>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

限定フェラーリやポルシェを入手できる」としてお金をだまし取った伝説の走り屋。「湾岸ミッドナイト」のモデルだった有名人物がなぜ?

| 「ブラックバード」のモデルであり、ミニカー化までなされていた | 週刊文春(文春オンライン)が衝撃的なニュースを掲載。それは「世界で500台しかないフェラーリ売ります……逮捕された男は“伝説の走り屋”だった」というもので、日本では有名な走り屋がラ・フェラーリやポルシェ918スパイダーを販売すると偽り、お金をだまし取っていた、というもの。これによると、その伝説の走り屋「吉田栄一」容疑者がモナコの資産家から、ラ・フェラーリを入手できるとして合計2億5000万円を2016年までに受け取っていた、としています ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「MSO」でカスタムした600LT登場。カーボンファイバーに加えボディカラーは”ヴェガ・ブルー”

ルーフにはMSO特性のシュノーケル マクラーレン・サンフランシスコがMSOにてカスタムした600LTの画像を公開。600LT発表時のボディカラーは、グレーにパールオレンジをかけたような「シケイン・エフェクト」ですが、この個体のボディカラーは「ヴェガ・ブルー」。マクラーレン自身もこれまでにいくつかの600LTを公開しているものの、このボディカラーは「初」だと思います。

ReadMore

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マーカス・フラッシュ氏がカーメディア「Motoring」にこう語っています。「我々は、キドニーグリルを装着した、ミッドシップレイアウトのスーパーカーに非常に興味を持っている。いかなる既存モデルとも共通性のない、単独で存在するハイパフォーマンスカーだ」。 BMWの役員「一生に一度は胸を張れるスーパーカーを作りたい ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■近況について ■ニュース

新型アウディTT 40 TFSIを見てきた!変更は最小限ながらも上位グレードのデザインが取り入れられてお買い得感が向上

| ただし基本的な価格がちょっと高い | 新型アウディTTが日本でも発表され、ディーラーに配備されたので早速アウディ箕面さんへ。展示車兼試乗車は、FFモデルとなる「アウディTT 40TFSI」です。この「40」そして4WD(クワトロ)モデルに付与される「45」といった名称は、現在アウディが本国において進めている「ヒエラルキー」を数値化したもの。メルセデスAMGの「43」や「63」のようなものですが、今回からアウディTTにも導入されたということになりますね。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない | マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ReadMore

イスレロ

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】今は途絶えたランボルギーニ2+2の系譜、”イスレロ””ハラマ”はこんなクルマ

ランボルギーニのルーツはGTカーにあり。ランボルギーニの第一号車「350GT」の直系子孫 コンコルソ・デレガンツァ2019京都にて展示されていたランボルギーニシリーズ、今回は「イスレロとハラマ」。イス ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

ランボルギーニが50周年を迎える「エスパーダ」「イスレロ」20台でツアー敢行。過去モデルの生産台数を見てみよう

| 20台のクラシックランボルギーニが一堂に | ランボルギーニがエスパーダ、イスレロといったクラシックモデルのオーナーを集め、ペルージャを起点に20大規模のツーリングを開催。 これはイスレロ、エスパ ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニが50周年を迎えるイスレロ(生産225台のみ)をレストアし公開。エスパーダとともにツアーを敢行

| ランボルギーニは精力的にレストアを継続中 | ランボルギーニのレストア部門、ポロストリコが新たにレストアした「イスレロ」を公開。 「イスレロ」は1968年発売なので50周年を迎えており、その記念と ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニがイスレロ、エスパーダの50周年を記念し、レストアを行い公開へ。その意図を考える

| ランボルギーニはイスレロ、エスパーダの50周年を祝う | ランボルギーニが1968年に生産を開始した「エスパーダ」「イスレロ」の50周年を祝い、それぞれのレストアした車両をテクノ・クラシケにて公開 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.