>日産/インフィニティ(Infinity) ■近況について ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

【動画】シンガポールの日産GT-Rオーナー大集合!オーバーフェンダーは当たり前、超絶カスタムを見てみよう

投稿日:

| シンガポールにおける日産GT-RオーナーたちのGT-R愛はアツすぎた |

nissan GT-R, Ferrari, McLaren, Singapore

さて、今回は日産GT-Rオーナーズクラブ・シンガポールのメンバーが載っている数々の日産GT-Rを紹介。

いずれもハードにカスタムされており、オーナーのGT-Rに対する熱い愛情が伺えるものですが、日産GT-Rはシンガポールでは税金を加味すると3000万円ほどのクルマ。
よって購入できる人々は限られていると思われるものの、オーナーのほとんどは非常に若かったのが印象的です(だからこそカスタムに熱心なのかも)。

集合は結婚式の事前撮影のため

なお、今回集まった場所はマリーナベイサンズ(高級ホテル)を一望できる場所で、その目的としてはここで結婚式用の写真を撮るため。

IMG_1925

よってカメラマンやドローンを使用しての撮影となっていますが、集まった日産R35 GT-Rはいずれもハードにカスタムされており、オーバーフェンダー、ラッピングは「当たり前」。

IMG_1915

手前の赤いGT-Rはフロントにカナードやリップが装着され、フロントフード、フロントフェンダーも交換されていますね。

その奥のブラックとシルバーとのコンビに見えるGT-Rでは、シルバーに見える部分が「プリズムラッピング」。

IMG_1964

通りがかった僧侶もGT-Rが気になり、グリーンのカスタムGT-Rと自撮りをパチリ。

IMG_1960

なお、ドアにリボンがあるのは「結婚式仕様」のためで、中華圏や東南アジアでは結婚式に使用する車をこういった感じで「装飾付き」にすることが多いようです。

IMG_1926

こちらはサイドが「ゴジラ」ラッピングとなっているGT-R。
もちろんこれはGT-Rが「ゴジラ」と呼ばれているためですね。

IMG_1957

とにかくイカツいボンネットを装着したGT-R。
こちらもオーバーフェンダー仕様です。

IMG_1955

メタル調マットシルバーにラッピングされたGT-R。
ホイールはHRE製で(タイヤにはホワイトレター入り)、ボンネットやエアロパーツにはレッドの「GT-R NISMO」風アクセント。
車高もかなり落ちていて、とにかく相当に手の入った車両であることがわかりますね。

IMG_1912

奥のR32風(ブラキッシュカーキメタリック)メタリックグレーに見えるGT-Rも、チタン風の質感を持つメタリック超ラッピングが施されたもの。

IMG_1923

ポルシェ911GT3、フェラーリ458イタリア、マクラーレンMP4-12Cも参加。
ほかにはポルシェ・ケイマン、BMW M3、ランボルギーニ・ガヤルド等多数の車たちが「応援」に駆けつけることに。

IMG_1904

真ん中のGT-Rはレッドのカモフラージュラッピング。
車両本体には税金がかかるので非常に高額になってしまうものの、それに比較するとカスタム費用は「まだ割安」なのかもしれません。

IMG_1951

「ゴジララッピング」GT-Rはよく見ると薄いグレー(ポルシェでいう”クレヨン”)のようですね。

IMG_1950

まさに壮観なGT-R軍団。
通りゆく人々も「なにごと?」という感じで見ていたのが印象的。

IMG_1948

ポルシェ911GT3も参加。
こちらはGT-R勢に比較するとまだカスタム度合いが低いものの、フロントにはカナードが追加されるなど、いくつか手が入っているようです。

IMG_1909

今回2台の「グリーン」GT-Rが参上していますが、こちらは色が薄いほう。
ホイールはエンケイ、ブレーキはブレンボのキャリパー+スリット入りローター。
フロントにはリップやダクトが装着されてサイドステップも交換済み、リアにはオーバーフェンダーに大きなウイング。

IMG_1913

ホワイトにブラックのオーバーフェンダーが装着されたGT-R。
その奥は有名な「テールランプを”ポプテピピックのキャラクターの目に合わせた”」ラッピングが施されています(動画にて確認可能)。

IMG_1918

なお、シンガポールでは関税ほか税金の関係で、おおざっぱに車の価格は「日本の3倍」になると考えて良さそうで、となると日本だと日産R35 GT-Rが1000万円、フェラーリ458/マクラーレンMP4-12Cが3000万円とした場合、その価格差は2000万円ほど。

しかしシンガポールではGT-Rが3000万円、フェラーリ458/マクラーレンMP4-12Cの価格が9000万円程度になることを考えると、その差はなんと6000万円。
そう考えると関税の高い国においてGT-Rのコストパフォーマンスの高さが際立つことになり、GT-R人気が高いことも頷けますね。

他の画像はFacebookのアルバム「日産GT-Rオーナーズクラブ・シンガポール」にて公開中。



一応動画も撮ってきた

なお、動画も撮影してきたのでここで公開。
画像ではわからない細部も納めています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■近況について, ■外国ネタ・旅行など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5