>マクラーレン(McLaren)

まさか実際に乗っている人がいたとは!マクラーレン720S×マンソリー”ファースト・エディション”

更新日:

あまりに過激なマンソリーによるマクラーレン720Sのコンプリートカー

過激なエアロパーツで知られるマンソリーですが、そのマンソリーがカスタムしたマクラーレン720Sが目撃に。
捕捉されたのはロンドンだそうですが、ナンバーを見る限り、そして右ハンドルであるところを見るに、中東ではなくロンドンにて登録された車両のようですね。

いったいその価格はハウマッチ?

マンソリーによる、このマクラーレン720Sのカスタムは「ファースト・エディション(First Edition)」と呼ばれ、ほぼ全てのボディパネルを入れ替えたもの。
そしてマンソリーといえば「カーボン」ということで、フロントスプリッター、サイドスカート、リアスポイラー、リアディフューザー、ウイングレット、リアウイングやドアミラーなど「カーボンづくし」。

mansory-mclaren-720s (4)

そしてそれらカーボンは通常の「織り目」が見えるものではなく「鍛造カーボン」。
この鍛造カーボンは製造が比較的容易で量産に向くとされるものの、実際のコストは通常のカーボンとさほど変わりがないようで、実際に市販されている鍛造カーボンパーツは非常に高価(ランボルギーニに関して言うと、鍛造カーボンと通常の織り目の見えるカーボンとでは価格が同じ)。

mansory-mclaren-720s (5)
▲テールパイプは驚愕の4本出し

さらにマンソリーは外観だけではなくパフォーマンスも向上させており、ECU変更とハイパフォーマンスエキゾーストシステム装着によってノーマル比+35馬力の755馬力をマークし、0-100キロ加速は2.8秒、最高速はなんと345km/hへ。

mansory-mclaren-720s (1)

もちろんサスペンションも「ローダウン」仕様となり、ホイールはマンソリーの超軽量「Yavin」デザインに(ホイール径はフロント20、リア21インチ)。

このマクラーレン720S「ファースト・エディション」の価格は考えただけでも恐ろしくなるものの、実際に乗っている人がいることには驚かされます(マンソリーの経営が成り立っていることを考えると、もちろんかなりの人がマンソリーのパーツを購入していると言うことになる)。

mansory-mclaren-720s (3)

マンソリーは他にもこういったチューンドカーをリリースしている

とにかくマンソリーというと「カーボン」のイメージが強く、そのエアロパーツの見た目も大きくノーマルから発展させたアグレッシブなもの、という印象があります。
とくに最近では鍛造カーボンにこだわっているようで、多くのパーツを発表していますね。

そしてあまりにエクストリームなカーボン仕様のランボルギーニ・アヴェンタドールも。
これはイギリスのビジネスマン、ジェームズ・スタントン氏のためにカスタムされた「Lamborghini Aventador 750-4 Superveloce J.S. 1 Edition」。

ボディパネルが全てカーボンなランボルギーニ・ウラカン「トロフェオ」。

メルセデス・ベンツGクラスのカスタムも得意中の得意。

VIA:Autogespot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5