>その他アメリカ車 ■その車関連のネタなど

ここにも狂気の男がもうひとり。SCGがついにその新型スーパーカーのティーザー開始

投稿日:

方向性を転換?高回転型エンジン、マニュアル・トランスミッションを搭載

スクーデリア・キャメロン・グリッゲンハウス(SCG)によるスーパーカー(ハイパーカー)のティーザー画像が公開に。
「超軽量なスポーツカー」と表現されており、カーボン製のボディとシャシーを持つであろうこと、マクラーレンF1/BP23同様の3シーターとなるであろうことも示唆されています。

エンジンは不明ではあるものの、「高回転型」を搭載し650馬力を発生すること、6速マニュアル・トランスミッションを持つことも明らかに。

やはりジェームズ・グリッケンハウスはよくわかっていた。おそらく楽しさを追求した車になるだろう

この「スクーデリア・キャメロン・グリッゲンハウス(SCG)」のスポーツカーにおいては状況が二転三転していて、これまでの情報だと4.4リッターV8エンジン搭載にて750馬力を発生、とも。
ただし今回「高回転型」そして650馬力というところから推測するに「5~6リッターくらいのNA」だとも推測できます。
なお、一時期の「馬力競争」は最近影を潜めつつあり、先日公開された「アポロIE」ももともとの「1000馬力以上」というところから大きく方向性を変えて「NAエンジン搭載で780馬力」というスペックに。

現在はエミッションそして中国の税金問題で「4リッター以下のターボ」全盛ではありますが、こういった状況だからこそ、アポロやSCGのような「単なる車好きが作った車」は自然吸気エンジンを搭載し、運転する楽しさを追求するようになっているのかもしれません(MT採用、というところも視点は同じ)。

こういった小規模メーカーのスーパーカー/ハイパーカーにとって差別化や生き残りが難しい時代であるとは考えていたものの、逆に多くのスポーツカーメーカーが「ターボ」「デュアルクラッチ」に移行する中、「NA」「マニュアル・トランスミッション」というチャンスが生まれている、とも考えられます(彼らからすると、たんに”自分が欲しい車””他メーカーが作らないから自分で作った”ということなのかもしれませんが)。

なお、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は映画監督、富豪、カーコレクターなど様々な肩書を持つジェームズ・グリッケンハウス氏が率いるプロジェクト。
ジェームズ・グリッケンハウス氏は過去にもP4/5ピニンファリーナ(エンツォ・フェラーリベース)、P4/5コンペティツィオーネ(フェラーリF430ベース)を制作しており、自動車愛好家としても相当なレベルにある人物ですね。

ほかにもこんなにある、小規模生産のスーパーカー/ハイパーカー

さすがモナコ。完全にSF映画な車(900馬力のEV)が目撃される
ポルシェチューナーが911のエンジンを搭載したハイパーカー発表。0-100キロ加速は2.4秒
フェラーリ元従業員が立ち上げた「ATS」。800馬力を標榜するスーパーカー「GT」を公開
世界初、3Dプリンターで作られたスーパーカー登場。なお価格はケーニグセグ並み
本当に発売する模様。中東の新興メーカーから砂上のスーパーカー「ザルーク・サンドレーサー」
中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台
ジュネーブにて、ポルシェ918スパイダーよりニュルを27秒速く走るスーパーカーが発表に
チャンピオン2回のF1ドライバー、フィッティパルディ氏がスーパーカーをジュネーブで発表
ポーランドから新型スポーツカー、 Hussarya GTが登場。英国ジェントルマンレースへのトリビュート
イタリアでもっともパワフルで速いハイパーカー登場。Mozzanti Elantra Millecavalli
よくわからない中東のスーパーカー、Devel16が4515馬力を記録した件
これは国民性?メキシコ初の1400馬力スーパーカーがエグい件
全然知られていないスーパーカー、Mazzantiエヴァントラに771馬力のハードコアモデルが追加された件
シンガポール製ハイパーカー、「デンドロビウム」見参。バンザイ・ドア装備
フィンランドより1341馬力のハイパーEV、「Tridion 1MW Concept」登場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車, ■その車関連のネタなど
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5