>シボレー(CHEVROLET) ■その車関連のネタなど ■ニュース

モータートレンドCOTYは「シボレー・コルベット」!ポルシェ911ほか並み居る強豪を押しのけての栄冠獲得。審査員がべた褒めの内容を見てみよう

投稿日:2019/11/20 更新日:

| 贔屓目ではなく、細かいところまでちゃんと評価 |

モータートレンドが「2020年のカーオブザイヤーはシボレー・コルベットに決定」と発表。
その理由としてはいくつかあるものの、大きなところは「毎日乗れるスーパーカー」であり、これが(初代ホンダNSXのように)スーパーカーの流れを変えた、と述べています。

C8世代のコルベットは8世代目にしてようやく「60年の念願を叶えて」ミドシップへと移行していますが、シボレーにとってはじめて量産ミドシップであり、にもかかわらず非常に高い完成度を持ち、その完成度は「スポーツ走行」「日常性」両方において発揮され、とくに日常性については目を見張るものがあるようです。

【動画】新型コルベットの気になるあの部分を解説!ドアの開け方やトランクの中、キーやメーターはこうなっている

新型シボレー・コルベットは「ゲームチェンジャー」

まず、モータートレンドの審査員によれば、「驚くほどノイズが少ない」とコメントしており、「ほかのスーパーカーよりはずっと快適」。
しかもゴルフバッグが2つも載るという積載性を持ち、ほかのスーパーカーには無い(マクラーレンGTはゴルフバッグが2個載る)使い勝手の高さを持っています。
さらに運動性能だと、0-100km/hを2.8秒で走り抜けるというパフォーマンスを誇っていて、しかも価格はポルシェ911カレラSの「半分くらい」。
これらを総合すると、「シボレーは本当にいい仕事をした」としか言いようがない、という判断がくだされています。

新型コルベットの0−100km/h加速が「2.9秒」だと判明!650万円のクルマなのにポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールS、フェラーリ812、マクラーレン720Sと同じタイム

実際のところ、C8コルベット発表直前からC7コルベットが急激に売れなくなり、現在は5000台を超える在庫がディーラーに残っていると言われるほど。
C8コルベットが手に入るのは来年3月以降で、かつC7コルベット購入者に対しては数十万円の値引きがオファーされているにも関わらず「C7コルベットが売れない」ということは、一般の消費者も「納車に時間がかかろうとも、価格が高くとも、C8コルベットのほうがいい」と考えている、ということに。

2020-Chevrolet-Corvette-Convertible-MotorTrend-Car-of-the-Year-27

先代C7コルベットの新車在庫は5,000台以上も!新型C8コルベットが高く評価されたのは良かったものの、その思わぬ「反動」にディーラーが苦しむことに

コルベットの乗り心地、インテリアの「質」はずば抜けている

さらにモータートレンドはC8コルベットの快適な乗り心地についても触れ、「驚くほど優れ、とくに高速道路でのフィーリングは抜群」。
ドライブモードを「Tour(ツアー)」に入れるとさらに快適さは増し、その印象を語るのに日産リーフを引き合いに出しているほどです。
ちなみにドライブモードを「スポーツ」「トラック」に入れても乗り心地の質は悪化せず、C8コルベットのシャシー基本性能は驚くほど高いと言って良さそう。

さらにモータートレンドでは、C8コルベットのインテリアの質も特筆に値すると褒めちぎっており、これまでコルベットのインテリアは「質感が低く、安っぽく、変な匂いがしていた」、「ひどいシートを採用していた」ということに触れながら、「C8コルベットのインテリアはまさに奇跡」とも。
インテリアの素材、仕上げが向上したことはもちろん、シートは”スーパー”快適レベルにあり、かつサポートもいい、と語っています。

新型コルベットとポルシェ911との比較レビュー登場!価格は911の半分なれど、性能はほとんど一緒、しかも乗りやすかった模様

加えて操作系のタッチも素晴らしく、ギアセレクターは一見ホンダNSXに似ているものの、そのサイズは半分しか無く、素材は無垢の金属で、操作した間隔は「まるで最高級ステレオのスイッチのようだ」。
さらにスイッチ類が全般的に「直感的に操作できる」といった点も高い評価ができる、としています。

2020-Chevrolet-Corvette-Convertible-MotorTrend-Car-of-the-Year-1

新型シボレー・コルベットは新型ポルシェ911にも勝る

なお、C8コルベットは「C7含む、これまでのコルベットに比較して大きく進歩したから」そのぶん贔屓目に見えてしまうんじゃないかとも考えましたが、モータートレンドの審査員は(当然ながら)客観的な判断を下しているようで、新型ポルシェ911と比較してもC8コルベットのほうが優れる、ととにかくベタ褒め。

その内容をひとつひとつ挙げるとキリがありませんが、コメントを見てゆくと「ちゃんと見るべきところを見て評価してるんだな(視点は参考になる)」ということもわかり、新型コルベットは本当によくできた車だということも理解できます。

なお、初代ホンダNSX」登場以後は「どのスポーツカーメーカー、スーパーカーメーカーも、その考え方を改めざるを得なくなった」と言われますが、新型シボレー・コルベットはそれほどの完成度を持ち、そして衝撃を与えるクルマ、ということなのかもしれませんね。

2020-Chevrolet-Corvette-Convertible-MotorTrend-Car-of-the-Year-28

VIA: Motor Trend

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET), ■その車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5