>ベントレー(Bentley) >マセラティ(Maserati) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

その価格2900万円!ベントレー100周年記念本が発売に。購入者は自分の写真をページ内に入れて「ベントレーの歴史」となることが可能

| 実際に購入するのはどんな人なのか興味のあるところ | ベントレーは今年で創業100周年を迎え、重量30kg、800ページという強烈なボリュームを持つ記念本”The Bentley Centenary Opus”を発売。この本は「三種類の」バージョンにて発売され、もっとも安価なもの(価格は未公開)は「センテナリー・エディション(Centenary Edition)」で500冊の限定。表紙には実車に採用されるのと同じエンブレムが使用され、加えてベントレーの実車と同じレザーによって装丁されることに(ケースも ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メキシコ政府がナイス判断。「奪われた人々へ」返還することを目的にランボルギーニなど高級車を競売にかけ、収益金にて貧困層の救済を開始

| 壊すのではなく「与える」ことが重要だと思う | メキシコ政府が、「犯罪者から押収した」クルマ82台を競売にかける、と発表。これら82台の中にはランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター、シボレー・カマロ、フォードF-150、そのほかコルベットやメルセデス・ベンツ、BMW、マスタング、ポルシェ、さらにはMINIやフィアット500、フォルクスワーゲン・ビートルなど多種多様なクルマが含まれています(動画に出てくる)。

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのコーティングメンテナンス完了!外装は透明感のある輝きに、内装は真っ白に

| これでまた一年キレイなクルマに乗れることに | さて、先日コーティングのメンテナンスに出していたランボルギーニ・ウラカン。無事にメンテナンスが終了し、早速引き取って来たところ。お願いしていたのは兵庫県は尼崎にある「煌(きらめき)」さんですが、メンテナンスを依頼するのは今回で二回目です。 今日のランボルギーニ・ウラカン。年に一度のコーティングメンテナンスに出してきた!

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが「レストアしない」と決めた、重量わずか450kgのヒルクライムマシン、910/8。その理由とは

| 「レストアしない」のはレストアによってそのオリジナリティが失われるから | ポルシェミュージアムには640台もの「未レストア」車両があるそうですが、その中でレーシングカーは3台のみ。そしてその3台のうちの一台がこの「910/8ベルクスパイダー(シャシーナンバー031)」。この910/8ベルクスパイダーについては、これまでポルシェミュージアムに展示されたことはなかったそうですが、今回ついに「はじめて」一般向けに公開されることに。 910/8ベルクスパイダーはスチール製スペースフレームに樹脂製のボディを持 ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・アクセラ改め「マツダ3」国内発表!上質かつ快適さを目指して内外装、パワートレーン、制御技術すべてが進化。欧州プレミアムコンパクトに真っ向から挑む

| ファストバックの価格は2,181,000円~3,621,400円、6MTも | マツダが日本国内にて「マツダ3」を発表。これまで「マツダ3」は日本以外の国において使用されていた名称であり、日本では「アクセラ」の名を使用。ただし今回のモデルチェンジに際し、(トヨタ「ヤリス」同様に)マツダ3という、世界標準の呼称を日本でも使用することに決定した、とアナウンスされています。なお、マツダによると新型「マツダ3」は新世代商品の第一弾だとされ、”日常が鮮やかに輝くパーソナルカー”というコンセプトを掲げています。※ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかEVが一般化する日は来ない?米ではあとをたたないEVスペースに駐車するガソリン車に罰金、VWは「一台売って38万の赤字」

| なぜエレクトリック化は「予想した通りに」進まないのか | 現在、世界中の自動車メーカーが進める「エレクトリック化」。特に熱心なのはフォルクスワーゲングループですが、BMWやメルセデス・ベンツもそれに続く形です。一方、消費者ではEVに関心があるという割合は高くなく、メーカー側がEVを発売しても思ったほど売れずに「笛ふけど踊らず」な状態。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン「AM-RB003の購入希望は予想以上だ。おかげで誰に販売し、誰に販売しないかを決めねばならなくなった」

| ハイパーカーを購入するのも楽じゃない | アストンマーティンがそのハイパーカー「AM-RB003」の引き合いが想像を超えた規模となっているため、「顧客を選ばねばならない」とコメント。AM-RB003は「AM-RB001」つまりヴァルキリー、そしてヴァルキリーAMRに次ぐ第三のハイパーカー。RBと名のつくことで分かる通り、レッドブルと共同開発され、出力は1000馬力、0−100キロ加速は2.5秒、最高速度は354km/hと言われます。 これがアストンマーティンの新型ハイパーカー!「AM-RB 003」は ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

まさかの+94馬力!ホンダ・シビック・タイプRがホンダ自身によって「オンロード」「オフロード」向けにカスタムされる(ただしワンオフ)

| 限定販売したら相当に人気が出そうだ(とくにオフロード) | ホンダUKが年例行事「SMMT テスト・デイ」へ2台のホンダ・シビック・タイプRを持ち込み。これらはそれぞれ「ワンオフ」となり、一台は+94馬力を誇るロードバージョン、もう一台はラリーレイドにインスピレーションを得た、10センチのリフトアップやオーバーフェンダー装着等の手が入ったオフロード仕様(両方とも合法に公道を走行できる)。

ReadMore

>アウディ(Audi)

さよならアウディTT。アウディCEOが正式に「TT終了」を発表し、その後継は「まったく別の」エレクトリックカーとなることを発表

| TTはアウディのイメージを大きく変えた、歴史に残るクルマだった | アウディCEO、ブラム・ショット氏がアウディ年例ミーティングにて正式に「次期TTはない」とコメント。かわりに「新型エレクトリックカーがTTのポジションに位置することになる」と発表しています。※ただしTT後継という意味合いはないこの「TTと入れ替わるエレクトリックカー」についての情報は少なく、しかしブラム・ショットCEOは「その価格はTTと同程度になる」とも述べていて、つまり500万円~900万円あたりになる、と言えそうです。

ReadMore

>アウディ(Audi)

ドイツの内装スペシャリスト、ニードファクターの新作「アウディR8」。総額200万円の内装カスタムはこうなっている

ニードファクターは純正ライクに、シンプルかつ高品質な仕上げが特徴 ドイツの内装専門チューナー、ニードファクター(Neidfaktor)がアウディR8 V10のインテリアをカスタム。ニードファクターはインテリアのカスタムにあたりテーマを持たせ、文字通り「全部分解してから」再度テーマに沿った素材を選んで加工し組み立てるという手法を採用していますが、今回のR8についてもやはり”フルカスタム”となっています。なお、ニードファクターによれば、同様レベルのカスタムであれば、190-220万円程度の費用が必要、とのこと ...

ReadMore

エストーケ

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニ「今は基盤を固める時だ。ウルスの次となるニューモデルは検討中だが、すぐに発売することはない」。2+2、オフローダー、4ドアなど様々なウワサも登場

| いずれも可能性は高そうだが、しばらくはその姿を見ることができそうにない | ランボルギーニは現在破竹の快進撃中ですが、ウルスの生産が軌道に乗った今、気になるのが「ウルスの次」。ランボルギーニ各モデ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニ「第四のモデルを開発する。2+2のグランドツアラーだ。これによって年間1万台の販売を目指す」

ウルスが軌道に乗りつつある今、ついに「第四のランボルギーニ」が始動 ランボルギーニがさらなる成長を確実にするため、すでにニューモデルの開発に取り掛かっている、とのこと。ランボルギーニは2018年におい ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ「ウルス購入者の1/3はポルシェとベントレーからの乗り換え。2/3のガレージには2~6台のクルマが入っている」

| ランボルギーニ・ウルスはポルシェとベントレーの天敵だった | ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア、Automotive News Europeに対して語った内容によると、 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】まさかの「ランボルギーニ・エスパーダをホットロッド」に魔改造!これでもちゃんと4人乗れる

| 世の中にはとんでもない奴らがたくさんいる | 「まさかの」ランボルギーニ・エスパーダをホットロッドに改造してしまったチューナーが登場。 ランボルギーニ・エスパーダは1968年に発売され、今年でちょ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ?ミウラ復活?

| ランボルギーニが「第四のランボルギーニ」に言及 | ランボルギーニは新型SUV「ウルス」を発表したばかりですが、早くも新モデル追加のウワサ。 現在ランボルギーニはスーパースポーツとして「アヴェンタ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニがイスレロ、エスパーダの50周年を記念し、レストアを行い公開へ。その意図を考える

| ランボルギーニはイスレロ、エスパーダの50周年を祝う | ランボルギーニが1968年に生産を開始した「エスパーダ」「イスレロ」の50周年を祝い、それぞれのレストアした車両をテクノ・クラシケにて公開 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ウルスの次はエストーケ。「第四のランボルギーニ」を最新のデザインにて予想

| アヴェンタドール風のデザインで「イマ風」に | CGデザイナー、Kleber Silva氏の考えた、「ランボルギーニ・エストーケ」の市販モデル予想図。 ランボルギーニはそのSUV「ウルス」を発表し ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

これがランボルギーニ!? 非常に珍しい”4人乗り”ランボ、「エスパーダ」をユーチューバーが動画で紹介

今のランボルギーニからは想像できないような車も作っていた ランボルギーニ・エスパーダをおなじみユーチューバー、Doug DeMuroが紹介。 前回に続き、今回の動画もドバイにて撮影されたもののようです ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウルス関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ「エストーケ」復活か?現在「ウルスの次」として可能性を模索との報道

「第四の」ランボルギーニとして”エストーケ”登場か ランボルギーニが2021年の発売に向け、新型車種の開発に取りかかかった、とのウワサ。 おそらくこの新型車は「エストーケ」と見られており、既に社内では ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

現代(未来)にランボルギーニの4座クーペ、マルツァルが蘇ったら?「ランボルギーニMRZL」プロジェクト

デザイナー、Clément ALLIOTさんの考えた「M R Z L : : : The Lamborghini PROJECT」がレンダリングにて公開。 その名から想像できる通り「マルツァル(MAR ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニCEO「ミウラの後継もありうる。イメージを反映させた4シーターも検討中」

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がメディアに語ったところによると、「ミウラの後継もありうる」とのこと。 これはAutomotivenewsのインタビューに対して語ったもので、まずはウルス ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニが「第4のモデル」を計画中との報道。セダンかレトロか4座スポーツか

オーストラリアのメディア「CarAdvice」によると、ランボルギーニは「第四のモデル」を計画している、とのこと。 つまりはウラカン、アヴェンタドール、登場予定のウルスに加わる新しいメンバーということ ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニ・ミュージアムにて。悲運のエストーケを画像で紹介

ランボルギーニ・ミュージアムに展示されている、「エストーケ・コンセプト」。 2008年のモンディアル・ド・ロトモビルにて発表されたコンセプトカーで、ランボルギーニには珍しくエンジンを「フロント」に搭載 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニCEO、ドメニカリ氏語る。「エストーケもありかもしれん」

ランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がメディアに語ったところによると、「エストーケの投入について考える余地がある」とのこと。 現在ランボルギーニはウルスに注力していますが、その「次」となる ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンと、ほかランボルギーニ製コンセプトカーとの関連性を考える

  ランボルギーニ・ウラカンのデザインについて、過去のランボルギーニ車やコンセプトカーからのデザインエッセンスが取り入れられていることがわかります。 登場前は「セスト・エレメント風」とはよく ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.