ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■カメラやガジェットなど

GoProが新製品「HERO 11 Black」、そしてコンパクトな「HERO 11 MINI」発売!ボクはひとまずHER 11 Blackを注文してみた

投稿日:

GoProが新製品「HERO 11 Black」、そしてコンパクトな「HERO 11 MINI」発売!ボクはひとまずHER 11 Blackを注文してみた

| ボクは毎年GoProの新製品を購入し、かわりに古いモデルを売りに出している |

HERO 11 MINIはDJI Action2と比較した結果、購入を見送ることに

さて、GoProがこの時期恒例の新製品をリリース。

今回発表されるのは「GoPro HERO 11 Black」と「GoPro HERO Black MINI(10/25発売)」。

ざっと見た感じだとHERO 11 Blackについては昨年発表のHERO 10Blackと大きな進化はなく、そしてHERO Black 11 MINIはDJIの「Action 2」への対抗へのように思えます。

ここでそれらの内容を見てみましょう。

GoPro HERO 11 Blackはこう変わった

まずはGoPro HERO 11 Blackについてですが、HERO 10 Blackからの変更点はざっと下記の通り。

GoPro HERO 11 Blackの変更点

  • 写真が「23MP」から「27.13MP」に
  • 5.3K/4Kでも120Mbpsでの撮影が可能に(HERO 10 Blackでは100Mbps )
  • 手ぶれ補正がHyperSmooth4.0から5.0へ
  • デジタルレンズにHyperview(16:9)が追加、「リニア+水平ロック」追加

GoPro HERO 11 Blackの外観はHERO 10 Blackを踏襲しており、そのサイズは71.8ミリ×50.8ミリ×33.6ミリというサイズ、マイクやボタンの配置も同じ。

GoPro-HERO-11-Black (3)

重量やモニターサイズ、撮影時間などの数値的データーは非公開(GoProはあまりこういった数字を公表しない)ですが、おそらくHERO 11 BlackはHERO 10 Blackと同等の数値を持つものと思われます。※これまでのアクセサリーを使用できるのはありがたい※GoProの正規代理店、タジマモーター・コーポレーションがいつも詳細データを公表しており、そちらを参考にすることも多い

なお、HERO 11 Black、HERO 10 Blackともにチップは同じGP2であり、HERO 9 BlackからHERO 10 Blackへと進化したときほどの大きな進歩は感じられず、しかし価格はGoProオンラインストア上では71,000円から78,000円へと大きく上がっていて、しかしこれは性能向上分というよりは「昨今のインフレと円安を反映した価格設定」なのかもしれませんね。

GoPro-HERO-11-Black (4)

そのほかHERO 11 Blackにて特筆すべき点は「低温下でも安定した性能を発揮し、従来比で38%撮影時間が伸びたEnduroバッテリー」「ハイライトビデオを自動編集」「新型イメージセンサー採用(8×7に拡大)」「撥水レンズカバー」「新型ナイトモード(3モード)」などがありますが、ナイトモードについては「光の軌跡」を撮影できるそうなので、花火大会や、クルマやバイクに取り付けて夜間に走行してみると、ちょっと面白い絵を撮ることができるかもしれません。

GoPro-HERO-11-Black (2)

GoPro HERO 11 Blackは「買い」?

GoPro HERO 11 Blackは買いかどうかと聞かれるとちょっと返答には困りますが、ぼく自身としてすでに注文済みで、それは定期的に撮影用カメラを入れ替えているから。

現在ぼくはGoPro HERO 8 Black、HERO 9 Black、HERO 10Blackを使用していて、今回HERO 11 Blackを購入し、かわりにHERO 8 Blackを売却する計画です。

GoPro-HERO-11-Black (6)

GoProは毎年新製品を発売するので、毎年新しいものを購入し、いちばん古いものを売りに出すというスタイルを採用していますが、GoProのカメラはリセールがよく(ここはDJI含め他社のアクションカメラと全く違う)、よってこのスタイルを採用すれば、毎年少ない出費で最新モデルを使用できるわけですね。※長期間使用するとサイト上からもそのモデルの記載がなくなり、完全な型落ちになって売却時に値がつかないので、まだ古くならないうちに売るようにしている

なお、今回のHERO 11 Blackについてもっともぼくが評価したいのは「手ブレ機能強化」「ナイトモード」で、これらについてはいかほどのものか、HERO 11 Blackが届いたら試してみようと思います。

今のところアクションカム最強!GoPro最新モデル、HERO10 Blackを買ってみた
今のところアクションカム最強!GoPro最新モデル、HERO10 Blackを買ってみた

| 色々とアクションカムが登場するものの、様々なテストでは「現時点だとGoProが最強」だという結論にこの記事のもくじ| 色々とアクションカムが登場するものの、様々なテストでは「現時点だとGoProが ...

続きを見る

GoPro HERO 11 MINIはこんなカメラ

そして今回発売されたブランニューモデルがGoPro HERO 11 MINI。

以前にも発売されていたキューブ型のGoPro、HERO4/5 Sessionの後継モデルといった感じですが、カラーモニターを排除して軽量・コンパクト化を図り、かつGoPro史上最強とされる堅牢なアウターシェルを持つことが特徴です。

GoPro-HERO-11-Black (9)

マウントは底面と背面にあるので活用方法が広がりそうですね。

GoPro-HERO-11-Black (8)

電源ボタンを排除した「ワンボタン」オペレーション。

モニターは動作状況やバッテリー残量を確認するだけという最小限の構成です。

GoPro-HERO-11-Black (7)

現在発売前ということでスペック詳細は公開されていないものの、24.7MPの写真、HyperSmooth5.0などの機能が紹介されているので、「HERO11」と名乗る以上、HERO 11 Blackと同等の撮影機能を持っていると考えていいのかもしれません。

GoPro-HERO-11-Black (5)

ちなみにサブスクリプションサービス加入にて48,000円にて販売されることになりますが、HERO 11 MINIについては購入見送り。

その理由としてはカラーモニターがないので撮影状況を確認できないこと、タッチ式ディスプレイがなく設定が非常に面倒だと予想されること(アプリを通じてスマートフォン経由にて行うことになりそうで、撮影状況の確認とわせ、スマホとの併用が絶対条件になりそう。となるとコンパクト化した意味があまり感じられない)。

逆に現在使用しているDJI アクション2は(熱暴走の問題はあれど)これらの問題をクリアしており、ぼくにとってはアクション2のほうが使い勝手がよく、(小型アクションカムを使用する際は)こちらを優先して使用したいと思います。※ただし店頭にて実際にHERO 11 MINIを見て操作してみると判断が変わるかもしれない

アルミ製ハウジング、磁気脱着が新しい!DJIの最新アクションカメラ、「Action2」を買ってみた
アルミ製ハウジング、磁気脱着が新しい!DJIの最新アクションカメラ、「Action2」を買ってみた

| 小型軽量、画角が広く撮影中にズームが使用できるのはありがたい |この記事のもくじ| 小型軽量、画角が広く撮影中にズームが使用できるのはありがたい |アルミ製ハウジングは質感が高く、マグネット式脱着 ...

続きを見る

合わせて読みたい、アクションカム(GoPro / DJI関連投稿

さすが2年越しの後継モデル!GoProにはない「ワイヤレスマイク」「ズーム」を備えて独自の方向に進化したDJI Pocket2を買ってみた
さすが2年越しの後継モデル!GoProにはない「ワイヤレスマイク」「ズーム」を備えて独自の方向に進化したDJI Pocket2を買ってみた

| 画角も広くなり、あらゆる面で先代モデルの不満を解消してきたようだ |この記事のもくじ| 画角も広くなり、あらゆる面で先代モデルの不満を解消してきたようだ |日常シーンの撮影だと現時点では「もっとも ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンにGoPro装着
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。走行シーン撮影のため車外にカメラを固定できるGoProアクセサリ「サクションカップ」を買ってみた

| これで迫力のある走行シーンを撮影できる(かも) |この記事のもくじ| これで迫力のある走行シーンを撮影できる(かも) |GoPro オリジナルアクセサリ「サクションカップ」はこんな製品ランボルギー ...

続きを見る

ボクはこうやって運転中の動画を撮っている。その撮影に使用するデバイス(キャップ)をVer.1からVer.2へ
ボクはこうやって運転中の動画を撮っている。その撮影に使用するデバイス(キャップ)をVer.1からVer.2へ。なお、これを使用して撮影していたことで「変人」だと思われていたようだ

| うすうす感じてはいたが、実際に面と向かって言われるとちょっと驚く |この記事のもくじ| うすうす感じてはいたが、実際に面と向かって言われるとちょっと驚く |ただしボクは人からの評価を気にすることは ...

続きを見る

参照:GoPro

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■カメラやガジェットなど
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5