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ?ミウラ復活?

| ランボルギーニが「第四のランボルギーニ」に言及 | ランボルギーニは新型SUV「ウルス」を発表したばかりですが、早くも新モデル追加のウワサ。 現在ランボルギーニはスーパースポーツとして「アヴェンタ ...

2003年に「最後の一台」が日本へ来て終了と思われたチゼータV16T。実は今でも受注生産可能

| チゼータV16Tはランボルギーニと深い関係にある | ゲームソフト「グランツーリスモ」に登場するチゼータ(CIZETA)V16Tがまだ新車で購入できることが判明。 見た目がランボルギーニ・カウンタ ...

ウラカンの生産が1万台を突破。過去のランボルギーニ各モデルはどれくらい売れていたのかを見てみよう

| ウラカンの生産台数が早くも万台を突破 | ランボルギーニがウラカンの生産が累計1万台に達した、と発表。 1万台めのウラカンはヴェルデ・マンティスのペルフォルマンテで、カナダの顧客に納車されるもの。 ...

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。展示されるミウラ、カウンタック、ディアブロを画像にて

| 記念碑的なモデルが大集合 | さて前回はランボルギーニ大阪/神戸さんの新しいサービスファクトリーにて行われたパーティーの様子をお伝えしましたが、今回はそこで展示されていた車両について。 ミウラP4 ...

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場オープニングパーティーへ行ってきた。世界に一台のレアカーも登場

| アジアパシフィック地域最大規模、最新CIに沿ったサービスセンター | いつもお世話になっているランボルギーニ大阪/神戸さんのサービスセンターが新たに大阪は豊中に移転。 今までは尼崎にあったものです ...

ランボルギーニはクラシックモデルを続々レストア中。今回はイエローのカウンタックを公開

| 今度は右ハンドルのカウンタック | ランボルギーニがそのレストア部門「ポロストリコ」の最新作、「カウンタック」をパリで開催されたサロン・レトロモビル(Salon Rétromobile)にて公開。 ...

リバティーウォークがまさかの「ランボルギーニ・ミウラ」を族カスタム。多くの議論を呼ぶ

| 見た瞬間、「マジかよ」と声が出た リバティーウォークが東京オートサロンへと出品したランボルギーニ・ミウラ。 リバティーウォークは古くからランボルギーニのカスタムを手掛けており(有名になったのはフェ ...

実は一台だけランボルギーニ・ミウラの「ロードスター」があった!過去には日本人に所有されたことも

| 残念ながら市販化されることはなかった | 一台だけがワンオフで作られた「ランボルギーニ・ミウラ・ロードスター」。 1968年のブリュッセル・モーターショーにてデビューしたもので、オープン化にあたり ...

クラシック・ポルシェ911がただ走るだけの動画。それでもこの美しさはなんだろう

ただただ美しい、「クラシックポルシェ911が走るだけ」の動画 イタリアンスポーツから、もっと「信頼性の高い」ポルシェ911に これはKurht Gerhardt氏と彼の所有するポルシェ911(2台)の ...

ミウラ設計者、ダラーラ氏が購入してレストアしたミウラが公開。珍しい軽量ボディ版

ランボルギーニがイギリスにて開催のサロン・プリヴェにて、レストアされた「ミウラP400」を公開。 ただしこのミウラは「ただのミウラ」ではなく、ランボルギーニにてミウラの設計を行ったジャンパオロ・ダラー ...

ランボルギーニの知られざる事実15選。「身売りして数年後に倒産」「デザインモチーフは虫」

lamborghini 「ランボルギーニの知られざる15の事実」が動画で公開。 ランボルギーニは創立50周年をつい最近迎えたばかりの(自動車メーカーとしては)新しい会社で、1964年に最初の車「350 ...

エンジンの「縦置き」「横置き」って何?それぞれのメリットやデメリットを説明してみる

おなじみカースロットルが「エンジン横置きと縦置きってどう違うの?」というためになる動画を公開。 簡単に言うと(フロントエンジンの場合)、横置きはエンジン出力軸が横に出ており、そのままギアボックスと連結 ...

ランボルギーニCEO「ミウラの後継もありうる。イメージを反映させた4シーターも検討中」

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がメディアに語ったところによると、「ミウラの後継もありうる」とのこと。 これはAutomotivenewsのインタビューに対して語ったもので、まずはウルス ...

よく名前の出て来るベルトーネ。そのデザインや「なぜ消滅したのか」を考えてみる

| ぜひとも後世に残ってほしかったが | 自動車史において外すことができない存在、「ベルトーネ」。1912年にイタリア・トリノで創業し、1930年創業のピニンファリーナ、1968年創業のイタルデザイン ...

ランボルギーニが「第4のモデル」を計画中との報道。セダンかレトロか4座スポーツか

オーストラリアのメディア「CarAdvice」によると、ランボルギーニは「第四のモデル」を計画している、とのこと。 つまりはウラカン、アヴェンタドール、登場予定のウルスに加わる新しいメンバーということ ...

スズキの軽自動車をベースにした、超絶クオリティの「ランボルギーニ・ミウラSVR」レプリカが話題に

Gazooにて、「世界に1台しか存在しない、ランボルギーニ・イオタSVR仕様のスズキ CARA(フル公認)」という記事が公開に。 これを見るとこのレプリカを作り上げたオーナーさんの情熱に感服するよりほ ...

ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラとミウラ・コンセプトの新旧対決

ランボルギーニ・ミュージアム(ムゼオ・ランボルギーニ/ランボルギーニ博物館)にて、「ミウラ・コンセプト」。 これはワルター・デ・シルヴァ氏がVWアウディグループのデザイン統括責任者に就任したのちの20 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5