>ポルシェ911関連

ナンバー付きでは世界最速?ポルシェ911ベース、1400馬力の「9ff Gtronic」がゼロヨンで8.89秒を記録

投稿日:2017/10/06 更新日:

9ffがチューンしたポルシェ911ターボ(997)がゼロヨン(1/4マイルレース)にて8.89秒というとんでもないタイムを記録。
この9ff Gtronicは一世代前の911ながらも1400馬力を発生しますが、以前に1200馬力の9ff911は0-100キロ加速2.8秒、最高速度400km/hを記録しているので、この1400馬力版は「それ以上」であることは容易に想像できます。

動画では何本かゼロヨンを走っていて、しかし800馬力にチューンしたアウディRS7と一緒に走ってもその差は大きく、いかにこの9ff Gtronicが速いかがわかりますね。

なお9ffはその名からもわかるとおりポルシェ専門のチューナーで、自動車メーカーとしての認可を持っており、その技術は確かなものと言えそうです。
設立したのはRUFFLEの技術主任、ヤン・ファットハウアー氏。
2001年に活動を開始し、996世代の911からチューンをはじめ、997世代をベースとした「9ff GT9」で時速409キロをマークするなど、チューニング業界にその名を轟かせています。

なお、この「8.89秒」がどれくらいというと、以下のリストを見ても分かる通り完全に市販車を超えて「レーシングカー」の範囲。
ゼロヨン用に直線走行のみを考え、パイプフレーム+ハイパワーエンジン+ドラッグレース用タイヤという車両であればもっと速いものもありますが、ナンバー付きで公道走行可能な車両だと「世界最速」の可能性もありそうです(合法ドラッグレーサー、ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンで9.65秒)。

・ポルシェ919ハイブリッド(ル・マン優勝者)・・・8.3秒
・フェラーリF2004(F1マシン)・・・8.6秒
・ラ・フェラーリ・・・9.7秒
・マクラーレンP1・・・9.8秒
・ポルシェ918スパイダー・・・9.8秒
・ケーニグセグOne:1・・・9.8秒
・NIO EP1・・・9.8秒
・ブガッティ・ヴェイロン16.4スーパースポーツ・・・9.9秒
・ヘネシー・ヴェノムGT・・・9.9秒

動画を見ると、意外とそのサウンドはマイルド。
加速時の姿勢変化も少なく、動画を見ていると「そこまで速そうには見えない」ものの、それはつまり「それだけ安定している」のだとも言えますね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5