ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンは今年で110周年!年間通じて様々なイベントを開催し、今年後半には「特別な限定車」の発表も計画中。おそらくはヴァルハラの発表もあるはずだ

投稿日:

アストンマーティンは今年で110周年!年間通じて様々なイベントを開催し、今年後半には「特別な限定車」の発表も計画中。おそらくはヴァルハラの発表もあるはずだ

| アストンマーティンは過去に幾度の倒産を経験しているが、この危機を乗り越え見事復活してほしい |

現時点では今年発表される限定車、そして新型車の全容が見えてこない

さて、アストンマーティンが今年で110周年を迎え、それを記念して「特別な限定車」が発売されるもよう。

アストンマーティンは1913年1月15日、ライオネル・マーティンとロバート・バムフォードによって設立された「バムフォード&マーティン」を起源としますが、2年後の1915年、生産された第一号車を駆ってライオネル・マーティンがアストン・クリントンにて開催されたレースへと参戦し、そこでみごと勝利を飾ることに。

これによって「アストンマーティン」というブランド名が誕生したわけですね。

アストンマーティンが10年ぶりにエンブレムのデザインを変更!シンプルで柔らかく、1970年代の「グリーンボックス」復活。これまでの変遷も見てみよう
アストンマーティンが10年ぶりにエンブレムのデザインを変更!シンプルで柔らかく、1970年代の「グリーンボックス」復活。これまでの変遷も見てみよう

| このウイングは古代エジプトにて復活のシンボルだとされた「スカラベ(フンコロガシ)」をイメージしているこの記事のもくじ| このウイングは古代エジプトにて復活のシンボルだとされた「スカラベ(フンコロガ ...

続きを見る

現時点では「特別な限定車」が何になるのかはわからない

そして設立から110年目を迎える2023年、アストンマーティンはこの1年を特別なものとすべく計画を行っており、今回まず公開されたのが、同社のハイパーカーである「ヴァルキリー」が、現存する最古のレーシングカーのひとつである1923年製レーザーブレード(Razor Blade)と並んでいる画像。

これがすなわち限定車を意味すると即座に判断することはできませんが、アストンマーティンによれば「2023年は記念碑的な年」であり、今後12ヶ月の間にエキサイティングなクルマが登場するとのこと。

aston-martin (2)

アストンマーティン・ヴァンテージ
アストンマーティンが「現存するもっとも古いクルマ」、A3をイメージした3台のみの超限定ヴァンテージ・ロードスターを発表。エンブレムやバッジも100年前の仕様に

| ここまで特別な仕様を持つヴァンテージはこれまでに見たことがない |この記事のもくじ| ここまで特別な仕様を持つヴァンテージはこれまでに見たことがない |インテリアには「ブロンズ」アクセントA3は1 ...

続きを見る

ただ、アストンマーティンはこの限定車については現在何ら情報を公開しておらず、ヴァルキリーをベースにしたものとなるのか、それともヴィクターのようなワンオフモデルなのか、はたまた全く別のモデルなのかも不明です。

え?これがアストンマーティン?超ワル顔、そしてアストン史上最も出力の高いMTワンオフモデル「Victor」発表

| このクルマがアストンマーティン公式とは信じがたい | アストンマーティンのパーソナリゼーション部門、「Q」が突如ロンドンにて開催されたコンクール・デレガンスの会場にてワンオフモデル「Victor( ...

続きを見る

この限定車だけがアストンマーティンのニューモデルではない

なお、プレスリリースからは「この限定モデルだけが今年のアストンマーティンの新型車ではない」ということも読み取ることができ、実際に1月18日にはDBS770アルティメットの発表が予定されています。

アストンマーティンDBS最強にして究極、「DBS 770アルティメイト」の予告開始!限定台数499台、価格は5000万円前後と言われるV12エンジン搭載コレクターズアイテム
アストンマーティンDBS最強にして究極、「DBS 770アルティメイト」の予告開始!限定台数499台、価格は5000万円前後と言われるV12エンジン搭載コレクターズアイテム

| アストンマーティンは数少ないV12エンジン搭載メーカーのひとつであり、その「資産」を積極活用 |この記事のもくじ| アストンマーティンは数少ないV12エンジン搭載メーカーのひとつであり、その「資産 ...

続きを見る

そしておそらくは、アストンマーティンが「我々が重視する、超高級感、高性能、走りの強さをさらに強化する」と表現しているハイパーカー、ヴァルハラの発表も行われる可能性が高いと考えています。

意外と早く発表されそう?アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のティーザー動画を公開
意外と早く発表されそう?アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のティーザー動画を公開

| 修正後の計画だとヴァルハラは「2023年発表」と言われていたが |この記事のもくじ| 修正後の計画だとヴァルハラは「2023年発表」と言われていたが |可能な限り早く新型車の開発にかかったコストを ...

続きを見る

このヴァルハラは、ヴァルキリーの弟分として、当初新開発のV6ツインターボエンジンを搭載することを前提に開発が進められ、しかしメルセデスAMGがアストンマーティンへの出資比率を高めたことで状況が変わってしまい、そのエンジンがメルセデスAMGより供給される「4リッターV8ツインターボ」へ変更されることに。

ただしそのパフォーマンスは比類なく、0-100km/h加速2.5秒、最高速度350km/h、総合出力1,000psを超えるプラグインハイブリッドスーパーカーになるとされ、限定生産台数は999台に絞られます。

aston-martin (3)

このほか、アストンマーティンは2023年にシルバーストーンで開催されるF1イギリスGPの期間中、創業110周年を祝うイベントを開催するといい、さらにはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードやペブルビーチ・コンクール・デレガンスなど、アストンマーティンが強い顧客基盤を持つ国々で開催される重要なイベントにおいても、何らかの企画が練られているようですね。※ベントレーやBMWなどの例もあり、記念となる年にその1年を通じ、特別な仕様のクルマを発売したり、イベントを計画したりすることは珍しくない

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

007映画の撮影にて使用されたアストンマーティンDB5が4.8億円で落札!007映画60周年記念競売にてダニエル・クレイグ着用のオメガは3500万円
007映画の撮影にて使用されたアストンマーティンDB5が4.8億円で落札!007映画60周年記念競売にてダニエル・クレイグ着用のオメガは3500万円

| 数ある名作シリーズの中でも007映画は格別の人気を誇る |この記事のもくじ| 数ある名作シリーズの中でも007映画は格別の人気を誇る |そして今後さらに価値を上げ続けるのは間違いないこのアストンマ ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンが黒い陰謀に包まれる・・・。中国・吉利汽車が敵対的買収を仕掛ける可能性が生じ、現経営陣が対抗のために自社株を購入するという攻防戦に

| ただ、ボクはアストンマーティンは吉利汽車が買収したほうが長期的に見ていいんじゃないかと考えている |この記事のもくじ| ただ、ボクはアストンマーティンは吉利汽車が買収したほうが長期的に見ていいんじ ...

続きを見る

アストンマーティンが超スパルタンなスーパーバイク「AMB 001 Pro」発表!88台限定、パワーウエイトレシオはF1マシンなみの1.28
アストンマーティンが超スパルタンなスーパーバイク「AMB 001 Pro」発表!88台限定、もちろんターボエンジン搭載で228馬力

| 第二弾が登場するということは、第一弾「AMB 001」は容易に完売したらしい |この記事のもくじ| 第二弾が登場するということは、第一弾「AMB 001」は容易に完売したらしい |ただしこのバイク ...

続きを見る

参照:AstonMartin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5