ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】レクサスが新型車「RZ」のティーザー画像を公開!トヨタbZ4Xの車体を使用しレクサスLF-Zエレクトリファイドを市販モデルとして再現

投稿日:

【動画】レクサスが新型車「RZ」のティーザー画像を公開!トヨタbZ4Xの車体を使用しレクサスLF-Zエレクトリファイドを市販モデルとして再現

| もちろん市販時には大きくトーンダウンされ「普通のクルマ」に |

それでも新しい世代のデザインが盛り込まれることは間違いないだろう

さて、レクサスがブランニューモデル「RZ」のティーザー動画を公開。

これは「LF-Zエレクトリファイド」の市販モデルと思われる新型車(ピュアEV)で、プラットフォームにはbZ4X(やスバル・ソルテラ)に使用されるe-TNGAを用いる、と言われていますね。

今回公開されたティーザー動画はレクサスRZの全体を見せつつもホワイトで覆い隠して「ぼんやり」とした印象をもたせており、しかし部分的にはそのディティールを確認可能。

ちなみにレクサスLF-Zエレクトリファイドとは、もともとレクサスが「2030年のレクサス」をイメージして発表したコンセプトカーですが、2021年6月に「あと14ヶ月以内に、この市販モデルを発表する」とアナウンスしています(つまり登場まであと8ヶ月くらい)。

レクサスが「LF-Zエレクトリファイド・コンセプト」を14ヶ月以内に発売すると発表
驚愕!レクサスが「LF-Zエレクトリファイド・コンセプト」を14ヶ月以内に発売すると発表!もともとは「将来的なデザインを示唆し、2025年までに発表」予定だったが

| よほどこのレクサスLF-Zエレクトリファイド・コンセプトの評判が良かったのかもしれない |この記事のもくじ| よほどこのレクサスLF-Zエレクトリファイド・コンセプトの評判が良かったのかもしれない ...

続きを見る

フロントはやはりLF-Zエレクトリファイド、bZ4X似

そこで今回のティーザー動画を見てみると、ノーズ部では(ガソリン車に用いられる)メシュグリルがなく、かわりに全閉そして尖ったグリルが用いられています。

Lexus-RZ (3)

これはレクサスLF-Zエレクトリファイド(下の画像)、そしてbZ4Xにも共通する意匠でもあり、これ(尖ったノーズ)は今後トヨタのエレクトリックモデルに共通するデザインとなるのかもしれません。

20191023_01_01_s

ただ、メッシュ状のグリルがなくなってしまうと「スピンドルグリル」を表現しにくくなり、しかしそこはLF-Zエレクトリファイドと同様に「立体にて」スピンドルグリルを再現することになるものと思われます。

Lexus-RZ (8)

ただし市販時にはその未来っぽさがトーンダウン

しかしながら市販バージョンであるレクサスRZでは、LF-Zエレクトリファイドに比較すると様々な部分が「ぐっと現実的」になるものと思われ、というのもサイドビューを見ると現行のレクサス製SUVとの共通点が大きく見られるため。

実際のところ、LF-Zエレクトリファイドでは大きなガルウイングドアを持っていたものの、これは普通の4枚ドアに置き換えられるもよう(レクサスUXについても、コンセプト段階ではインフォテイメントシステムがホログラム式だったが、市販モデルでは通常のディスプレイに改められている)。

Lexus-RZ (4)

リアウインドウの傾斜を見ると「クーペ的」でもあり、そしてホイールベースは長く見え、よってbZ4Xのプラットフォームを延長しているということも想定できます。

そしてこのe-TNGAはスケートボード型シャシーを採用するため、ある程度自由にレイアウトやサイズを変更できることになり、今後トヨタはそのフレキシビリティを活用し、様々な車種を送り出してくることになりそうですね。

Toyota-bZ4X-28

レクサスRZはこんなディティールを持っている

そのほか、今回のティーザー動画からわかるのは、現行のレクサスと共通するイメージを持つヘッドライトやbZ4Xのようなエンド部を持つリヤスポイラー。

Lexus-RZ (6)

ボンネットはクラムシェル型のようにも見え、フロントフェンダーはこれまでのレクサスとはちょっと異なるラインを描きます。

もしかするとボンネットは「開閉できない(メンテナンス時にディーラーのみが開閉する)」構造かもしれませんね。

Lexus-RZ (7)

テールランプは横長のLEDバー。

レクサスNXのように「左右と中央で」分断されない、連続した形状です。

Lexus-RZ (5)

そして非常に薄く・・・。

Lexus-RZ (2)

サイドにまで回り込む形状。

ちなみにトヨタ・ハリアーもこういった「薄型LEDライトバー」をテールに持ちますが、「テールランプと同時に発行すると視認性が悪くなる」という理由でウインカーがリアバンパー下部へと移動させられており、これが結果的に「かえって視認性を阻害」することに。

もちろんこれの評判はあまり良いものではなく、よってレクサスRZではこのLEDライトバーにウインカーが埋め込まれることになりそうです。

なお、当然ながらリアの「LEXUS」文字は新型NXで採用された新デザインへ。

Lexus-RZ (9)

レクサスは、新型RZのメカニズムの詳細を確認していませんが、LF-Zエレクトリファイドでは536馬力のエレクトリックパワートレインを搭載し、0-100km/hタイムは3秒というスペック。

もちろん市販バージョンのレクサスRZではそこまでのパワーは期待できないものの、201馬力のシングルモーターと215馬力のデュアルモーターを選択できる「トヨタbZ4X」や「スバル・ソルテラ」を上回るパワーを発揮してくれることを期待しています。

レクサスRZのティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタが新型EV、bZ4Xの詳細を発表!異型ステアリングホイールとステアバイワイヤをトヨタ初採用、その他にも「トヨタ初」だらけの意欲作
トヨタが新型EV、bZ4Xの詳細を発表!異型ステアリングホイールとステアバイワイヤをトヨタ初採用、その他にも「トヨタ初」だらけの意欲作

| トヨタはbZシリーズを最大で7台まで拡大する計画を持っているようだ |この記事のもくじ| トヨタはbZシリーズを最大で7台まで拡大する計画を持っているようだ |EV単体というよりも、EVを発売する ...

続きを見る

レクサスLF30エレクトリファイド
レクサスLF-30エレクトリファイド発表!2030年のレクサスをイメージした、「ガソリン車では不可能なレベルに達した」高級EV

| なおスピンドルグリルは立体化し、もはやボディの一部に | レクサスが、先日よりティーザーキャンペーンを展開していた新型コンセプトカー「LF-30 Elictrified(エレクトリファイド)」を公 ...

続きを見る

レクサス「今後の電動車においてはドライビングプレジャーを追求する」。現在、運転が楽しいとはいい難いクルマの筆頭であるレクサスがどう「楽しさ」を実現するのか
レクサス「今後の電動車においてはドライビングプレジャーを追求する」。現在、運転が楽しいとはいい難いクルマの筆頭であるレクサスがどう「楽しさ」を実現するのか

| そもそも、レクサスは現在のレクサスについて「運転が楽しい」と捉えているのかどうかが知りたい |この記事のもくじ| そもそも、レクサスは現在のレクサスについて「運転が楽しい」と捉えているのかどうかが ...

続きを見る

参照:Lexus UK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5