●ポルシェ718ケイマン(982) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

レンジローバー・イヴォークを購入するならポルシェ718ケイマン売却が必要。ケイマン、イヴォークそれぞれの勝るポイントを挙げて買い替えの是非を問う

| 正直、買い替えてもOK、買い換えなくてもOK | さて、現在レンジローバー・イヴォークを購入するかどうか悩み中。そしてもしレンジローバー・イヴォークを購入するとなると、ポルシェ718ケイマンを放出する可能性が大(一応、トヨタ・スープラも予約しているので、これがやってくると家のクルマがスポーツカーばかりになるため、718ケイマンを放出することになりそう)。 新型GRスープラを予約してきた!支払総額は「RZ」で760万円。車両価格はSZが490万円、RZが690万円、ボディカラーは8色 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェ911GT3「ツーリング」と思われる試作車最新版。これまでとは異なり、フロント/サイド/リアに変更アリ。レーシングカー”911RSR”そっくりのルックスになるかも

| こちらのほうが市販モデルに近い? | 991世代のポルシェ911GT3には「ツーリング」グレードが存在。これは何かというと、911GT3から巨大なリアウイングを取り払った、「見かけがシックな911GT3」。ポルシェとしてはもともとこの「911GT3 ツーリング」を投入しようと考えていたわけではなく、予定外にてこの911GT3ツーリングをラインナップに加えたのだと思われます。その理由としては、やはり991世代において、ポルシェが投入した「911R」が異常な人気モデルとなってしまい、尋常ではないプレミアが ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

| フォルクスワーゲン自慢のDSGに不具合発生 | フォルクスワーゲンが176,068台にもおよぶ大規模リコールを発表。なお、フォルクスワーゲンの2018年における販売台数は通年全モデルで49,036台なので、この176,068台は「3.6年分」の販売台数に相当する、ということですね。なお、リコールの内容としては「DSG(デュアルクラッチ変速機)」のパーツ強度が不足しており、最悪の場合は走行不能になる、というもの。対象となるモデルはシロッコ、ポロ、クロスポロ、ジェッタ、ゴルフ、ゴルフカブリオレ、ゴルフヴァ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連

これが限定モデルのポルシェ「パナメーラ820」? 820馬力を発生しニュル最速セダンの座を狙う限定モデルか

| 前後には見たことのないエアロパーツを装着 | ここ最近、フェイスリフトバージョンのプロトタイプが目撃されているポルシェ・パナメーラ。今回はニュルブルクリンクを走行する姿がスパイフォトとして捉えられていますが、これまでの個体とはちょっと違う仕様を持っています。この個体を見ると、フロントには「地面スレスレの」フロントリップスポイラーが装着され、リトラクタブル式のリアウイングにはガーニーフラップのようなものも。

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディが新型RS6アバントを発表。600馬力に前後ワイドフェンダー、盛り上がったボンネットで武装した超速ワゴン

| RS6アバントは欧州でも高い人気を誇るハイパフォーマンスワゴン | アウディがハイパフォーマンスワゴンの代名詞、「RS6アバント」のモデルチェンジ版を発表。搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは600馬力を発生するに至り、トランスミッションは8速AT、駆動方式はもちろん4WD。0-100キロ加速は3.6秒、最高速度は(紳士協定によるリミッター作動にて)250km/hだと公表されています。 こちらもオススメ、関連投稿アウディが新型A6アバント発表。よりスタイリッシュに、よりスポーティーに、より先 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】現時点で新型スープラの最高出力!米DMEチューニングがスープラを527馬力にまでパワーアップさせることに成功

| 短期間でここまでパワーアップさせるとは。チューナーの技術もさることながらスープラのポテンシャルにも脱帽 | 新型スープラのチューンは現在注目度が非常に高く、どのショップにとっても「名を売るチャンス」。そのため、北米で新型スープラの納車が始まると同時に各チューナーがカスタムを始めているのが現状ですが、今回は「DMEチューニング」がシャシーダイナモ上で527.67馬力にまでスープラをパワーアップさせることに成功しています。なお、DMEチューニングのFacebookページを見る限り、マクラーレンやフェラーリ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について

ワイルドスピード次回作(9作目)にブライアンを連想させるオレンジのトヨタ・スープラが登場!複数台用意され重要な役割を果たす?

| やはりワイルドスピードにスープラは欠かせない | ワイルドスピード9作目(タイトル未定、アメリカでは2020年5月22日に公開予定)のロケの風景(ジョージアの首都、トビリシにて)がインスタグラマー、 _pw40_によって公開。これを見ると、驚くべきことに「オレンジの」スープラが登場しています。オレンジのスープラといえば、ワイルドスピードの初回作にてポール・ウォーカー扮するブライアン・オコナーがドライブしたことで一気にスープラ人気がブレイク。とくにフェラーリとの対決において、フェラーリのドライバーにブラ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが「世界初のピュアエレクトリック・プレミアム・ミニバン」、EQV発表。”EVとミニバン”は意外といい組み合わせかも

| ベースはメルセデス・ベンツVクラス、しかし紛れもない”EQ顔” | メルセデス・ベンツが突如「世界初のラグジュアリー・エレクトリック・ミニバン」、EQVを発表。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて「EQVコンセプト」として公開されていたものではありますが、先に発表されたEQCのようにティーザーキャンペーンが行われないままに登場した、ということに。メルセデス・ベンツいわく「ゼロ・エミッションとドライバビリティとの両立」を達成したとしており、実車のお披露目はフランクフルト・モーターショー会期中(9月 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】世界に一台、日本人オーナーの「ミウラ・イオタSVR」が米イベントに登場!ランボルギーニのデザイナーもそのサウンドに心奪われる

| 動画をインスタグラムに投稿したのはランボルギーニのチーフデザイナー | 世界に一台のみが存在する、ランボルギーニ・ミウラ”イオタ”SVR。今回そのミウラ・イオタSVRがペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場してそのサウンドを披露しています。なお、このミウラは、ランボルギーニが「5台の特別なミウラを展示する」としていたうちの一台で、日本人が所有している個体。もともとは1968年に通常の「ミウラS」として、そしてグリーンにペイントされていた個体ではあるものの、1974年にドイツ人のハインツ・シュトラー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「11月に新型GTカーを発表する」。9月にも2モデルを投入し、フェラーリのラインナップが一気に拡大する可能性(というか確実に拡大)

| ここ最近のフェラーリは「追いつけない」ほど展開が早い | フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によると、フェラーリは「GTカー」のラインナップを拡大する、とのこと。ちなみにフェラーリの「GT」ラインナップとはポルトフィーノ、GTC4 Lussoを指し、このほかには「スポーツ」としてF8トリブート、812スーパーファスト、そして「スペシャルモデル」として488ピスタ、「ICONA」としてモンツァSP1/SP2という構成となります。その上フェラーリはSF90ストラダーレを発表し、さらに今年中には「数台」の ...

ReadMore



>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォークを見てきた!とにかく内外装が自動車史上もっとも「ツルツル」、自動車というよりは芸術作品のようだ

投稿日:

| 新型レンジローバー・イヴォークは思っていたよりもずっとイケてた |

さて、日本でも発売され、国内に導入されたばかりの新型レンジローバー・イヴォークをさっそくチェック。

まだナンバーも付いていないという状態で、つまりディーラーに「入庫したて」の車両です。

パっと見た第一印象は「超なめらか」。
レンジローバーは「ヴェラール」以降フラッシュサーフェス化を進めていますが、イヴォークはさすがに最新モデルだけあって、さらに「なめらか化」が進んでいるように思います。

全体的な印象は「イヴォーク」そのまま

全景はこんな感じ。
クルマというよりは、クルマを模したオブジェのようで(なんとも表現し難いが、この中にエンジンが入っているとは思えないような非現実感がある)、ここまで滑らかな表面を持つクルマは他に見たことがない、と思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ドアハンドルはもちろんポップアップ式。
ポップアップ式ハンドルは「操作しにくい」ものが多いものの、イヴォークの場合はさすがにオフローダーだけあって「グローブを装着していてもドアを開閉しやすいよう」大きめ、かつ掴みやすいようにできています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ヘッドライト、バンパー表面、そしてエアインテークも完全にツライチ。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

サイドブレードもフラッシュサーフェス。

画像に含まれている可能性があるもの:車

バンパー上のインサートもツライチ。
正直、ここまでツライチにするんならサイドブレードともども、「別パーツにしなくてもいいんじゃないか」と思いますが、そこはデザイナーであるジェリー・マクガバン氏のこだわりなのでしょうね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、靴、屋外

テールランプもボディとツライチ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

テールパイプはついにバンパー内に隠れる形に(下を向いている)。
これも「ボディ表面の凹凸をなくし、ツルリと見せる」ための手法なのだと思われます。

ちなみに異なる素材でツライチに作るのは非常に難しく、きっちり作れたとしても、温度差による収縮率の違いで「チリがあわなくなる」ことも。
よって、そういった問題を回避するためにイヴォークではテールパイプをリアバンパー内に(外へ向けて)インテグレートしなかったのかも。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアスポイラーの脇にもエアロパーツが追加。
なお、ルーフラインは紛れもない「イヴォーク」で、そのために細部が大きく変更されたにもかかわらず全体の雰囲気はひと目見てイヴォークだとわかるもの。

オフィシャルフォトを見たときは「ヴェラールに似ている」という印象を受け、なぜ「ヴェラールとイヴォークをそっくりに作るのか(お互いの存在意義が曖昧になる)」と思いましたが、実際にイヴォークを見ると、ヴェラールとはかなり印象が異なるようですね。

写真の説明はありません。

新型レンジローバー・イヴォークのインテリアはこうなっている

新型イヴォークのインテリアも先代イヴォークのイメージを強く継承しているものの、各部は外装同様により丸く、よりフラッシュサーフェスに。

写真の説明はありません。

先代イヴォークと大きく変わるのは「シフトレバー」。
つまり、特徴的であったダイヤル式セレクターが廃止されたということですが、これは安全上の問題かもしれませんね。

そして前方にあるエアコン調整パネルは「表面ツルツル」。

写真の説明はありません。

そしてエンジンに火を入れるとこんな感じで表示が透過する形で点灯。
温度調整ダイヤルの内側もデジタル式透過表示です。

なお、エンジン始動音やアイドリング音は非常にジェントル。
音が小さいという意味ではなく「上品だ」ということで、先代イヴォークに乗っていた頃も感じていましたが、「エンジン始動音やスイッチのタッチがこれほど紳士的なクルマはレンジローバーをおいてほかにない」と考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:電話

インフォテイメントディスプレイもツルツル。

画像に含まれている可能性があるもの:電話

ウインカーやワイパーレバーは新デザイン(先端にメタル調の加飾が付与)に。

写真の説明はありません。

これは「クリアサイトリヤビュー」。
つまりデジタルミラーですが、高精細すぎてこれが「液晶表示」とは一瞬わからないほど。
なお、この映像を捉えるカメラはルーフ上のアンテナに内蔵されています。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

そしてこちらは「透視グラウンドビュー」。
車両の下(裏側)の状況を映し出すものですが、走行していない状態なのでカメラが映像を捉えておらず、「黒く」表示されています。

画像に含まれている可能性があるもの:電話

メーターはフル液晶。
表示はいくつか変更でき、マップやデータなど自由に設定ができます。

写真の説明はありません。

そして上の「シングル」ダイヤルに加え、下のように「ダブル」ダイヤル表示も可能。

写真の説明はありません。

このほかにも内外装含め変更点は多く、たとえばリアトランクは横方向に深くなってゴルフバッグが横に入るように。
全般的に、「雰囲気は先代を継承」しながらもすべてをリフレッシュしたという印象。
かつ、先代で不満があったところはすべて新型イヴォークでは「解決してきた」ようで、かなりレベル、そして質の高いモデルチェンジだと言えそうですね。

ほかの画像はFacebookのアルバム「新型レンジローバー・イヴォーク」に保存しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.