ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】なぜこのフロントグリルを採用したッ・・・!色々な意味でホンダらしくない新型SUV、ZR-Vが公開。マセラティ風カスタムが流行りそう

投稿日:

【動画】なぜこのフロントグリルを採用したッ・・・!色々な意味でホンダらしくない新型SUV、ZR-Vが公開。マセラティ風カスタムが流行りそう

| ZR-Vのフロントフェンダーにサイドギルを取り付けるとかなりソレっぽくなりそう |

新型ZR-Vはこのままでも十分に欧州車っぽいが

さて、ホンダが先般よりウワサされていた新型SUV「ZR-V」を日本に導入すること、9月から先行予約を開始することを発表し、同時に特設サイトも公開。

これは北米ではHR-Vとして発表されたクルマの日本仕様ということになりますが、「HR-V」は異なる車体にて欧州でも販売されており、欧州版HR-Vは日本のヴェゼルとの名称違い。

そしてこの「ZR-V」という名称は以前から中国にて(コンパクトSUVに)使用されており、そして今回日本で発売されるZR-Vは中国で販売されるZR-Vと基本的に共通であるように見えます(ただし生産地は異なると考えられる)。※下の画像が中国版ZR-V

1

【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか
【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか

| 市場によって対応を分ける自動車メーカー、そうでない自動車メーカーとの差が大きく分かれ始める |この記事のもくじ| 市場によって対応を分ける自動車メーカー、そうでない自動車メーカーとの差が大きく分か ...

続きを見る

新型ホンダZR-Vはこんなクルマ

この新型ZR-Vにつき、コンセプトは「異彩解放」。

その目指すところは乗り手の個性を開放し、お気に入りの一張羅のように気分を高めるというものですが、むしろZR-Vそのものがホンダのラインアップの中においてひときわ異彩を放っているように見え、かなり強烈な個性が感じられますね。

ちなみにデザイン上のキーワードは「グラマラス&エレガント」だといい、たしかに抑揚が強く、ボディ同色にペイントされたフェンダーアーチ等によってプレミアムカー的な印象すら受けるように思います。

Web

全体的に他のホンダ車との共通性がとにかく少なく(強いて言えばテールランプがフィットと似ているくらいか)、ホンダのエンブレムを外してしまうと、「いったいどこのメーカーの新型車だろう」と(いい意味で)思ってしまうほどであり、雰囲気的にはかなりヨーロピアンといった感じですね。

Web

ちなみにフロントグリルは日本専用だと思われ、北米版HR-V、中国版ZR-Vとも異なり、縦スラットを持つバーチカル形状。

Web

このグリルについては(たぶん満場一致で)マセラティのフロントグリルを連想するかと思いますが(画像は最新モデルのグレカーレ)、なぜホンダがこのグリルを採用したのかは不明です。

参考までに、ホンダが公式コンテンツとして公開した「ZR-Vの開発に込めた想い」はこちら

Maserati-Grecale (2)

ZR-Vのプラットフォームは11代目シビックをベースとしており、よって運動性能もまず間違いなさそうで、ZR-Vのパワートレーンとしては1.5リッターターボエンジン+CVT、もしくは2リッター直噴エンジン+2モーター内蔵電気式CVTのスポーツe:HEV(これはSUVに初搭載)が用意され、駆動方式にはFFのほか4WDが選択できる、とのこと。

新型ホンダZR-Vのインテリアはこうなっている

そしてこちらはホンダZR-Vのインテリア。

現行ホンダ・シビック、先日発表されたばかりの新型CR-V同様に低く水平基調のダッシュボードを採用することで前方視界を確保している、とのこと。

なお、このダッシュボードを採用するモデルはいずれもAピラーの取り付け位置が後ろに下がり、さらにAピラーの幅が広がるという共通点を持っていますが、前席と後席ともに低いヒップポイントを持つことも特徴です(これによってルーフを低くすることができ、とくに後席の着座位置を下げることで、ルーフラインを緩やかに下がるようにデザインできる)。

Web

もちろんルーフを下げることで重心が下がり操縦安定性が向上するほか、前面投影面積が減少し空力も改善されることになり、しかし単に「カッコよくなる」ということのほうが消費者にとっては一番重要なのかもしれませんね。

参考までに、北米にてHR-Vが発表された際には「若いバイヤー、初めてホンダへと流入するバイヤー、そして多文化なバックボーンを持つ顧客に対してアピールできる」というコメントが発せられていて、日本版ZR-Vもそれと同様、ホンダにとって新しい客層へのアピールが可能となりそうです。

ホンダZR-Vのティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

フルモデルチェンジ版 新型ホンダ・アコードのパテント画像が登録される!シビック、CR-V同様の「水平基調」デザインを採用しクリーンでワイド、そしてローな「90年代回帰」
フルモデルチェンジ版 新型ホンダ・アコードのパテント画像が登録される!シビック、CR-V同様の「水平基調」デザインを採用しクリーンでワイド、そしてローな「90年代回帰」

| 新型アコードは新しいホンダ車の中でも飛び抜けてクリーンなデザインを持つことになりそうだ |この記事のもくじ| 新型アコードは新しいホンダ車の中でも飛び抜けてクリーンなデザインを持つことになりそうだ ...

続きを見る

【動画】米国にてフルモデルチェンジ版 6代目ホンダCR-V発表!内外装や走りの質が大きく向上、これまでのファミリーイメージから「アクティブでスポーティ」に
【動画】米国にてフルモデルチェンジ版 6代目ホンダCR-V発表!内外装や走りの質が大きく向上、これまでのファミリーイメージから「アクティブでスポーティ」に

| 新型CR-VではAピラーの位置が大きく後退し、ボンネットの長さが強調される |この記事のもくじ| 新型CR-VではAピラーの位置が大きく後退し、ボンネットの長さが強調される |押し出しも強くなり、 ...

続きを見る

参照:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5