●アウディTT(8S) ■近況について

アウディTTの登録が完了。車検証上の重量はカタログ値通り、フロントには60%の荷重

更新日:

アウディTTの登録が完了。
車検証上の重量は1370キロで、これはカタログ値とまったく同じ数値ですね(結構珍しい。大体は車検証上の数字の方がカタログ値よりも重い)。
なお車軸の重量はフロントは830キロ、リア540キロとなっており、60%がフロントに集中している、ということに。

なおランボルギーニ・ウラカンについては、車検証上の重量は1610kg(車両総重量は1720kg)、前後の重量配分は670kg/970kgで、けっこうリアが重くなっています。
ウラカンの欧州での公表値では車体重量1420kgとなっており(車検証上とは190キロも差がある)、これはサバ読みではなく、各種数値の表示方法が国ごとに異なるためで、少量生産の車の場合は往々にしてこういったケースがありますね。

引き続きTTは納車前整備を行うために実際の納車はまだ先ですが、納車前にディーラーにて取り付けてもらうパーツのほか、納車後に自分で取り付けるパーツもあり、それらのうちいくつかは事前に用意済み。

主なものだとフットレスト(アウディ純正)、パワーシートのノブ、ナンバープレート取り付けボルトなどですが、これらは改めて装着/交換する様子について公開したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-●アウディTT(8S), ■近況について
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5