>マツダ(MAZDA)

マツダがまだロータリーを諦めていない2008年に発表した「3ローター」エンジン搭載”風籟コンセプト”。トップギアが全焼させてしまう前の姿を見てみよう

投稿日:2019/12/10 更新日:

| そしてその姿は二度と復元されることはなかった |

さて、先日はマツダの「風籟コンセプト」のデザインに関わった元マツダのデザイナー、カルロス・サラフ氏が立ち上げた新プロジェクト”Salaff C2”を紹介しましたが、今回は「風籟コンセプト」そのものを見てみたいと思います。

風籟(FURAI)コンセプトはマツダが2008年のデトロイト・モーターショーにて発表したコンセプトカー。
デザイン的には現在の「魂動」とは異なる、ひと世代前のデザイン言語を採用しています。
これは” 動きやエネルギー、軽やかさを感じさせる「Flow(フロー、流れ)」を造形やラインに表現 ”したとマツダが述べるもので、2006年のコンセプトカー「マツダ流(ながれ/NAGARE)」ではじめて視覚化されたもの。

ちなみにこの「NAGARE」デザインを最初に採用したマツダの市販車は、今はなき「プレマシー」。※サイドのプレスラインに、FURAIコンセプトと同じデザインが見られる

元マツダ・ロードスターのデザイナーがランボルギーニ・ガヤルドをベースに仕立てたスーパーカー、「サラフC2」!最新バージョンの画像が公開に

マツダ「NAGARE」シリーズはこういった構成を持っている

なお、この「NAGARE」デザインについて、コンセプトカー「流(ながれ)」に端を発するのは上述のとおりですが、こちらがその流。

mazda (9)

NAGARE第二弾は「流雅(りゅうが)」。

mazda (1)

第三弾は「葉風」。

mazda (1)

そして第四弾は「大気」。
第五弾が今回紹介する「風籟」となります。

mazda (8)

風籟コンセプトはこんなクルマ

そして風籟コンセプトですが、これは一連の「NAGARE」とは異なって「レーシングカー」。
「風の音」を表すネーミングを持ち、その名の通り風を切り裂く音が聞こえてきそうなクルマです。

mazda (6)

このFURAIコンセプトについて重要なことが2つあり、1つ目は「市販化は当初から考えられておらず、当時アメリカン・ル・マン・シリーズに参戦することを考えてデザインされた」こと。※コンセプトカー自体も実際のレーシングカー、クラージュC65のシャシーが使用されている
ただし、これはいくつかの問題(次期的にはリーマンショックの影響が大きい?)のためにレース参戦は結局実現せず。

mazda (7)

そしてもうひとつは、「ロータリーエンジンを積んでいた」こと。
当時マツダはまだロータリースポーツの未来を諦めておらず(今でも諦めていないと思われますが)、このFURAIコンセプトは「3ローター」R20Bを搭載し、E100エタノールにて走行するという仕様です(450馬力)。

mazda (5)

リアから見ると、「ロータリー型」エキゾーストシステムも見えますね。
この時代、マツダは(現役だった)RX-8の内外装あちこちに「ロータリーモチーフ」のデザインを用いるなど、とにかくロータリー推しだったことが改めて思い出されます。

mazda (4)

インテリアも完全に「レーシングカー」。
シートのヘッドレスト部分もまた「ロータリーエンジンモチーフ」なのでしょうね。

mazda (2)

このFURAIコンセプトは実際にラグナセカ、バトンウィローでも走行テストを行っていますが、トップギアによるテストドライブ中の事故によって「帰らぬクルマ」となってしまいます。

トップギアのテストによって「全焼」

マツダはFURAIのデビュー後まもない2008年にトップギアへとテストのために車両を貸し出し、イギリスのベントウォータースパーク空軍基地にてフォトセッションを行っている際、エンジンルームから煙が出ているのを発見。
幸いにもドライバー(マークティス・ハースト)は脱出に成功したものの、消火活動を行う前にFURAIコンセプトは一瞬で炎上してしまったようですね。

その後マツダは「残骸」をカリフォルニア州アーバインにあるアドバンスト・デザイン・スタジオへと持ち込んで再生を試みるも、二度とその姿を取り戻すことはなかった、と報じられています。

mazda (3)

ちなみにこの事故が明らかになったのは2013年で、つまり炎上から5年が経ってから。

この際、デザイナーであったカルロス・サラフ氏は米Road and Track氏にこう語っています。

「あれは本当に辛い事故だった。私は身も心もFURAIコンセプトに捧げ、我が子のように感じていたクルマが燃えたのだ」。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.