>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なぜだッ!日産は日本国内で新型ジュークを導入しないと発表。気になる現行ジュークの行方、そして日産が2022年までに「新型ジュークの代わりに発売するクルマ」とは?

| 現行ジュークはイギリスと日本で生産、新型ジュークの生産はイギリスのみ | 報道によると、日産は新型ジュークを国内へと導入しない、とのこと。この主な理由としては日本国内で小型SUVの競争が激しくなっているということを挙げていますが、ジュークを投入しないかわりに、新しくBセグメントのSUVを投入するとしています。そして、このBセグメントの新型SUVについては先進技術を装備した「競争力のある」モデルだとしており、つまり「ジュークよりも競争力がある」SUVだと考えて良さそう。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】レクサスLFAはなぜ特別なのか?今なお色褪せないLFAのレビューを米メディアが公開

| 生産終了から7年経つのが信じられない | ドーナツメディアがレクサスLFAのレビューを公開。ドーナツメディアはこれまでに様々なカスタムカーのレビューを公開しているものの、「ノーマル」を対象とするのはけっこう珍しい、と思います。なお動画では実際にエンジンをスタートさせ、その甘美なサウンドを披露していますが、レクサスLFAのサウンドチューニングはヤマハがチューンしており、世界でもっとも美しいサウンドを奏でるスポーツカーだとも言われていますね。 【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

インスタグラムでもっとも投稿されているスーパーカーは?1位はランボルギーニ・」アヴァンタドールなるもフェラーリはベスト15に最多の4台を送り込む

| 検索や投稿だとランボルギーニの方がフェラーリを上回ることが多い | CompareTheMarket.comが「インスタグラムにて、もっとも多くのハッシュタグがみられるスーパーカー」を公開。以前にも同様のランキングが公開されており、それによると1位はフォード・マスタング、2位はホンダ・シビックでしたが、今回は”スーパーカーに限って”というランキングとなっています。インスタグラム上では、どういったスーパーカーの人気が高いのかを見てみましょう。 あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クル ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・セナにリコール。「ケーブルと金属パーツが接触しケーブル破損の可能性。最悪はエンジンストール」。”炎上”については今のところ触れられず

| 現在、リコールはオーストラリア市場のみ | マクラーレンが、オーストラリアにて「セナ」に対してリコールを届け出。不具合の内容としてはエンジンのハーネスがメタルリンクパーツと接触してダメージを受けることがある、というもの。もしダメージを受けた場合はエンジンの失火やストール、エキゾーストシステムの断裂やパワーダウンを誘発し、事故の可能性がある、としています。もちろんこういった症状は「最悪」の場合だと思いますが、ケーブルの損傷でここまでの問題が出るのか、と思うと恐ろしくもあり、その重要性もわかります。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI)

【動画】日米欧オフローダー10車勝ち抜きバトル!スバルXV5位、ジムニー4位、1位はランドクルーザー

| オフローダーにおいても日本車は価格性能比が優れているようだ | What Car?が日米欧のオフローダー10車種を集めて悪路走行を行い、その走行性能をテスト。最終的にはそれらをランク付けしていますが、そのランキングには「価格性能比」も含まれ、消費者目線の”公平な”判定となっています。参加するメンバーはスズキ・ジムニー、ダチア・ダスター、ジープ・レネゲード、スバルXV、トヨタ・ランドクルーザー(プラド)、三菱ショーグン・スポーツ、ジープ・ラングラー、ランドローバー・ディスカバリー、レンジローバー、そして ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】アメリカで14台しかない「合法に登録したR34 GT-R」のうち一台に乗る男!ポルシェ、レクサスLFA等が収まるガレージを見てみよう

| レクサスLFAのリアウイング動作は初めて見た | おなじみユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのカーコレクターを訪問するシリーズ。今回はかなりカジュアルなガレージを紹介しており、ポルシェの他には日産、トヨタといったクルマを収めています。なお、ポルシェだと991世代の911カレラ、そして911GT2 RSが見られますが、911GT2RSはこんな感じで「戦闘機風」にラッピング。911、そしてGT2 RSにこういったラッピングを施すのはかなり珍しいと思います。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】フェラーリ488にリバティーウォークのワイドボディを装着して直管仕様に!セレブ御用達ショップのやることは思い切りが違う

| お金を持っている顧客はなんでも自由にやらせてくれるようだ | アメリカ周遊中のユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのチューニングショップ、RDB LAを訪問。その目的は「直管仕様、リバティーウォークのオーバーフェンダーを装着したフェラーリ488GTB」を見るためであったようですね。そしてこのフェラーリ488GTBはノヴィテック製のダウンサスを装着し、思いっきり車高を落とすなど完全な「西海岸仕様」となっています。

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

ネットフリックス「ハイパードライブ」に登場するマツダRX-7のカスタムがスゴいと話題に。なおドライバーは数学教師

| ハイパードライブはよほどクルマと人間がタフでないと走れそうにない | ネットフリックスの新コンテンツ、「ハイパードライブ」。ネットフリックスによると「 腕に自信のある世界各国の走り屋たちが、思い思いに改造したカスタム車に乗って挑むのは、世界屈指の巨大自動車障害物コース。それはまさに、自己の限界への挑戦 」とあり、わかりやすく言うと自動車版SASUKEみたいなもの。いかにもアメリカっぽい内容ではありますが、ぼくはこういった「信じるのは自分の腕とクルマのみ」、そして不可能にチャレンジするという状況が大好き ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「我々のコアは軽量性だ。それが実現できない以上、ピュアエレクトリックスーパーカーには手を出さない」

| マクラーレンはエレクトリック化に積極的だが、それでも”NO” | マクラーレンが「エレクトリックハイパーカーについては急いでおらず、今のところは具体的な計画はない」とコメント。これはオーストラリアのカーメディア、Car Salesに対してマクラーレンのマーケティング部門のボス、ジェイミー・コースターフィン氏が語ったもので、「マクラーレンにとって今、最も重視すべきは軽量性だ。それはエレクトリックモデルであっても変わらない。ただ、エレクトリックモデルは現在の技術ではどうしても「重く」なってしまう。よって、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >その他アメリカ車

ジープ「GT-Rのオーナーが次々とグランドチェロキー・トラックホークに乗り換えている」。たしかにパワーウエイトレシオは両者とも同じ3.14

| ジープ・トラックホークは「便利な日産GT-R」? |  ジープはグランドチェロキーのトップレンジとして「トラックホーク」を設定しており、これは6.2リッターV8/710馬力のHEMIエンジンを搭載するモンスターSUV。現在SUV最強の部類としてはランボルギーニ・ウルスが存在しますが、こちらは「650馬力」にとどまり、実を言えば出力についてはグランドチェロキー・トラックホークのほうが上。さらにグランドチェロキー・トラックホークはブレンボ製のブレーキセット、20インチホイール、ビルシュタイン製のアダプティ ...

ReadMore

自動車メーカー

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >シトロエン/DS(CITROEN/DS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国自動車市場に異変!大手のシェアが下がり続け、プジョー・シトロエンは大量解雇、工場2つを閉鎖。影には中国の「政策変更」?

| 中国市場の規模は魅力的だが、競争があまりに厳しすぎる | 中国の自動車市場に異変が生じている、とのレポート。Autonews Europeによると、現在「大手」と言われる現地自動車メーカーのシェア ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

アストンCEO「今は自動車業界の”終わりの始まり”にいる。考え方をシフトせねば大衆車メーカーは絶滅するだろう」

| 大衆車メーカーは絶滅の危機に瀕している | アストンマーチンCEO、アンディ・パーマー氏によると「量産車メーカーはその戦略を変えるか、でなければ絶滅するだろう」とのこと。 これはAutomotiv ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.