ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

1962−1970年に作られたフェラーリのル・マン・レーサーをモチーフにした「フェラーリ・ル・マン・オマージュ」!330 P4、512Sの要素が盛り込まれレトロな雰囲気に

投稿日:

1962−1970年に作られたフェラーリのル・マン・レーサーをモチーフにした「フェラーリ・ル・マン・オマージュ」!330 P4、512Sの要素が盛り込まれレトロな雰囲気に

| デザイナーは330P4のバーチカルヘッドライト、512Sのロングテールとウイングを取り入れる |

市販車とは異なり、現実のレーシングカーでは「レトロ」デザインが少ないようだ

さて、フェラーリは今年50年ぶりにル・マン24時間レースへと復帰するにあたり、そのレーシングカー「488P」を公開していますが、今回はそれとは別にレンダリングアーティスト、ニコラス・ヴィジェ氏が「フェラーリ・ル・マン・オマージュ」なるクルマのレンダリングを作成。

もちろんこれは現実にレースに参戦することを目的としたものではなく、かつフェラーリの公式でもないため、完全にデザイナー氏の創作ということになり、文字通り過去のフェラーリのル・マンの歴史を反映させた空想上の産物ということになりそうです。

フェラーリ・ル・マン・オマージュはこうやって作られた

そこでニコラス・ヴィジェ氏がフェラーリ・ル・マン・オマージュを製作してゆく過程につき、まずは過去のフェラーリのル・マン24時間レースにおける歴史を回顧。

フェラーリは最初の市販車を送り出したわずか3年後(1949年)にル・マン24時間レースにて優勝しており、これによってその名を世界中に知らしめることとなっています(この際に優勝した166Mは2リッターV12エンジンを積む最初の優勝車であった)。

その後もル・マン24時間レースにおける成功を重ね、つごう9度の勝利を手中に収めますが、フェラーリが最後にル・マンを走ったのが1973年(312P)。

ただし同氏が今回イメージしたのは1962年〜1970年までの(ル・マンを走った)レーシングカー、とのこと。

9

今年はついにフェラーリが50年ぶりにル・マンへ復帰!フェラーリが最初にル・マンで勝利した166MMは「初のV12優勝車」「史上最小排気量」だった
今年はついにフェラーリが50年ぶりにル・マンへ復帰!フェラーリが最初にル・マンで勝利した166MMは「初のV12優勝車」「史上最小排気量」だった

| やはりフェラーリにとってV12エンジンは特別な存在であるようだ |この記事のもくじ| やはりフェラーリにとってV12エンジンは特別な存在であるようだ |そして最新のル・マン・ハイパーカーはV6+ハ ...

続きを見る

さらにニコラス・ヴィジェ氏は512SやF40といったクルマからもインスパイアを受けていますが、この512Sは最近なくなったマウロ・フォルギエリ氏が主導し開発したもの。

高速サーキットに対応すべくロングテールを採用していることが外観上の特徴であり、今回制作された「フェラーリ・ル・マン・オマージュ」にもこれが再現されています。

5

フェラーリで7つのコンストラクターズ、4つのドライバーズタイトル獲得に寄与した天才エンジニア、マウロ・フォルギエリが亡くなる。フェラーリ「我々はその歴史の一部を失った」
フェラーリで7つのコンストラクターズ、4つのドライバーズタイトル獲得に寄与した天才エンジニア、マウロ・フォルギエリが亡くなる。フェラーリ「我々はその歴史の一部を失った」

| 当時、F1マシンの設計者が勝利に関与する割合は極めて大きかった |この記事のもくじ| 当時、F1マシンの設計者が勝利に関与する割合は極めて大きかった |フェラーリを辞した後にはランボルギーニ、そし ...

続きを見る

なお、同氏いわく、今回の作品にもっとも大きな影響を与えたのは1967年の330P4だといい、同氏はこのクルマを「もっとも美しいレーシングカー」だと捉えている、とのこと(多くの人はこれに異論はないと思う)。

8

フェラーリ・ル・マン・オマージュが完成したらこうなった

そしてこれができあがったフェラーリ・ル・マン・オマージュ。

12

たしかに前後フェンダーのラインやリアフェンダー付近のエアインテーク、フロント周りには330P4の影響が感じられ、「小さいキャビン、ワイドボディ」といった要素を強調したとコメントしています。

片側2つのバーチカルライト、フロントサイドのカナードも330P4をモチーフとしたものです。

6

サイドには250GTOから拝借した二本のスリット。

3

エンジンフードには「8気筒エンジン」を視覚的に表す8つの丸いネオンライト(パワーユニットは”ハイブリッド”を想定)。

4

リアタイヤの下半分が露出する「ネイキッド」仕様、そしてリアウイングやテールエンドは512Sを意識したもの。

11

こちらは無限増殖したフェラーリ・ル・マン・オマージュ。

2

これの画像はぼくに、「完成し、出荷を待つフェラーリF40」の写真を思い起こさせます。

なお、市販車と異なってレーシングカーの場合は「レトロ」なデザインを採用するケースが少なく、つまりそれは「昔のエアロダイナミクスに関する理論と、現代のその理論が全く異なる」からだと思われます。

そしてレーシングカーの場合は「機能性が最優先」となり、デザイン性は二の次なのだと思われ、よって(どのブランドのル・マン・レーサーもそうですが)ある種の”異形”ともいえるクルマが誕生するのかもしれません。

AD649D19-CA5D-4E21-9ED1-694A966A1361

フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない
フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない

| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結させている |この記事のもくじ| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結さ ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェラーリのレンダリング関連投稿

もしもフェラーリSP3デイトナに「サーキットオンリー」のハードコアバージョンが登場したら?過激しかし優雅なレンダリングが登場
もしもフェラーリSP3デイトナに「サーキットオンリー」のハードコアバージョンが登場したら?過激しかし優雅なレンダリングが登場

| 実際にフェラーリSP3デイトナでサーキットを走る人は少なそうだが、実現すれば楽しそうだ |この記事のもくじ| 実際にフェラーリSP3デイトナでサーキットを走る人は少なそうだが、実現すれば楽しそうだ ...

続きを見る

フェラーリ・テスタロッサが現代に蘇ったら?296GTBベースで「あの」ルーバーを再現したレンダリングが公開。リトラクタブルヘッドライトは新解釈
フェラーリ・テスタロッサが現代に蘇ったら?296GTBベースで「あの」ルーバーを再現したレンダリングが公開。リトラクタブルヘッドライトは新解釈

| フェラーリ・テスタロッサは誰が何と言おうと一つの時代を象徴するスーパーカーだった |この記事のもくじ| フェラーリ・テスタロッサは誰が何と言おうと一つの時代を象徴するスーパーカーだった |そのうち ...

続きを見る

フェラーリが完全電動化時代の限定モデルを発表したら?過去と現在、未来が交錯する「ICONA SP-X」のレンダリング
フェラーリが完全電動化時代の限定モデルを発表したら?過去と現在、未来が交錯する「ICONA SP-X」のレンダリング

| おそらく、どんな時代になろうともフェラーリはその伝統を捨てることはないだろう |この記事のもくじ| おそらく、どんな時代になろうともフェラーリはその伝統を捨てることはないだろう |むしろガソリンエ ...

続きを見る

参照:Nicolas Vigier

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5