ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

数ヶ月以内に発表されると言われるフルモデルチェンジ版MAZDA 6。CX-60の要素を反映させた予想レンダリングが登場

投稿日:2022/03/15 更新日:

数ヶ月以内に発表されると言われるフルモデルチェンジ版MAZDA 6。CX-60の要素を反映させた予想レンダリングが登場

| マツダは「プレミアム」を加速させるために高級感のある、ゴツいルックスを採用する? |

マツダは高価格化を正当化するために「見た目の変化」を導入せねばならない

さて、マツダは「ラージ商品群」第一号、CX-60を発表したところですが、これにはCX-70/CX-80/CX-90といったSUVが続く他、MAZDA 6(セダン、ワゴン)もこれに続くことになるといわれます。

つまり次期マツダ6はFR、しかもCX-60と同じ直6エンジンを搭載したクルマになるわけですが、今回レンダリングアーティスト、Sugar Designがその予想レンダリングを作成して公開することに。

新型マツダ6は数ヶ月以内に発表されるという説もあるようですが、ひとまずはここでその「予想レンダリング」を見てみましょう。

【動画】新型マツダCX-60発表!これまで以上にプレミアム、そして日本推し。CX-60 PHEVは史上もっともパワフルなマツダ車となり、何から何までもが新しい
【動画】新型マツダCX-60発表!これまで以上にプレミアム、そして日本推し。CX-60 PHEVは史上もっともパワフルなマツダ車となり、何から何までもが新しい

続きを見る

「このまま登場」してもおかしくはない

今回公開されたレンダリングは、CX-60のデザイン要素を現行CX-6に落とし込んだものとなりますが、とくにそのフロントはCX-60にかなり近い意匠を持っています。

ただ、ここでいくつか考えねばならない要素があり、マツダは新型MAZDA 6に対し、今回の予想レンダリングのような「ゴツい」フロントを与えるのかどうか。

最近のプレミアムセダンにおいてはこういった押し出しの強い顔つきはマストであり、そう考えるとマツダは新型MAZDA6に対してもコワモテの表情を与える可能性があり、しかしこれまでのマツダは(SUVを除くと)比較的スマートなフロント周りを採用していて、よってこういったドーンとした顔つきを与える可能性は低いかもしれません。

つまりマツダは押し出しよりもスポーティさを重視しているのではとも考えられ、それをマツダの「他ブランドとの差別化要因」だと捉えている可能性もありそうです。

201203_m6_00_top_2col_sdn

しかしながら、マツダは「ラージ商品群」において目に見える変化を追求していることもまた事実で、それはおそらく高価になってしまう車両価格を正当化するための行為なんじゃないかとも考えています。

実際のところ、CX-60ではこれまでのマツダのSUVとは異なる「大きな顔面」を採用しており、これはつまり見た目の迫力や高級さを押し出しているんじゃないかということですね。

ここでマツダが狙ったのは「軽快さやスポーティな」外観ではなく「重厚で高級な」雰囲気だとも推測でき、となるとMAZDA6においても、CX-60と同じ手法が用いられ、現行MAZDA6よりも大きな顔が与えられることになるのかも。

Mazda-CX-60- (21)

いずれにせよ、新型MAZDA6は、CX-60と同様に、PHEVパワートレインを積んだ場合には「マツダ史上最高の出力」を発生することになり、それを見た目でも示す必要があって、なんらかの(これまでとの)相違を前面に出さねばならないだろう、と考えています(FR、直6、PHEVという、ここ最近のマツダにない要素や、マツダ初の要素をこれほどまでに詰め込んでいるのであればなおさら)。

なお、マツダは今後、このラージ商品群をもって「メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWに代わる選択肢」となることを目指しているといい、つまりはレクサスの成功をトレースすることを期待しているといいますが、であれば一層「従来に代わる、新しい選択肢」である理由を示す必要に迫られそうですね。

合わせて読みたい、マツダ関連投稿

マツダMX30
マツダ「マツダスピードは2度とない」。だがそれでいいのか?マツダは誰も望まないプレミアム路線をやめるべき(マジ)

続きを見る

マツダ
マツダはさらにプレミアム路線を推し進めて高級車ブランドになりたいようだ!「第二のレクサスになり、メルセデス、BMW、アウディと比較検討されることを目指す」

続きを見る

マツダのキー
マツダ副社長激白!「直6+FRはコスト削減のためで高価格化のためではない」「プレミアム化は”買ってもらって”はじめて成立する」。マツダほど誤解されているメーカーも他にない

続きを見る

参照:sugardesign_1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->マツダ(MAZDA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5