>ベントレー(Bentley) >マセラティ(Maserati) ■その車関連のネタなど

その価格2900万円!ベントレー100周年記念本が発売に。購入者は自分の写真をページ内に入れて「ベントレーの歴史」となることが可能

投稿日:2019/05/25 更新日:

| 実際に購入するのはどんな人なのか興味のあるところ |

ベントレーは今年で創業100周年を迎え、重量30kg、800ページという強烈なボリュームを持つ記念本”The Bentley Centenary Opus”を発売。

この本は「三種類の」バージョンにて発売され、もっとも安価なもの(価格は未公開)は「センテナリー・エディション(Centenary Edition)」で500冊の限定。

表紙には実車に採用されるのと同じエンブレムが使用され、加えてベントレーの実車と同じレザーによって装丁されることに(ケースも同じレザーが使用される。4色から選択可能)。

「安価な」バージョンでも100万円は下らなさそう

そして次に高価(これも価格非公開)なのは「マリナー・エディション(Mulliner Edition)」。
これは100冊限定となり、装丁は17色のレザーから選択でき、ケースはハンドメイドによるアルミニウム製となります。

the-bentley-centenary-opus (1)

なお、ケース内側に装着されるラバーには2003年のル・マンにて勝利を記録したベントレー・スピード8のフロントタイヤが再利用。
購入者にはベントレーのファクトリーツアーに加え、ロンドンにある5つ星ホテル「カフェ・ロワイヤル」の宿泊がプレゼントされる、とのこと。

このセンテナリー・エディション、マリナー・エディションを購入すると、ハンドステッチによる装飾が施された「テーラーメイド」ページが本の中に挿入されることになり、このページには自分の写真や愛車の写真を挿入できるようで、つまりは「自分もベントレーの歴史の一部になれる」ということを意味します。

the-bentley-centenary-opus

最も高価な三つ目の限定仕様は、ハードコアなコレクター向けの「カラット・エディション」。
こちらは世界でわずか7冊のみが製本され、ダイヤモンドの装飾付き。
お値段はなんと「2900万円(コンチネンタルGTやベンテイガなど、ベントレーのクルマが買える・・・)」で、現在のところ、世界で最も高価な自動車関連書籍だそうです。

ちなみにこういった「ヒストリーブック」は過去にメーカー直接、また出版社経由で発売されたことがありますが、過去にはフェラーリの「カーボンケース入り、ダイヤモンドの加飾つき」といった記念ブックも。
こちらはオークションにて予想落札価格2000万円だと報じられ、それを考えても今回のベントレー「カラット・エディション」の高価さが際立ちます。

そしてフェラーリでは、さらに「エンジン風のケース付き」書籍が昨年に発売。
こちらは新品で340万円(これでも十分に高い)ですが、やはりダイヤモンドが入ると一気に価格が上昇するようですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley), >マセラティ(Maserati), ■その車関連のネタなど
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5