ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

テスラが新型車「モデルS Plaid(プラッド)」の納車を6月10日から開始!0−100km/h加速2.1秒、ゼロヨン9.23秒の「世界で最も速い加速を誇るクルマ」に

投稿日:2021/06/08 更新日:

テスラ新型車「モデルSプレイド」

| これより速いタイムを主張するクルマはいくつかあれど、実際に生産され納車された市販車だと、自動車史上「モデルSプラッドよりも速いクルマはない」 |

このモデルSプラッドにて、一気にその暗いムードを挽回することを期待

さて、テスラがニューモデル「モデルSプラッド(Plaid)」の納車を6月10日から開始すると発表し、その様子をライブストリーミングで配信するとコメント。

なお、このモデルSプラッドについてはいくつか予定と異なるところがあり、まずは納車開始が遅れたこと、そしてプラッドの上に設定されるはずだった「プラッド+」の発売がキャンセルされたこと。

「モデルSプラッドよりも優れたクルマはない」

なお、テスラがプラッド+の発売を中止した理由としては、「(+のつかない)プラッドであっても十分なパフォーマンスを発揮し、プラッド+が必要ないことがわかった」ため。

実際のところ、モデルSプラッドは0−60マイル(0−96km/h)加速1.99秒を記録すると言われており(0−100キロだと2.1秒)、これよりも速く走れるクルマはリマック・ネヴェーラ、アスパーク・アウルという「億」を軽く越えるクルマしか存在しないため。

加えて、それらはまだ納車が開始されていないので、6月10日以降になれば、「テスラ・モデルSプラッドは、納車済みのクルマでは世界最速」ということになりますね。

ピニンファリーナ・バッティスタ
0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそうこの記事のもくじガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう自動車の加速性能はここ数年で大きく変化している現在の最速(現行モデル)はピニンファリーナ・バッテ ...

続きを見る

テスラ・モデルSプラッドは「現時点でゼロヨン最速」

参考までに、モデルSプラッドのプロトタイプ(市販同様のスペック)はゼロヨンにおいて、市販車最速である「9.23秒」というタイムを記録しており、さらには628kmという長い航続距離も持っています。

実際のところ、イーロン・マスクCEOは「従来型テスラ・モデルSラディキュラス・モードを越えるクルマは、モデルSプラッドのみ」と発言しており、そのパフォーマンスが「ゼロヨンを席巻しまくった」モデルSラディキュラス・モードよりも上で、さらにプラッドを越えるパフォーマンスを持つグレードは存在しないということになりそうです(ただし、他メーカーが追ってくるようであれば、プログラムの変更によってすぐにパフォーマンスを向上させたり、オンラインアップデートにて「プラッドSパッケージ」を購入できるようにするものと思われる)。

さらにこのモデルSプラッドには「様々な新機能」が詰まっているといい、現在なにかとネガティブな話題の多いテスラにおいて、このモデルSプラッドの納車を期にそういった雰囲気をひっくり返し、「やっぱりテスラ以外の選択肢はない」という雰囲気になるのを期待したいところです。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラの中国・上海ギガファクトリー
テスラの5月における中国販売台数が「4月の半分になった」との報道!これを受けてテスラ株は一時大幅な下げを記録することに

| ただし実際の販売台数については公式発表がなされておらず、事実はどうなのかわからない |この記事のもくじ| ただし実際の販売台数については公式発表がなされておらず、事実はどうなのかわからない |人は ...

続きを見る

テスラ・サイバートラック
テスラ・サイバートラックの予約が100万台(2020年のテスラ総販売台数の倍)を超えた模様。「枠」の確保のために一人で数百台注文した人もいるようだ

| 数々のライバルが登場すれど、やはりサイバートラックの人気は圧倒的 |この記事のもくじ| 数々のライバルが登場すれど、やはりサイバートラックの人気は圧倒的 |サイバートラックはパフォーマンス面におい ...

続きを見る

まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説
まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説。証拠が次々出てきて形勢逆転?

| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |この記事のもくじ| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |ただし事態は思わ ...

続きを見る

参照:Tesla

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5