ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリCEO(65)「私が生きているうちはラインアップをEVのみにする気はない。せいぜい50%だろう」→ガソリンエンジン販売禁止国が出てくるが大丈夫か?

投稿日:2020/11/06 更新日:

| 自動車メーカーの将来は規制一つで容易に変えられてしまう |

さて、フェラーリはつい先日に第三四半期の業績を公表したところですが、その場でフェラーリCEO、ルイス・カミレッリ氏が「フェラーリがエレクトリックカーのみのブランドになることははないし、私が生きている間(御年65歳)はエレクトリックカーの販売比率は半分にも満たないだろう」とコメント。

なお、フェラーリは2017年くらいにはエレクトリック路線を重視しており、その際には「2019年以降に発売するクルマは全てエレクトリック化する」とコメント。

ただし実際にはまだまだガソリンエンジンモデルが大半を占めており、唯一のハイブリッドはSF90ストラダーレのみとなっています。

フェラーリのエンブレム
フェラーリが第三四半期までの業績を発表!販売台数は全世界で-17%、しかし日本は+8%。利益に貢献したのはV12モデル、とくにモンツァSP1/SP2

| やはり限定モデルの利益は厚いようだ |この記事のもくじ| やはり限定モデルの利益は厚いようだ |地域別販売はこうなっている利益に貢献したのはV12モデルフェラーリの利益の構成はこうなっているこんな ...

続きを見る

CEO体制下では「エレクトリック推進」路線だったが

ちなみにエレクトリック路線を進めていたのは当時のCEOである故セルジオ・マルキオンネ氏。

テスラが新型ロードスターを発表したことに触れ「我々フェラーリの方が先にエレクトリックカーを発売する」ともコメント。

フェラーリ会長「テスラ・ロードスター何するものぞ。エレクトリックスーパーカーを最初に発売するのは我々だ」

| テスラにできるなら、我々にもできる | デトロイトモーターショー開催期間中には「地元」ということもあってFCAのセルジオ・マルキオンネCEOがメディアに対して様々なインタビューへと応答。 フェラー ...

続きを見る

その後は「ピュアエレクトリックカーの発売を2023年に先送りする」とトーンダウンし・・・。

フェラーリが「エレクトリックスーパーカー」発売を2023年以降に先送り。「緊急課題はハイブリッド」

| フェラーリはエレクトリック・スーパーカー計画を後ろ倒し | ferrari フェラーリが株主向けに次期戦略を公開し、今後5年(2018-2022)の間にフルエレクトリックモデルが発売されることはな ...

続きを見る

直近だと「2025年以降にならないと発売しない」。

なお、こういった姿勢の変化について、方針の変更というよりは「バッテリー技術が当時予期していたほど進歩しなかった」ということが原因だと思われ、これについてはポルシェも「バッテリーが思うようなレベルに達しないのでピュアエレクトリックハイパーカーを発売できない」ともコメントしていますね。

フェラーリ「いずれはピュアエレクトリックモデルを発表する。だが、それは2025年以降になる」。やはり現在のバッテリー技術はスポーツカーにとっては「不足」?

| 本来であれば、フェラーリはもっと早いタイミングでエレクトリック化するはずだったが | フェラーリはかつて「2019年以降に発売するニューモデルはすべてハイブリッドになる」と公言したものの、いまのと ...

続きを見る

それで大丈夫なのかフェラーリ?

ただ、ちょっと気になるのは「ガソリンエンジンを積んだモデルを今後販売し続けることができるのか」。

フェラーリにとって最大の市場は北米そして中国ですが、北米の中でも大きなシェアを占めるカリフォルニアでは2035年に「ゼロエミッションビークル以外の新車販売を禁止(つまりハイブリッドもPHEVもアウト)」するとしています。

ポルシェ・タイカン
高級車最大市場のひとつ、カリフォルニアが「2035年にガソリン車の販売を禁止」!否が応でもEV化を加速させる必要が出てきたぞ

| もうガソリン車は生き残ることが難しそうだ |この記事のもくじ| もうガソリン車は生き残ることが難しそうだ |カリフォルニアでは「ゼロ・エミッション車」の販売しか許されなくなるガソリン車の所有が禁じ ...

続きを見る

そして中国も2035年にはガソリンエンジン搭載車の販売を禁止する方向へ動いているとも報じられていて、その環境においてフェラーリが「ガソリンエンジン」に固執するのはかなり危険な状況だとも考えられます。

中国では2035年にガソリン車の販売が不可能に?世界最大の自動車市場の動向に各メーカーは翻弄されることになりそうだ

| どうやらエレクトリック化の波は思ったよりも早くやってきそうだ |この記事のもくじ| どうやらエレクトリック化の波は思ったよりも早くやってきそうだ |2035年にはガソリン車の販売が不可能に?中国は ...

続きを見る

まだまだエレクトリック技術は将来が不透明

もしかするとその時期になってもバッテリーが進化せず、かつ次世代技術であるソリッドステートバッテリーが実用化されていない可能性も十分あり(数年前の予測だと、今頃は実用化されているはずだった)、性能や価格の問題でEVの普及が進まず、よってカリフォルニアや中国も「ガソリン車販売規制撤回」もしくは先送りを決めるかもしれず、しかしそれを期待するのも企業の経営としては”甘い”のかもしれません。

ただしフェラーリもこれまで同様、決定事項を翻すであろうこともじゅうぶん予測でき、リマックC_Twoやテスラ・ロードスター、ロータス・エヴァイヤがハイパーカー市場を席巻し、もしかするとブガッティからもエレクトリックハイパーカーが登場したりすると「フェラーリもこれに応戦」することになるのかも。

加えてフェラーリのコアバリューたるF1も将来的にどうなるか見通しが立たず、これがエレクトリックシリーズに取って代わられたり、そもそも人気がサッパリになったりすると、ガソリンエンジンにこだわる理由も希薄になってしまいそうですね。

フェラーリのキー
手持ちのフェラーリ株を全部売ることにした。ボクは自動車とくにハイパフォーマンスカーの未来に悲観的だ

| ボクは自動車業界の未来は「明るくない」と考えている |この記事のもくじ| ボクは自動車業界の未来は「明るくない」と考えている |これまでは「下がった時に買い増し」てきたエレクトリックカー時代のフェ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5