■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ(Lamborghini) ■ニュース

【動画】ニュルにて謎のランボルギーニ・ウルスのがテスト中。ワンメイクレースST-X用車両もしくはウルス”ペルフォルマンテ”?

投稿日:2019/09/23 更新日:

| ランボルギーニは2020年からウルスを使用したワンメイクレースの開催を計画している |

ニュルブルクリンクでは日頃から様々なハイパフォーマンスカーがテストを行なっていますが、今回はちょっと変わった顔ぶれが登場。
そのクルマとは「ランボルギーニ・ウルス」。
そしてウルスについては、ウラカン”ペルフォルマンテ”やアヴェンタドール”SVJ”のようなハイパフォーマンスモデルが登場するのではないかと常々ウワサされており、今回目撃されたウルスがその”ハイパフォーマンスモデルではないか”と言われているようですね。

ウルスのハイパフォーマンスモデルは「軽量化、パワーアップ、足回り強化、エアロダイナミクス最適化」?

なお、ウルスのハイパフォーマンスモデルではないかと思われるモデルが目撃されるのは今回が「初」。
ノーマルとのウルスとの違いはほとんどわからず、ルーフやミラーがブラック、そしてテールパイプの直径が「ちょっと太いんじゃないか」ということくらい。

実際にウルスのハイパフォーマンスモデルが登場するかは不明ではあるものの、これまでのランボルギーニの通例、そしてウルスを使用したワンメイクレース「TS-X」の開催を考えると、このハイパフォーマンスモデルが登場する可能性は「大」。

urus2

ただしランボルギーニがSUVにハイパフォーマンスモデルを設定した前例はなく、どのようなレシピでハイパフォーマンスモデルを仕上げてくるのかは不明ではあるものの、おそらくは「パワーアップ、軽量化、足回りの強化、エアロダイナミクス最適化」といったこれまでどおりのセオリーを用いることになりそう。

urus

現在でもランボルギーニ・ウルスはツインターボV8/4リッターエンジンを搭載し0-100キロ加速3.6秒、最高速度306km/hを誇る世界最速SUVの一台ですが(加速だけだとジープ・グランドチェロキー・トラックホーク、テスラ・モデルX P100Dのほうが速い)、もしこのウルス・ペルフォルマンテ(仮)が発売されれば文句なしに「世界最速SUV」となるのかも。

ランボルギーニはウルスのワンメイクレースも企画中

なお、ランボルギーニはウルスを使用したワンメイクレース「TS-X」開催を(2020年開始のスケジュールにて)計画中。
すでにランボルギーニはウラカンのワンメイクレース「スーパートロフェオ」を開催していますが、ウルスの場合は「オフローダー」ということもあり、サーキットのほかオフロードといった「特別ステージ」も考えているようですね。

ランボルギーニが「ウルスのレーシングバージョン」ST-Xコンセプト発表。550キロ軽量化し2020年からワンメイクレース開始

このST-Xに使用されるウルスは標準モデル比で25%も軽量化され、ロールケージほかレースのための安全装備が追加されているそうですが、レースの概要とともに発表された「ウルスST-Xコンセプト」のボディカラーは、ランボルギーニのレースを管理する部門「スクアドラ・コルセ」のイメージカラーもであるグリーン。

そして今回ニュルブルクリンクで目撃されたプロトタイプのボディカラーもやはり「グリーン」であり、これは偶然の一致だとは思いますが、2020年のTS-X開始にあわせて何らかのアナウンスがあるかもしれませんね。

VIA:Automotive Mike

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5