>日産/インフィニティ(Infinity)

【動画】日産GT-Rを改造した”世界最速”のカメラカー登場!GT-R NISMOを撮影するために製造されたワンオフモデル

投稿日:2020/02/08 更新日:

| カメラを操作し撮影するには4人の乗車が必要 |

日産はGT-R NISMOの2020年モデルを発表していますが、そのプロモーションビデオの撮影に使用されたカメラカー、そしてその撮影風景が公開に。
2020年モデルのGT-R NISMOは「走る」「曲がる」「止まる」を追求しタービン変更によるレスポンス向上、軽量化やクーリング強化、ブレーキ強化といったメニューが消化され、GT-R史上最速のクルマに仕上がっています。
そんなGT-Rの勇姿を収めるために作られたのがGT-Rを改造した「世界最速の」カメラカー。
ここでその姿を見てみましょう。

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

GT-Rを収めるにはGT-R

今回撮影を担当したのはマウロ・カロ氏。
同氏は様々なTVプログラムや映画にてカースタント撮影を担当しており、今回の依頼を受けて「GT-Rを撮るにはGT-Rしかない」ということでGT-Rをチョイス。
ただし激しいGにも耐えられるよう、そして撮影機器が車両の挙動に与える影響を極限まで抑えるべく、これまでのノウハウがしっかり生かされています。

Nissan-GT-R-Camera-Car-13

なお、一般にこういった撮影に使用されるのはポルシェ・カイエンやポルシェ・マカンが多く、やはりその理由は「走行性能」「操縦安定性」といったところなのかもしれません。
フェラーリのサーキット走行専用ワンオフモデル、P80/Cのプロモーション動画撮影にもマカンが採用されていますね。

f1

【動画】フェラーリP80/Cが動画撮影中!轟音とともにサーキットを走る姿が目撃される

Nissan-GT-R-Camera-Car-7

こちらが撮影風景。

Nissan-GT-R-Camera-Car-6

カメラは前後どちらにでも取り付けできる仕様。

Nissan-GT-R-Camera-Car-8

車体はマットブラックにペイントされ、これは反射を抑えるためだと思われます。
車体に取り付けられたジンバルは主にカーボンファイバー製となり、重量増を最小限に抑えているようですね。
なお、撮影に関してはドライバーの他にジンバルオペレーター、フォーカス(ピント)担当、監督が必要となり、これだけの人数を要するとなるとやはり4人乗りが好ましく、上述のようにSUVが選ばれるのは「乗員の問題」もあるのかも。

Nissan-GT-R-Camera-Car-4

そしてこの”カメラカー”GT-Rは後席にも撮影関係者が乗るためにシートも改造され、67センチのレッグスペースを確保するなど、思ったよりも多くの変更が加えられている模様。

マウロ・カロ氏いわく「最初にオファーを受けたとき、GT-R意外にベース車を思いつかなかった。スーパーカーの性能、4WDによる安定性を考えるとこれ以外の選択はない」と語っていますが、GT-Rはハイパフォーマンスカーの中でもとくに重量が重く、よって相対的に撮影機器の影響を受けにくいということも考慮に入っているのかもしれませんね。

Nissan-GT-R-Camera-Car-1

なお、以前にはランボルギーニ・ウラカンを「カメラカー」に改造した例も。
改造には5500万円ほどを要したとされますが、単にカメラを取り付けるだけではなく、安定性の確保、クルーの作業スペースなどを考慮すると、どうしてもこれくらいはかかることになるのかもしれません。

ランボルギーニ・ウラカンを5500万円かけて改造した世界最速のカメラカー”HURACAM”登場

VIA:Nissan

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5