ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ウラカン

ランボルギーニがボローニャ空港とのパートナー契約を延長!新しいフォローミーカー(ウラカン)公開、そしてウルスによる送迎サービス、空港内にはブティックも

ランボルギーニがボローニャ空港とのパートナー契約を延長!新しいフォローミーカー(ウラカン)公開、そしてウルスによる送迎サービス、空港内にはブティックも

| ランボルギーニ・ウルスによる送迎サービスはなかなかに良さそうだ | 空港内のブティックでは本社工場見学の予約も行えるように さて、ランボルギーニがイタリア・ボローニャ(グリエルモ・マルコーニ)空港 ...

違う、ランボルギーニはこんな状況で乗っちゃダメだ・・・。冠水路を果敢に走るランボルギーニを襲った悲劇とは?【動画】

違う、ランボルギーニはこんな状況で乗っちゃダメだ・・・。冠水路を果敢に走るランボルギーニへと悲劇が襲いかかる【動画】

| よく見ると周囲を走るのはトラックばかり、明らかにオーナーはクルマの選択を間違えたようだ | 昨今は世界的に災害が多く、トラックが支持されるのもなんとなくわかるような気がしてきた さて、世界中にて台 ...

ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの任意保険更新!保険料は22万3010円、納車から2年の間にかかった維持・メンテナンス・カスタム費用は211万7726円

| ただし維持・メンテナンス・カスタム費用の半分は「プロテクションフィルム」 | おそらくここからはそれほどお金がかからないと予想しているが さて、早いものでランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納 ...

ランボルギーニ・ウラカン・ステラートの最新公式ティーザー画像が公開!今回はブルーカモ、そして新たなディティールも判明。限定500−1,000台との情報も

ランボルギーニ・ウラカン・ステラートの最新公式ティーザー画像が公開!今回はブルーカモ、そして新たなディティールも判明。限定500−1,000台との情報も

| ランボルギーニ・ウラカン・ステラートの発表は11月30日という情報もあるが | どのみちウラカン・ステラートは完売しており入手は不可能 さて、ランボルギーニが「Beyond Concrete(コン ...

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」試作車が路上へと解き放たれる!コンセプトカーに忠実、しかし多少のアレンジとともに発表されるようだ【動画】

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」試作車が路上へと解き放たれる!コンセプトカーに忠実、しかし多少のアレンジとともに発表されるようだ【動画】

| 限定台数はわからないものの、すでにウラカン・ステラートの生産予定台数にはすべて買い手がついているようだ | おそらく、実車は相当にインパクトのあるスーパーカーに違いない ランボルギーニが年内に発表 ...

ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!681馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg

ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!681馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg

| ただし、このランボルギーニ製レーシングカーの名はまだ公開されていない | ランボルギーニは2024年から「はじめて」ル・マン24時間レースに参戦の予定 さて、ランボルギーニはル・マン24時間レース ...

ランボルギーニ

マジカヨ!ランボルギーニ・ウラカン後継モデルはV8ターボ+ハイブリッド、ただし7,000回転までは「NA+モーター」、そこから10,000回転までは「ターボ」という前代未聞のセットアップに

| さすがはランボルギーニ、すべての条件を満たし、しかも予想外のソリューションを提供するようだ | まさかこの方法で自然吸気を守ってくるとは思わなかった さて、ランボルギーニは年内に「ウラカンの派生モ ...

ドゥカティとランボルギーニとのコラボバイク第二弾が発表間近!今度はウラカンSTOをイメージした超ハードなモデルとなりそうだ

ドゥカティとランボルギーニとのコラボバイク第二弾が発表間近!今度はウラカンSTOをイメージした超ハードなモデルとなりそうだ

| 今後も継続的にドゥカティとランボルギーニとのコラボモデルが発表されると嬉しい | できればウルスとドゥカティ(ムルティストラーダ、ハイパーモタード)とのコラボも希望 さて、ランボルギーニとドゥカテ ...

ユーチューバーがドラッグレースに挑戦→ブレーキポイントを誤りフェンスに激突。フロントは1枚モノなので修理費用がかなり高そうだ・・・【動画】

ユーチューバーがランボルギーニ・ウラカンSTOにてドラッグレースに挑戦→ブレーキポイントを誤りフェンスに激突。フロントは1枚モノなので修理費用がかなり高そうだ・・・【動画】

| ただし動画再生による収益にて難なく修理ができるだろう | 不幸な事故ではあるが、被害は最小限に収まったようだ さて、チャンネル登録者1061万人を誇るチューチューバー、ドゥーブル・ブラザース(Do ...

問い合わせの多かった「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに取り付けているスマートフォンホルダー」。ボクはこういった製品を使用している

問い合わせの多かった「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに取り付けているスマートフォンホルダー」。ボクはこういった製品を使用している

| けっこうたくさんの製品を試した後、ボクはこのスマートフォンホルダーにたどり着いた | 今のところ全く問題なく使用ができている さて、今日は非常に問い合わせの多い「スマートフォンホルダー」について紹 ...

フェラーリ仕様のカスタムヘルメットついに完成!これを眺めつつひたすら296GTBの納車を待とうと思う

フェラーリ仕様のカスタムヘルメットついに完成!これを眺めつつひたすら296GTBの納車を待とうと思う

| このブルーを再現するのにはけっこう苦労した | ちなみに「Ferrari」文字は張替え可能、「Lamborghini」にも「Porsche」にも変更できる さて、先般より製作していたフェラーリ29 ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが合成燃料の開発を開始!「いかなる手段を用いてもガソリンエンジンを存続させ、そのためにはハイブリッドも活用する」

| ランボルギーニは他の自動車メーカーとはやや異なる「電化への」姿勢を持っている | なおウラカン後継モデルについては「ターボ」の可能性を否定出来ないようだ さて、電動化に熱心なフォルクスワーゲングル ...

大阪・舞洲にランボルギーニやダッジ各車、コルベットなどアメリカンマッスルが集い加速とサウンドを披露!ミツオカ サマーフェスティバル2022へ行ってきた【動画】

大阪・舞洲にランボルギーニやダッジ各車、コルベットなどアメリカンマッスルが集い加速とサウンドを披露!ミツオカ サマーフェスティバル2022へ行ってきた【動画】

| 日本においてランボルギーニとアメリカンマッスルとのサウンド対決はなかなか見ることができない | まさかここまで太っ腹なイベントが大阪で実現しようとは さて、ランボルギーニ大阪 / 神戸さんのお誘い ...

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ「電動化時代となっても、そのサウンドやデザインによって常にエモーショナルなスーパーカーを提供する。我々のクルマは時代を超越した宇宙船のようなものだ」

| ランボルギーニは電動化に関してはやや出遅れたが、グループ内には豊富な電動化の知識や技術があり、すぐに独自の解決策を見つけるだろう | ここ数年で発表されるアヴェンタドール、ウラカンの後継モデルを楽 ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが「2022年上半期は過去最高の販売台数、売上高、利益だった」と発表!台数は+4.9%ながらも利益は+70%、さらには「2023年の生産枠も埋まった」

| ここ最近のスーパーカーの人気ぶりは凄まじい | さらには中古市場もよく動いており、とにかくスーパーカー需要が高まっているようだ さて、ランボルギーニは2022年上半期(1月から6月まで)の業績を発 ...

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」公式ティーザー画像が公開!コンセプトモデルに忠実なスーパーオフローダー、これがウラカンのファイナルモデル?

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」公式ティーザー画像 / 動画が公開!コンセプトモデルに忠実なスーパーオフローダー、これがウラカンのファイナルモデル?

| まさかこのウラカン・ステラートが本当に発売されるとは思わなかったな | 後世に残る「超希少モデル」となりそうだ さて、ランボルギーニ・ウラカンのオフロードバージョンとなる”ウラカン・ステラート”の ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニ・ウラカン後継モデルに新情報!「エンジンはV6~V12までの可能性」「HVシステムは専用開発」「出力は850馬力以上」。実現すればゲームチェンジャーに

| ランボルギーニは「電動化」をむしろスーパーカーの可能性を拡張する機会だと捉えているようだ | きっと驚きのパッケージングを見せてくれるに違いない さて、ランボルギーニ・ウラカンは思ったよりも早くそ ...

ランボルギーニ・ウラカン・テクニカがサーキットにてダイナミックデビュー!ウラカン・テクニカは次世代ランボルギーニへの橋渡し役だとボクは考えている

ランボルギーニ・ウラカン・テクニカがサーキットにてダイナミックデビュー!ウラカン・テクニカは次世代ランボルギーニへの橋渡し役だとボクは考えている

| そのデザインはおそらくアヴェンタドール後継モデル、新型ウルスとも共通 | できればもうちょっと多様なオプション装着車を見たかった さて、ランボルギーニがその最新モデル、ウラカン・テクニカをスペイン ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5