ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

トヨタが自社の「トヨタ博物館」に初代ホンダNSXを常設展示!他社のクルマでもいいものはいいと認める姿勢は「さすがトヨタ」、そしてレクサスLFAの前に展示される

投稿日:

トヨタが自社の「トヨタ博物館」に初代ホンダNSXを常設展示!他社のクルマでもいいものはいいと認める姿勢は「さすがトヨタ」、そしてレクサスLFAの前に展示される

| ホンダNSXが発表された1989年は「日本車のビンテージイヤー」 |

これまでトヨタ博物館に行ったことはなかったが、一度は訪れてみようと思う

さて、トヨタが「トヨタ博物館」にホンダNSXを加えた、と発表。

「クルマ館 3F常設車両」としての加入であり、一時的な展示ではなく、自動車の歴史の一部として常設されることになるようですね。

なお、ホンダNSXは1989年に発表されていますが、同年には初代レクサスLS(トヨタ・セルシオ)、日産R32 GT-R、マツダ・ロードスター(初代NA)が発表されており、これらはいずれも他の自動車メーカーへと大きな影響を与え、のちの自動車業界を変革したクルマたち。

今思えば「とんでもない年だったなあ」という印象ですが、トヨタによると、この年は「日本車のビンテージイヤー」といわれている、とのこと。

ホンダNSXはこんなクルマ

NSXは「NS-Xコンセプト」として1989年2月9日にシカゴオートショーにて公開されていますが、もとは1984年に「フロントエンジン、フロントドライブ」つまりFFスポーツカーとして開発がスタート。

しかし1986年に「アキュラ」ブランドの展開が開始され、おそらくはそのイメージ向上も考慮されて「スーパースポーツ」へと開発がシフトされ、同時に「ミドシップ」へとスイッチしています。

244278480_4853051374727681_2656885436789533511_n

【動画】みんな大好きホンダNSX。1990-2019年までの変遷、開発秘話も見てみよう

| ホンダNSXはこう進化してきた | 「ホンダNSXの進化(変遷)」が動画にて公開。 1990年の登場(発表は1989年)から最新の2019年モデルに至るまでが紹介されています。 加えて、それぞれの ...

続きを見る

NS-Xコンセプトは市販バージョンのNSXよりもやや小ぶりで、エンジンもシングルカムではあったものの、市販バージョンではDOHC、かつVTEC搭載へと変更されていますが、開発にはアイルトン・セナが関わったことでも知られ、ニュルブルクリンクでテストドライブを行った際には「ボディ剛性が足りない」と指摘され、その後ボディ剛性が50%アップされたことも有名ですね。

ただしそれでもボディの強度は十分ではなく、当時ぼくが試乗した際には「(ボディが歪むから)段差の上にクルマを停めてドアの開閉をしないで」「車体が左右に傾いた状態でのドアやハッチの開閉はしないように」と強く言われたことを思い出します。

244413855_4853053208060831_5097686090943661689_n

なお、「NSX」のネーミングはアメリカ側からの要望だとされ、「New Sportscar」と未知のものを表す「X」とを組み合わせたもの。

1989年のNSX発表が与えたインパクトは非常に大きく、それまではスーパーカーとは、「ドライバーが一定の忍耐を強いられるもの」という認識があったものの、NSX発表登場以後、フェラーリはじめスーパーカーメーカーはその考えをあらためざるを得なくなったと言われています(それはレクサスLSその登場以後の高級車メーカーも同じで、マツダ・ロードスター登場後に多くのオープンスポーツが登場したのも同様)。

当時のキャッチコピーは 「our dreams come true.」、「緊張ではない、開放するスポーツだ」 。

二代目NSXは2022年で販売終了、三代目NSXは白紙状態

初代NSXは2005年に販売が終了しており、その後になんどか後継モデルの話が持ち上がるも、その度に経済危機等で話が流れてしまい、なかなか実現しなかったという運命を持っていて、しかしようやく二代目NSXが登場したのが2016年。

こんなコンセプトカーもあった。NSX後継になるはずがバブル崩壊で消え去った「ホンダHSCコンセプト」

| バブル崩壊によって消え去った幻のNSX後継モデル | 2003年の東京モーターショーに於いて発表された、ホンダHSCコンセプト。 これは300馬力以上を発生する3.5リッターV6エンジンをミッドに ...

続きを見る

ただしその二代目NSXも販売状況が芳しく無く、2022年モデルを最後に販売が終了することがアナウンスされており、現状三代目については「ほぼ白紙状態」だと言われていますね。

ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた
ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた

| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目NSXは既知の技術やコンセプトだった |この記事のもくじ| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目 ...

続きを見る

参考までに、(当然ではありますが)ホンダ自身もNSXを所蔵しており、かつ(走行可能な状態での)動態保存を行っており、時おり走行させる様子も公開済み。

ホンダNSX
【動画】ホンダが「自社で保管する」初代NSXを走らせる!動態保存を目的に定期的に走行させる様子を公開

| このほかにもホンダは貴重な動画を多数公開 |この記事のもくじ| このほかにもホンダは貴重な動画を多数公開 |ホンダNSXはこんなクルマそれでは動画を見てみようこんな記事も読まれています さて、ホン ...

続きを見る

加えて、WEBコンテンツ「名車図鑑」でもそのサウンドを聞くことが可能です。

ホンダが公式「名車図鑑」を大幅更新!NSXやシビック・タイプR、過去車の内外装やエンジン音、動画も収録!1947年の「モデルA」のサウンドはちょっと可愛い

| あの頃のあのバイク、あのクルマのエンジン音はこうだった |この記事のもくじ| あの頃のあのバイク、あのクルマのエンジン音はこうだった |今回追加されたのはこういったクルマ「名車図鑑」ではこういった ...

続きを見る

トヨタ博物館とは?

トヨタ博物館は「世界のクルマの進化と文化をたどる博物館」というコンセプトのものとに運用されており、1989年(つまり日本車のビンテージイヤー)にトヨタ自動車創立50周年記念事業のひとつとして開業しています。

博物館内には日米欧の車両140台が展示され、文化資料4000点、ミニカー800台など多種多様なコンテンツを擁しており、車両だと1894年のベンツ ヴェロ、1899年のパナール エ ルヴァッソール タイプB2など100年以上前のクルマから、ホンダ・インサイト、テスラ・ロードスターなど「ハイブリッドやEV時代の先駆者」も展示しており、文字通り自動車の歴史をその目で追うことができるようです(今までに訪れたことはなく、一度行ってみようと思う)。

1

トヨタ博物館

住所:〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100
電話:0561-63-5151
休館日:月曜日
ウエブサイト

合わせて読みたい、ホンダNSX関連投稿

ホンダやフェラーリで経験を積んだデザイナーの描く「NSXコンセプト」!そのほかマツダ、日産等の秀逸なレンダリングも

| いずれも劣らぬ素晴らしいデザイン |この記事のもくじ| いずれも劣らぬ素晴らしいデザイン |その他にはこんな作品も公開されている最新作は「ロールスロイス」こんな記事も読まれています ホンダやジャガ ...

続きを見る

【動画】初代ホンダNSXは30年前、1989年2月9日に発表された!ホンダが30周年を記念し当時の開発スケッチや画像、そして最新NSXとのランデブー動画を公開

今思うと、よくホンダは未経験からこんな素晴らしいミドシップスポーツを作ったものだ ホンダが「NSX発表30周年」を記念し、発表当時の様子やデザインスケッチ、そして新型NSXとのランデブーの様子を収めた ...

続きを見る

参照:トヨタ博物館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5